今週のメインdeパツイチ2011
第64回鳴尾記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第64回 鳴尾記念 阪神・芝1800m  3歳上オープン(GIII) 2011年12月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スマートギア 金鯱賞 3着 長期休養明けを一度使った効果見込め注意。 -
2 2 ショウナンマイティ 神戸新聞杯 5着 相手関係楽になる。ここなら勝ち負けに。
3 3 デストラメンテ アイルランド 4着 近走イマイチな上に今回休み明けでは。 - -
4 4 マゼラン 尼崎S 1着 重賞成績がイマイチ。この条件では苦しい? - -
5 カリバーン オールカマー 3着 やはり中距離がベストか。ここなら。
5 6 ミッキーパンプキン エプソムC 5着 前走が負けすぎ。相手も揃うしここでは... - -
7 コロンバスサークル オールカマー 4着 牡馬相手でも好走。展開嵌れば上位も。 -
6 8 ヒットジャポット メイS 2着 いい末脚持ってる。直線長い外回りコースで。
9 ダンツホウテイ メイS 1着 たまに大駆けあるが前2走が負けすぎで... -
7 10 フレールジャック ラジオNIKKEI 1着 この条件なら巻き返しある。勝ち負け。 -
11 サダムパテック 皐月賞 2着 GI2着を再評価。そろそろ出番あっても。 - -
8 12 ダノンスパシーバ 修学院S 1着 この連勝は評価。展開さえ嵌れば重賞でも。 -
13 レッドデイヴィス 毎日杯 1着 三冠馬に先着有。ただ前走大敗と休み明けが... - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第64回鳴尾記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第64回鳴尾記念の展望と予想とヨタ話

 裏開催の重賞っぽい一戦だが、侮れませんぜ。
 GI戦線に復帰したい有力馬が集結。第64回鳴尾記念。

 という訳で、この鳴尾記念。GIに出走できるような馬はマイルCSやジャパンカップを使ったり、有馬記念に直行したりすることもあって、 ここに出てくるのは準OP・OP勝ち上がり馬や、福島記念組が中心になるのだが...最近は3歳クラシックで結果を出せなかった馬が再起を賭けてここに出走してくることが多々。 去年はルーラーシップ・ヒルノダムールが結果を出し、翌年のGI戦線を賑わすことに。

 で、この傾向は今年も変わらず。まぁ、準OP・OP勝ち上がり馬もいるが、皐月賞2着のサダムパテックやラジオNIKKEI賞勝ちのフレールジャック、 後の三冠馬を破ってシンザン記念を制したレッドデイヴィス、トライアルでそこそこ走ったショウナンマイティなどの3歳馬が充実。

 となれば、予想の方もこれらの馬中心になるのは仕方がないところ。ただ、今回は他の馬もそれなりに揃っているだけに、それだけ、という訳にはいかんでしょうな。 とりあえず、いい末脚持ってるショウナンマイティ・フレールジャック辺りをおさえておいて、展開嵌らずなかなか勝ちきれないが末脚強烈なヒットジャポット、 GIIでまずまずの走りみせるカリバーン、京橋特別で福島記念勝ちのアドマイヤコスモスといい勝負したダノンスパシーバも拾っておきましょうか。

<第64回鳴尾記念予想>

◎ショウナンマイティ
○スマートギア
▲ヒットジャポット
△カリバーン
△フレールジャック
△ダノンスパシーバ

 実績的にはサダムパテックなのだが、一押し足りないのがなぁ...

結果

1着レッドデイヴィス
2着ショウナンマイティ
3着サダムパテック
4着フレールジャック
5着ヒットジャポット

タイム:1分45秒6 3F:34.7秒
レッドデイヴィス 牡3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:13番610円
複勝:13番240円、2番270円、11番140円
枠連:2-8 1620円 馬連:2-13 3940円
馬単:13-2 6410円
3連複:2-11-13 3760円
3連単:13-2-11 27480円
ワイド:2-13 1390円
    11-13 500円 2-11 600円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ショウナンマイティはズバリだったんだが。
 レッドデイヴィスはなぁ。休み明け&馬体重+20kgではちょっと...

 でもって、鳴尾記念の結果。もうちょっと古馬勢の台頭あってもいい気がしたんだが...結局、3歳馬が上位を独占することに。 京都新聞杯以来の出走になったレッドデイヴィスが勝ち、これに続く形でショウナンマイティ・サダムパテック・フレールジャックといった菊花賞組がそれぞれ2・3・4着を確保。

 レース自体は、ミッキーパンプキン・ダノンスパシーバの2頭が後続を離して逃げる展開。1番人気のサダムパテックはこの2頭から離れた位置の好位集団、 勝ったレッドデイヴィス、2着のショウナンマイティは後方をそれぞれ追走。直線が長い阪神外回りコースだということもあって、直線半ばまではまたミッキーパンプキン・ダノンスパシーバの2頭が粘っていたが、 残り200mを過ぎた辺りで一転。外から伸びてきたレッドデイヴィスがこれら逃げ・先行勢をまとめて交わし先頭へ、そしてこれにつれてサダムパテックも進出。 あとは、この2頭がゴールへ...という流れだったが、最後の最後で抜け出したこの2頭にショウナンマイティが襲いかかり、サダムパテックとショウナンマイティが入れ替わる結果に。

 そんなこんながあったが、勝ったのはレッドデイヴィス。前述している通り、休み明けということもあって馬体重+20kgでの出走。 一度使ってから変わり身を期待...みたいな状態だったが、いきなりこれですからね。これはかなりの能力秘めているんじゃないでしょうか。 変な反動が出なければ、この先も十分期待できるでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。