今週のメインdeパツイチ2012
第15回TCK女王盃出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第15回 TCK女王盃 大井・ダ1800m  4歳上牝オープン(JpnIII) 2012年1月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 プレシャスジェムズ クイーン賞 2着 前走は流れキツかったか。ここなら巻き返し。
2 2 プロヴィナージュ 阪神牝馬S 4着 ダート云々より近走成績イマイチなのが問題。 - -
3 3 カラフルデイズ JBCレディ 3着 着順はまずまずも離されているだけに過信は。
4 4 スウィングベル 高知芋けんぴ 2着 地元の成績はまずまずも交流重賞では... - -
5 5 ウェディングフジコ スパーキング 3着 伸び悩む。大きく変わらないと連絡みは... -
6 6 ハルサンサン ロジータ記念 2着 地元の成績上々。交流重賞でも展開次第で。
7 ラインジュエル マイルGP 5着 嵌ればなかなかの脚使う。前崩れなら。 -
7 8 パールシャドウ JBCレディ 4着 この組み合わせならもう少しやれる。ヒモで。 -
9 ショウリダバンザイ 道営記念 1着 レディスプレデュード4着評価。展開嵌れば。
8 10 マトリックストート ハッピーナイ 5着 成績低迷続く。ここでもついて回るだけ。 - -
11 ローザレーヌ 一陽特別 3着 大きいところでは全く歯が立たず。厳しい。 - -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第15回TCK女王盃枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第15回TCK女王盃の展望と予想とヨタ話

 レース体系変更でちょっと過疎気味?
 冬の牝馬交流重賞シリーズ2戦目・第15回TCK女王盃。

 という訳で、このTCK女王盃。前述している通り、クイーン賞・TCK女王盃・エンプレス杯と続く牝馬限定交流重賞シリーズなのだが、 シリーズっぽくなっていたのは去年までだったようで。去年の秋にレディースプレリュード、そして大一番となるJBCレディスクラシックが新設されたこともあってか、 こっちまで有力馬がまわってこなくなってしまった様子。

 そんなこんなで、ややパワーダウンしてしまった今年のTCK女王盃。とりあえず、クイーン賞上位馬はそれなりに出てきてはいるが、 クイーン賞を勝ったクラーベセクレタ、JBCレディスクラシック上位馬は出走して来ず。別路線から参入してくる馬がいれば、 それはそれで期待してもいいのだが、今回はその手も馬もおらず。

 という訳で、まぁ、クイーン賞上位馬で勝負すれば大丈夫でしょう。ただ、2着のプレシャスジェムズと3着のカラフルデイズとの間にはそれなりの差があるだけにねぇ。 カラフルデイズが相手だったら他の馬もそれなりに通用するんじゃないでしょうか。ショウリダバンザイとかハルサンサンとかさ。

<第15回TCK女王盃予想>

◎プレシャスジェムズ
○ショウリダバンザイ
▲カラフルデイズ
△パールシャドウ
△ハルサンサン

 一発なら、関東オークス2着があるプロヴィナージュの一変に期待。
 ...したいところだが、近走がイマイチだからなぁ。変わり身あっても...

結果

1着ハルサンサン
2着カラフルデイズ
3着プレシャスジェムズ
4着ウェディングフジコ
5着パールシャドウ

タイム:1分53秒6 3F:36.7秒
ハルサンサン 牝4歳
騎手:今野忠成 厩舎:船橋・佐藤賢厩舎
単勝:6番2150円
複勝:6番340円、3番120円、1番140円
枠連:3-6 2020円 馬連:3-6 2690円
枠単:6-3 5030円 馬単:6-3 9350円
3連複:1-3-6 2230円
3連単:6-3-1 33950円
ワイド:3-6 690円
    1-6 970円 1-3 200円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。軸は今一つだったが...
 ハルサンサンをマークしておいて正解でしたな。

 という訳で、クイーン賞上位の中央勢を差し置き、地元南関東勢のハルサンサンが勝利。レース自体は、とりあえずプレシャスジェムズがハナを奪って逃げたものの、 好スタートを決めたカラフルデイズが一時的に先頭に立っていたこともあって、スンナリ先手奪取とはいかず。それでもって、道中も逃げたプレシャスジェムズ、 カラフルデイズにつつかれるというやや苦しい展開に。

 で、直線に入り、逃げたプレシャスジェムズとカラフルデイズ、好位追走から早めに進出してきたウェディングフジコの3頭の争いに。 でもって、その中からカラフルデイズが抜け出してきたのだが...全般的にオーバーペースだったのか、ここで前述した3頭の先行勢がまとめて失速。 ここで、この3頭の後ろにいたハルサンサンが一気に進出し、抜け出したカラフルデイズも捕らえゴールへ。

 しかし、こういう組み合わせなのに中央勢がすんなり勝てないとはなぁ。クイーン賞上位といっても勝ちきれなかった馬ばかりだし、 やはりちょっと足りなかったのかもしれませんな。このクラスの中央勢が相手ならそれなりに結果出している地方勢でも通用する、それが分かった一戦でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。