今週のメインdeパツイチ2011
第56回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2011年12月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブエナビスタ ジャパンC 1着 惜敗続き脱す。ラストランを勝利で飾れるか? -
2 2 ヴィクトワールピサ ドバイWC 1着 前走は久々が堪えたか。一叩きして一変警戒。
3 3 ヒルノダムール 天皇賞春 1着 実績認めるが今回国内一線級相手。ちと辛い? - -
4 ペルーサ 天皇賞秋 3着 前走のビリが問題。巻き返しに期待したいが...
4 5 エイシンフラッシュ 日本ダービー 1着 あと一押し足りない競馬続く。展開嵌らぬと。 - -
6 キングトップガン 函館記念 1着 GIでは全く歯が立たず。ここでも多くは。 - -
5 7 トゥザグローリー 有馬記念 3着 一度使って変わるかと思いきや逆戻りでは。 - -
8 ローズキングダム ジャパンC 1着 前2戦が物足りず。3歳時の勢いはないか。 - -
6 9 オルフェーヴル 日本ダービー 1着 古馬勢揃っているが一蹴可能。あとは展開次第。 -
10 トーセンジョーダン 天皇賞秋 1着 秋2戦を評価。中山も結構走るだけにここも。
7 11 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 前走ぐらいはやれる馬。ここでも展開次第で。 -
12 アーネストリー 宝塚記念 1着 今回前走より楽に競馬できる。巻き返しに期待。
8 13 レッドデイヴィス 鳴尾記念 1着 まだ底見せていない。三冠馬に先着あるだけに...
14 ルーラーシップ 金鯱賞 1着 実績は評価も休み明けが問題。仕上がりが鍵で。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第56回有馬記念の展望と予想とヨタ話

 今年の中央競馬も今週開催分で終了。
 最後を飾るのは例のアレ。第56回有馬記念。

 まぁ、そんなこんなで、有馬記念ですよ。締めくくりの一戦ということもあって、各路線から有力馬が多数出走してくるのだが...今年の有馬記念、ここまでメンバーが揃うとはねぇ。 去年この有馬記念を勝ち今年はドバイWCを勝ち世界の頂点へ立ったヴィクトワールピサに、3歳牡馬クラシック三冠馬オルフェーヴル、ジャパンカップで久々のGI勝ちをおさめたブエナビスタ、 天皇賞秋を制し前走のジャパンカップでも好走したトーセンジョーダン、春秋グランプリ制覇を狙うアーネストリー、天皇賞春を勝ち、その後凱旋門賞に挑んだヒルノダムールといった今年の主要なGI勝ち馬が勢揃い。 さらに、去年のダービー馬エイシンフラッシュ、去年のジャパンカップ馬ローズキングダム、去年の天皇賞(春)馬ジャガーメイルといったGI馬や、GI・重賞で好走あるペルーサ・トゥザグローリー・ルーラーシップまでいますからねぇ。 今年の有馬記念、近年稀にみるハイレベルな一戦に。

 でもって、そんな有馬記念の予想を。実績的には「どの馬が勝っても不思議ではない」のが今回の有馬記念なのだが...近走の成績を考慮すると、 それなりに選別はできそうな感じですな。天皇賞秋・ジャパンカップ好走した馬は「使い詰めで調子落ち」さえなければ、まぁ、十分に勝負になるでしょう。 三冠達成したオルフェーヴルは古馬と初めて対決するだけに、世代間のレベル差が気になるところだが... 日本ダービー・菊花賞で破ったウインバリアシオンがジャパンカップで5着とそれなりに健闘したことを考えれば、世代間のレベル差はさほどないんじゃないでしょうか。

 という訳で、ここはオルフェーヴル、トーセンジョーダン、ブエナビスタ辺りで勝負...となるのだが、この有馬記念の舞台はちょっとクセのある中山ですからね。 展開次第で他の馬の台頭も十分あるんじゃないでしょうか。中山は4戦4勝と滅法強いヴィクトワールピサや、前走は大外枠と同型が災いして大敗してしまったが、今回は楽に先手取れそうなアーネストリーとかさ。

<第56回有馬記念予想>

◎オルフェーヴル
○アーネストリー
▲トーセンジョーダン
△レッドデイヴィス
△ヴィクトワールピサ
△ブエナビスタ

 穴なら三冠馬破ったことあるレッドデイヴィスだが...GIでどこまでやれる?

結果

1着オルフェーヴル
2着エイシンフラッシュ
3着トゥザグローリー
4着ルーラーシップ
5着トーセンジョーダン

タイム:2分36秒0 3F:34.0秒
出走取消:4番
オルフェーヴル 牡3歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:9番220円
複勝:9番140円、5番490円、7番740円
枠連:4-6 2500円 馬連:5-9 3170円
馬単:9-5 3650円
3連複:5-7-9 24290円
3連単:9-5-7 78260円
ワイド:5-9 1020円
    7-9 1660円 5-7 5630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。オルフェーヴルは問題ないのだが...
 ヒモがなぁ。エイシンとかトゥザグローリーとか厳しいッス。

 でもって、有馬記念の結果。これといった逃げ・先行馬もおらず、ペースが緩くなるのはある程度予想していたのだが...ここまで遅くなるとはねぇ。 アーネストリーがハナ、そしてこれをヴィクトワールピサが追走するというのは妥当なところなのだが、逃げたアーネストリーが全く飛ばしていかない上に、 このアーネストリーからハナを奪取してレースの主導権を握ろうとする馬も現れなかったもんで、前半1000m通過が1:03.8、そして14秒台のラップが連発するという超スローペースに。

 となれば、あとは「よーいドン」の競馬になるのは仕方がないところ。結局、最後の3ハロンで33秒台の脚を使えた馬が上位を独占するという瞬発力勝負の競馬になってしまいました。 そんな中、勝ったのはこの馬。オルフェーヴル。道中は中団よりやや後ろで待機するも、勝負所で早め早めに進出。4コーナーを回ったところで先行集団を射程圏内に収め、直線での一伸びで先頭へ。 内にいたエイシンフラッシュが食い下がったり、トゥザグローリー・ルーラーシップが迫ってきたりしたが、これを封じて有馬記念制覇。

 しかしなぁ...勝ったオルフェーヴルはいいとしても、他をどう評価していいのか良く分からない結果に。 近走イマイチだったエイシンフラッシュ・トゥザグローリーがここで一変して上位確保したが、これで復活したと判断するのは早計だし、 他の負けた馬も、こういう極端な展開が向かなかっただけで負けた馬もいるだろうしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。