今週のメインdeパツイチ2011
第56回京阪杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 京阪杯 京都・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2011年11月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミキノバンジョー 京洛S 5着 詰め甘い。重賞でもそこそこは走りそうだが。 - -
2 2 コパノオーシャンズ オパールS 4着 嵌ればそこそこの末脚使う。3着穴で一考。 -
3 ロードカナロア 京洛S 1着 久々を快勝。前走ぐらいやれれば重賞でも。 -
3 4 アウトクラトール NST賞 1着 調子多少上向くがOPでのもの。重賞では... - -
5 キョウワマグナム 京洛S 2着 昇級してちと伸び悩むが大きくは崩れず。
4 6 ナイアード ルミエールS 4着 OPまでの馬っぽく。重賞ではやや物足りぬ。 - -
7 ワンカラット スプリンタS 5着 やや伸び悩むも、いい頃の走り戻れば怖い。
5 8 ワイルドラズベリー 秋華賞 4着 一押し足りない。一叩きして変わればいいが... -
9 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 なかなか勝ち切れず。今回も手頃な条件だが... -
6 10 アーバンストリート アンコールS 3着 一時期の末脚なく。余程展開嵌らぬ限り。 - -
11 グランプリエンゼル ヴィクトリア 4着 この条件ならそれなりに。あとは展開次第。
7 12 アーバニティ 高松宮記念 3着 近走いいところなく。一変あれば怖いが... -
13 ケイアイアストン キーンランド 4着 重賞ではちと足りぬ。入着以上となると。 - -
8 14 ショウナンカザン 淀短距離S 1着 たまに一発ある馬だが凡走続く現状では。 - -
15 ブラウンワイルド 京洛S 10着 2桁着順ばかり。今回重賞だし出番は... - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回京阪杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第56回京阪杯の展望と予想とヨタ話

 マイルCSも終わり短距離〜マイル路線も一段落?
 いやいや、もう高松宮記念に向けての一戦が。第56回京阪杯。

 という訳で、短距離路線の大一番となる高松宮記念はまだまだ先だが、一部の有力馬はぼちぼち動き出すようで。 今年はNHKマイルカップ馬ジョーカプチーノがこの京阪杯に参戦。

 しかしだ、今年の有力馬はこのジョーカプチーノぐらい。実績馬がいないのであれば新興勢力に期待したいところだが、 その新興勢力の核となる準OP・OP勝ち上がり馬も京洛S組程度で今一つ。そんなこんなで、今年の京阪杯、やや物足りない一戦に。

 でもって、そんな京阪杯の予想を。実績的には前述している通りジョーカプチーノでいいんだが、ここ数戦勝ちきれないのが問題。 大きく負けていないだけに、上位には食い込んでくるんだろうけど...勝てるかどうかは微妙。ここは勢い重視でロードカナロアを中心にして勝負してみましょうか。 出走馬のレベルはややアレだったが、上がり3ハロン32.7秒の末脚を使って快勝したのは評価。一叩きした分の上積みも見込めることだし、重賞でも即勝ち負けになるんじゃないでしょうか。

<第56回京阪杯予想>

◎ロードカナロア
○コパノオーシャンズ
▲ジョーカプチーノ
△キョウワマグナム
△グランプリエンゼル
△ワンカラット

 ただ、こういうメンバー構成なだけにねぇ。かなり荒れそうな気が...

結果

1着ロードカナロア
2着グランプリエンゼル
3着ワンカラット
4着ナイアード
5着ミキノバンジョー

タイム:1分08秒1 3F:33.5秒
ロードカナロア 牡3歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:3番160円
複勝:3番110円、11番260円、7番350円
枠連:2-6 1250円 馬連:3-11 1350円
馬単:3-11 1690円
3連複:3-7-11 3880円
3連単:3-11-7 13020円
ワイド:3-11 490円
    3-7 580円 7-11 1740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、ここまで人気集めちゃうとなぁ。
 まぁ、ヒモが多少人気薄だったんで3連単は好配当になったが...

 でもって、京阪杯の結果。抜けた1番人気になったロードカナロア、まずまずのスタートを切ったこともあって、そのまま好位確保。 前半3ハロン通過が34.6秒とこの距離のレースにしてはペースが緩かったこともあって、直線に入ってもまだまだ余力有り。 結局、出走馬中最速の上がり33.2秒と0.1秒差の末脚を使って後続を完封。

 という訳で、勝ったのはロードカナロア。相手関係が楽だったのは確かだが...ここまであっさり重賞勝っちゃうとなるとねぇ。 まだ一線級の馬と戦っていないだけに未知数な面はあるが、かなりのところまで行ける馬なんじゃないでしょうか。この調子維持できるなら、 来年の高松宮記念も期待していいでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。