今週のメインdeパツイチ2011
第57回東京大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 東京大賞典 大井・ダ2000m  3歳上オープン(GI) 2011年12月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ステラパラダイス 仁淀川 1着 地元で好走もレベル差あって。交流重賞では。 - -
2 2 シビルウォー JBCクラ 3着 前走は展開嵌らず。この相手なら手堅く上位。 -
3 3 エーシンエヴァン 東海クラウン 2着 南関東遠征した前走大敗。ここでは苦しく。 - -
4 4 ワンダーアキュート JCダート 2着 去年大敗。大井コースと相性良くないのか? -
5 5 トウホクビジン 絆カップ 4着 たまに好走あるがさすがに牡馬相手では。 - -
6 カキツバタロイヤル NTV盃 3着 交流重賞好走有。逆転はムリだがヒモなら。 -
6 7 ツルオカオウジ 勝島王冠 2着 僅差の競馬続く。能力はそれなりにある。 -
8 スマートインパルス 勝島王冠 1着 南関東での成績評価。ここでもそれなりに。 -
7 9 ヤマニンキングリー シリウスS 1着 この相手なら悪くなく。前々走ぐらい走れば。
10 メダリアビート しらかばS 1着 仕掛け所次第。流れに乗れれば連対も。
8 11 テスタマッタ マーチS 1着 いい頃の走り戻れば通用も...期待薄っぽく。 -
12 スマートファルコン JBCクラ 1着 短期放牧明け。敵は自身の仕上がりか。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回東京大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第57回東京大賞典の展望と予想とヨタ話

 有馬記念が終わっても地方ではまだ大一番が残っています。
 今年のダート路線の覇者を決める一戦。第57回東京大賞典。

 そんなこんなで、この東京大賞典。前述している通り、今年のダート路線の総決算となる一戦なのだが...今年はちょっと緩めのメンバー構成に。 とりあえず、JBCクラシックでトランセンドとの一騎打ちを制したスマートファルコンがいるが、JCダートを勝ったトランセンドや立ち直ったエスポワールシチー、 南関東勢の筆頭となるフリオーソといったダート路線の有力所は不在。

 となれば、ここはスマートファルコンの独壇場に...と言いたいところだが、JBCクラシックが思っていた以上に過酷だったのか、 JCダートや浦和記念をパスして短期放牧に出していただけにねぇ。万全の状態で出走できるか微妙なところ。相手関係が楽なだけに、 万全ではなくてもこれ位だったら克服できるんでしょうけど、ちと不安が残るのも事実。

 まぁ、この辺りは当日の気配をみて判断するとして、ここは一旦スマートファルコン中心で予想を立ててみましょう。 で、あとは、このスマートファルコンの相手選びとなるのだが、これはこれで厄介。近走成績ならばJCダートで2着に入ったワンダーアキュートなのだが、 阪神以外だと結構脆いのがなぁ。特にこの大井では、JDダービーの5着、去年の東京大賞典での10着と散々な結果ばかり。 ここは別の馬で勝負するのが正解なのかもしれませんな。シリウスSを評価してヤマニンキングリー、上位とは離されたりしているが、JpnI好走しているシビルウォー、 展開が鍵だがいい末脚持っているメダリアビート辺りを優先させていいでしょう。

<第57回東京大賞典予想>

◎スマートファルコン
○ツルオカオウジ
▲ヤマニンキングリー
△シビルウォー
△メダリアビート
△ワンダーアキュート

 あと、南関東勢にも注意。連下なら勝島王冠組もアリですな。

結果

1着スマートファルコン
2着ワンダーアキュート
3着テスタマッタ
4着シビルウォー
5着メダリアビート

タイム:2分01秒8 3F:38.2秒
スマートファルコン 牡6歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・小崎厩舎
単勝:12番100円
複勝:12番100円、4番130円、11番190円
枠連:4-8 260円 馬連:4-12 260円
枠単:8-4 290円 馬単:12-4 290円
3連複:4-11-12 1080円
3連単:12-4-11 1780円
ワイド:4-12 160円
    11-12 270円 4-11 770円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といっても、この組み合わせではなぁ。
 3着まで当てられれば悪くはないのだが、テスタマッタかぁ...

 まぁ、それはともかく東京大賞典の結果。「この相手には負けられない」という感じではあったが、中間で一頓挫があった分本調子になかったのか、 かなり際どいところまで追い詰められてしまいましたな。スマートファルコン。とりあえず、勝ったことは勝ったが... ワンダーアキュートに追い詰められ並んだままゴール、そして写真判定の結果、ハナ差ワンダーアキュートを退けて勝利、という内容でしたからねぇ。

 とはいえ、勝ちは勝ち。ワンダーアキュートには詰め寄られたが、3着のテスタマッタには2馬身、4着のシビルウォーにはテスタマッタからさらに3馬身の差がついていますからねぇ。 やはり力が違っていたんでしょうな。あと、2着のワンダーアキュート。JCダートに続き、この東京大賞典でも強敵相手に2着。ちょっと成績不安定な面あるだけに、 この先どうなるかは分からんが、今の調子でやれるのであればGI制覇も視野に入ってくるんじゃないでしょうか。この馬の動向にも注意必要ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。