今週のメインdeパツイチ2011
第63回朝日杯フューチュリティステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第63回 朝日杯フューチュリティステークス 中山・芝1600m  2歳牡牝オープン(GI) 2011年12月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サドンストーム 京王杯2歳S 2着 前走好走。ただ今回相手かなり揃うだけに。 - -
2 ローレルブレット 千両賞 1着 前々走は展開嵌らず。いい枠引ければ上位も。
2 3 アルフレード きんもくせい 1着 前走なかなか。裏路線からの参戦だが侮れず。
4 マイネルロブスト 札幌2歳S 3着 パンチ不足。現状では入着が精一杯っぽく。 - -
3 5 ネオヴァンクル ききょうS 1着 前走案外。重賞ではやや足りないようで。 - -
6 スノードン 萩S 1着 走り一変。前走ぐらい走ればGIでも怖い。
4 7 クラレント デ杯2歳S 1着 前走大敗も馬場に泣かされた感有。巻き返しも。
8 ショウナンラムジ 萩S 2着 やや詰め甘く。今回GIだし多くは望めぬか。 - -
5 9 ニンジャ 500万下 1着 500万下で好走も新潟2歳Sが負けすぎでは。 - -
10 ジョウノバッカス もちの木賞 1着 芝ではスピード不足っぽく。ここでは厳しい。 - -
6 11 マコトリヴァーサル 小倉2歳S 2着 前走イマイチ。マイルは微妙に長いのか? - -
12 トウケイヘイロー カンナS 3着 前走京王杯2歳S勝ち馬を破る。展開嵌れば。
7 13 ハクサンムーン 芝千四1:23.9 1着 前走展開嵌った感あって。GIではさすがに。 - -
14 ヒシワイルド 500万下 1着 前々走の大敗気になる。ムラ駆けタイプ? -
8 15 レオアクティブ 京王杯2歳S 1着 嵌ればかなりの末脚使う。中山でも注意。 -
16 ダローネガ デ杯2歳S 2着 重賞での取りこぼし気になる。3着はあるが... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第63回朝日杯フューチュリティステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第63回朝日杯フューチュリティステークスの展望と予想とヨタ話

 牝馬・ダートと続いた2歳GIシリーズもこれでラスト。
 最後は牡馬の出番。第63回朝日杯フューチュリティステークス。

 という訳で、前述している通り、今週は牡馬の出番。先週の阪神ジュベナイルフィリーズは新馬勝ち直後のジョワドヴィーヴルが2戦目でいきなり勝ってしまったが、 牡馬はそれなりにステップレースがあることもあってか、この手の新馬勝ち上がり組は少なめ。

 となれば、ステップであるデイリー杯2歳S・京王杯2歳S・東スポ杯2歳Sで結果を出した馬を中心にして勝負すればいいのだが...今年はこのステップがどれも一癖ある結果でしたからねぇ。 デイリー杯2歳Sはレース自体は問題なかったのだが、そのデイリー杯2歳Sを勝ったクラレントが次走の東スポ杯2歳Sで大敗してしまうし、京王杯2歳Sは馬連で万馬券になるという波乱のレース、 東スポ杯2歳Sは不良馬場での開催だっただけにどこまで信用していいのか分からん結果だったし。となれば、その結果をそのまま鵜呑みにする訳にはいかんでしょう。

 まぁ、そんなこんなあるもんで、ここは秀でている箇所がある馬を個別に引っ張ってくるしかないでしょう。ちょっと勝ったり負けたりがある馬だが、 前走京王杯2歳Sを勝つことになるレオアクティブを破ったトウケイヘイロー、嵌ればいい脚使うレオアクティブ・アルフレード、好位追走からいい脚使うローレルブレット、 前走道悪が堪えたのなら巻き返しあっていいクラレントあたりでどうでしょうか。

<第63回朝日杯フューチュリティステークス予想>

◎トウケイヘイロー
○アルフレード
▲レオアクティブ
△スノードン
△ローレルブレット
△クラレント

 ローレルブレットいい枠引きましたな。あとはうまく先手取れれば...

結果

1着アルフレード
2着マイネルロブスト
3着レオアクティブ
4着トウケイヘイロー
5着ダローネガ

タイム:1分33秒4 3F:35.6秒
アルフレード 牡2歳
騎手:C.ウィリアムズ 厩舎:美浦・手塚厩舎
単勝:3番310円
複勝:3番160円、4番270円、15番390円
枠連:2-2 1660円 馬連:3-4 1520円
馬単:3-4 2180円
3連複:3-4-15 8540円
3連単:3-4-15 30630円
ワイド:3-4 630円
    3-15 1160円 4-15 2680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印打っている馬は来たんだが...
 マイネルロブストが抜けているのではなぁ。うーん。

 でもって、朝日杯フューチュリティステークスの結果。極端に抜けた馬がいないのであれば、うまく立ち回った馬が上位に突っ込んでくるのは仕方がないところ。 内枠を引けた上に、スタートも決めたこともあってすんなり好位を確保することが出来たアルフレード、終始コースロスのない最内を追走。 直線でも内が開いたところを突いて進出、道中余計な脚を使わなかったこともあってか最後までしっかりと伸び後続を置き去りに。結局、2着に2馬身の差をつけ完勝してしまいました。 2着もアルフレードと同じように最内に潜り込んみ、馬群を縫って進出してきたマイネルロブストが確保。

 しかし、こういう内容だっただけに、この完勝を鵜呑みにしていいのやら少々分からん感じですな。多少の有利不利はあったにしても、2馬身の差をつけているだけに、 これはこれで評価していいんだろうけど...「決定的な差」と言い切ってしまうのは早計ですな。 最後、いい脚を使って差を詰めてきたレオアクティブだったら展開次第で逆転も可能なんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。