今週のメインdeパツイチ2011
第2回みやこステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第2回 みやこステークス 京都・ダ1800m  3歳上オープン(GIII) 2011年11月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 インバルコ ブラジルC 1着 前崩れになりそうな組み合わせ。一発ある。
2 メダリアビート しらかばS 1着 しらかばSと桃山Sを評価。展開嵌れば。
2 3 エイシンダッシュ 総武S 1着 流れに乗れれば重賞でも多少は。3着穴で。 -
4 ニホンピロアワーズ 白山大賞典 2着 手堅く走るが今回相手かなり揃うだけに... - -
3 5 トウショウフリーク 京都クラウン 1着 今回同型多く。これまでのようにはいかぬ。 -
6 エスポワールシチー フェブラリS 1着 一時期の勢いはなく。展開の助けほしい。 - -
4 7 ゴルトブリッツ アンタレスS 1着 逃げ先行馬多いのが気掛かり。揉まれると... -
8 ワンダーアキュート 東海S 1着 安定して走る。ただ今回休み明け&58kgで... - -
5 9 シャア オアシスS 2着 この条件ならもう少しやれる。展開次第で。
10 ドリームライナー アルデバラン 3着 行ききれないと脆い。この組み合わせでは... - -
6 11 メイショウタメトモ 川崎記念 2着 重賞好走も離れた2-3着ばかり。過信は。 - -
12 トーホウオルビス つばさ賞 1着 一発ある馬だが重賞ではちと荷が重いようで。 -
7 13 ダイシンオレンジ 平安S 1着 やや持ち直す。一叩きして上積みあれば。 -
14 サクラロミオ 平安S 3着 ここ3戦がイマイチ。多くは望めないか。 -
8 15 キングスエンブレム シリウスS 1着 前走悪くないが今回相手揃った感あって。 - -
16 ヒラボクキング 平城京S 1着 京都得意も今回重賞だしこれまでのようには。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第2回みやこステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第2回みやこステークスの展望と予想とヨタ話

 今週はJBCシリーズがあったもんで影が薄くなりそうだが...
 これもJCダートへのステップ。第2回みやこステークス。

 という訳で、このみやこステークス。ジャパンカップダートへのステップとして去年から新設された重賞。 去年、このレースを勝ったトランセンドが、その後ジャパンカップダート・フェブラリーステークスを勝っているだけに、 今年もこのレベルの馬が誕生することを期待したいのだが...さて、どうなんでしょ?

 まぁ、その辺りはレースが終わってから考えればいいとして、今回のみやこステークス。エスポワールシチーやワンダーアキュート、ゴルトブリッツ、キングスエンブレム、ダイシンオレンジといった重賞勝ち馬が揃っているだけに、 これら実績馬で順当に決着...といきたいところだが、脇を固める準OP・OP好走馬も、連勝で一気にOPまで駈け上がったトウショウフリーク・ヒラボクキングや、 手堅く結果を出すインバルコ・シャア・ニホンピロアワーズとかなりの顔ぶれなだけに、実績馬、そう簡単に勝たせてもらえないんじゃないでしょうか。

 あと、注意しないといけないのが展開。今回、やたらと逃げ・先行馬が揃ってますからねぇ。南部杯でかなりのペースで逃げたエスポワールシチーや、 結果出す為にはどうにかしてハナを奪取したいドリームライナー・トーホウオルビス、好位確保したいトウショウフリーク・ヒラボクキング・ニホンピロアワーズとかさ。 逃げが嵌りやすい京都ダ18000m戦だが、ここまで揃うとなると前崩れになる展開を想定した方がいいんじゃないでしょうか。インバルコとかメダリアビートとかさ。

<第2回みやこステークス予想>

◎インバルコ
○メダリアビート
▲ゴルトブリッツ
△トウショウフリーク
△シャア
△ダイシンオレンジ

 あとは枠順次第ですな。前述した逃げ・先行馬がどの枠を引くかが問題。

結果

1着エスポワールシチー
2着トウショウフリーク
3着ニホンピロアワーズ
4着ワンダーアキュート
5着ヒラボクキング

タイム:1分48秒4 3F:36.7秒
出走取消:12番
エスポワールシチー 牡6歳
騎手:佐藤哲三 厩舎:栗東・安達厩舎
単勝:6番160円
複勝:6番110円、5番280円、4番280円
枠連:3-3 1000円 馬連:5-6 980円
馬単:6-5 1380円
3連複:4-5-6 2060円
3連単:6-5-4 6870円
ワイド:5-6 400円
    4-6 410円 4-5 1000円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。そううまくはいかなかったか...
 それなりには来たが、メダリアビートの6着が精一杯。

 でもって、みやこステークスの結果。ハナ争いをすると目されていたトーホウオルビスが出走取消したり、 ドリームライナーが思ったほど出て行けなかったこともあってか、先行争いは極端に激化せず。トウショウフリークがエスポワールシチーを制してハナを奪った程度。 で、前半3ハロン通過が35.2秒、1000m通過が0:59.5という流れに。

 まぁ、このくらいのペースだったら、前残りの展開になってしまうのも仕方ないですな。馬場状態も時計出やすい稍重だったし。 そんなこんなで、トウショウフリークとエスポワールシチーの入れ替わりがあったりしたが、結局、前に行った馬が止まらずそのままゴールへ。

 という訳で、勝ったのはエスポワールシチー。前走の南部杯で相当の行きっぷりをみせ、最後まで踏ん張ったのは伊達じゃなかったようで。ここではきっちり勝利。 これだけやれれば「いい頃の出来に戻った」と判断してもいいでしょう。ただ、ライバルがかなり強力になっていますが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。