今週のメインdeパツイチ2012
第53回アメリカジョッキークラブカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 AJC杯 中山・芝2200m  4歳上オープン(GII) 2012年1月22日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アブソリュート AR共和国杯 7着 前走まずまず。復調しているなら一発も。 -
2 2 ネヴァブション AJC杯 3着 中山得意だが前走負けすぎの感あるだけに。 -
3 3 ルーラーシップ 有馬記念 4着 ここなら大威張り。仕掛けミスらなければ。
4 4 ナカヤマナイト 日本ダービー 4着 前走の快勝を評価。重賞でも十分勝ち負けに。
5 5 ヒカルカザブエ ダイヤモンド 8着 パンチ不足。この相手では入着も厳しく。 - -
6 6 トーセンレーヴ アイルランド 1着 ちょっと間隔開くが能力あるだけに即通用。
7 ミステリアスライト ディセンバー 4着 一叩きしてもあまり変わらず。ここでは。 - -
7 8 リッツィースター 古都S 1着 後のAR共和国杯馬に先着有。重賞でも侮れぬ。
9 ゲシュタルト オールカマー 2着 勝ち切れない。今回相手そこそこ揃うし... - -
8 10 ツクバホクトオー しらかばS 4着 芝使ってみるがダの成績イマイチなだけに。 - -
11 サンテミリオン オークス 1着 相変わらず極度のスランプ続く。一変は? - -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回アメリカジョッキークラブカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第53回アメリカジョッキークラブカップの展望と予想とヨタ話

 先週の日経新春杯と条件が違う一戦だが...
 役割は一緒?第53回アメリカジョッキークラブカップ。

 という訳で、このAJC杯。別定戦、さらに距離が200m短縮と、先週の日経新春杯と比べ条件が多少変わっていることもあって、出走馬の傾向もやや違っているのだが、 ここで賞金上積みしてGI戦線に加わりたいOP・重賞好走馬や、有馬記念の余力でもう一戦という実績馬が出てくるという点では日経新春杯とほぼ同じ。

 で、今年のAJC杯。先週の日経新春杯は有馬記念3着のトゥザグローリーが順当に勝利したのだが...さて、この馬はどうなんでしょうかねぇ?有馬記念4着馬ルーラーシップ。 有馬記念では前述したトゥザグローリーと3/4馬身差の4着だっただけに能力的には遜色なし。さらに、出走馬中最速の上がりを叩き出しているだけにねぇ。この条件だったら大威張りできる筈。

 ただ、ややトリッキーな中山コースなだけに展開が気になるところ。有馬記念のような超スローからの瞬発力勝負になったとしても、 瞬発力なら見劣りしないトーセンレーヴがいるだけに気が抜けないし、多少上がりがかかる展開になったらなったで、長くいい脚を使うナカヤマナイトがいたりするしさ。 あと、緩い流れなら前に行くリッツィースターもかなり粘りそうな雰囲気。ルーラーシップ、実績はダントツなのだが、すんなり勝てるんでしょうかねぇ?

<第53回アメリカジョッキークラブカップ予想>

◎ルーラーシップ
○アブソリュート
▲トーセンレーヴ
△リッツィースター
△ナカヤマナイト

 あと、天気にも注意。まぁ、ルーラーシップは重でも大丈夫だが...

結果

1着ルーラーシップ
2着ナカヤマナイト
3着ゲシュタルト
4着サンテミリオン
5着トーセンレーヴ

タイム:2分17秒3 3F:36.3秒
ルーラーシップ 牡5歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:3番140円
複勝:3番110円、4番130円、9番150円
枠連:3-4 290円 馬連:3-4 300円
馬単:3-4 390円
3連複:3-4-9 560円
3連単:3-4-9 1270円
ワイド:3-4 150円
    3-9 200円 4-9 370円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 波乱はなく、人気馬同士でガチガチの決着に。

 でもって、前述している通り順当な結果に終わったAJC杯の詳細を。リッツィースターやゲシュタルト辺りが先手取るか思いきや、逃げたのはトーセンレーヴ。 押し出されてやむを得ず逃げたという訳でもなかったようで、割と積極的なレース運び。ただ、ペースはそれほど上がらず、1000m通過が1:03.8と不良馬場を考慮しても緩めの流れに。

 そんな中、勝ったルーラーシップは中団よりやや後ろを追走。こういう流れだし、前を捕らえきれるか微妙な位置取りだったが、 ペースが落ち着いたところで後方集団が差を詰め馬群が一団になったこともあって、後方集団ではあったが射程距離圏内であったようで。 4コーナー付近から大外をマクって進出し先頭へ。連れてナカヤマナイトもついてきたが、これをアッサリ突き放して独走態勢に。 結局、このナカヤマナイトに3馬身の差をつけ楽勝。

 そんなこんなで、勝ったルーラーシップ。出遅れの有無という違いはあるが、金鯱賞の再現をしたような勝ちっぷり。 こういう馬場状態も苦にしなかったようで、一頭だけ35秒台の上がりを叩き出し、他馬を一蹴。展開云々や馬場状態も有利に作用したんだろうけど、 やはり格が違ったんでしょうなぁ。この調子を維持できるのであれば、次も期待できるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。