今週のメインdeパツイチ2012
第59回日経新春杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第59回 日経新春杯 京都・芝2400m  4歳上オープン(GII) 2012年1月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スマートロビン 比叡S 1着 楽に先手取れれば大駆けある。重賞でも。
2 2 スマートギア 金鯱賞 3着 末脚はそこそこも一時期ほどの勢いなくて。 - -
3 3 トゥザグローリー 有馬記念 3着 有馬記念評価。ただ58.5kg背負うだけに過信は。 -
4 4 メイショウクオリア 札幌日経OP 2着 前走がイマイチ。大きく変わらぬ限り... - -
5 5 トップカミング 夏至S 3着 一昨年の2着馬だが近走いいところなくて。 - -
6 ナムラクレセント 天皇賞春 3着 調子上向く。そろそろ重賞でも勝ち負けに。
6 7 ビートブラック 京都大賞典 2着 前走案外。この条件悪くないがここは様子見。 - -
8 ブルースターキング 万葉S 8着 差のある競馬続く。50kgでも多くは望めぬ。 - -
7 9 マカニビスティー 天皇賞春 4着 地味だがこの条件そこそこ走る。3着なら。 -
10 マゼラン 尼崎S 1着 重賞での成績が物足りず。この辺りが壁? -
8 11 ダノンバラード 皐月賞 3着 56kgでこの相手なら出番。勝ち負けに。
12 リベルタス 朝日杯FS 3着 一叩きした効果見込め。この相手なら多少は。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回日経新春杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第59回日経新春杯の展望と予想とヨタ話

 明け4歳馬の台頭?それとも古馬が意地みせる?
 春のGI目指し各馬切磋琢磨。第59回日経新春杯。

 という訳で、この日経新春杯。条件的には春の大一番・天皇賞春に向けての一戦という位置付けになるのだが、まだまだ目標が先ということもあって、 どちらかというと、ステイヤーズS→万葉Sといった冬の長距離路線の一環として使ってくる馬や、有馬記念や暮れの重賞を使った余力でもう一戦、という馬が多数出走してくるるのがこの日経新春杯。

 でもって、今年もこの傾向は変わらず。まぁ、さすがに去年のような強者揃いという訳にはいかないが、有馬記念3着で復活をアピールしたトゥザグローリーを筆頭に、 ダノンバラードやリベルタス、スマートロビンといった、ここで結果を出してGI戦線に加わりたい明け4歳馬や、長距離路線でそこそこ結果を出してここに出走してきた去年の天皇賞春3・4着馬ナムラクレセント・マカニビスティーと、 それなりのメンバーが揃った一戦に。

 で、そんな日経新春杯の予想。この組み合わせなら、強敵揃いの有馬記念で僅差の3着に入ったトゥザグローリーがダントツな気がするが、 超スローペースからの上がり勝負という極端な競馬だっただけに、前走だけで復活したと判断するのは早計かも。今回、ハンデも58.5kgとそれなりに背負うし、 思わぬポカをしでかす可能性もあるだけに、ここはおさえ程度にしておいた方がいいんじゃないでしょうか。ここはトゥザグローリーほどハンデ背負わないダノンバラードの方を中心にして勝負してみましょう。 あとは、トゥザグローリー、一叩きして一変ありそうなリベルタスを。

<第59回日経新春杯予想>

◎ダノンバラード
○スマートロビン
▲トゥザグローリー
△ナムラクレセント
△リベルタス

 展開嵌ればスマートロビンにもチャンスはありそうだが、さて?

結果

1着トゥザグローリー
2着ダノンバラード
3着マカニビスティー
4着ビートブラック
5着スマートロビン

タイム:2分23秒7 3F:35.1秒
トゥザグローリー 牡5歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:3番160円
複勝:3番110円、11番170円、9番410円
枠連:3-8 440円 馬連:3-11 510円
馬単:3-11 660円
3連複:3-9-11 3460円
3連単:3-11-9 9250円
ワイド:3-11 240円
    3-9 800円 9-11 1470円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 ダノンバラードが1着取りそうな場面もあったが、結局2着。

 という訳で、何だかんだいっていたが、結局この馬が順当に勝ってしまいましたな、トゥザグローリー。道中、反応が怪しくなる場面もあったが、 追い出すとしっかりとした足取りで伸び、一足先に動いて前を捕らえにかかっていたダノンバラードをあっさり交わし先頭に。 で、その勢いのまま後続を軽く突き放し、1・1/4馬身の差をつけ快勝。

 しかし、ここまであっさり勝ってしまうとはねぇ。トゥザグローリー。相手関係が割と楽だったとはいえ、58.5kg背負ってもこういう競馬してこの差ですからね。 やはりGIで一線級相手に好走していることはありますな。このまま成績が安定すればGI勝ちも狙えるのだが...どうなんでしょうかねぇ。 こればっかりはやってみないと分かりませんなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。