今週のメインdeパツイチ2012
第47回京都牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 京都牝馬ステークス 京都・芝1600m  4歳上牝オープン(GIII) 2012年1月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レジェトウショウ TVh杯 1着 昇級後の成績が今一つ。牝馬同士でも辛いか。 - -
2 エリンコート オークス 1着 GI勝ち馬も秋の成績が散々。一変は望み薄? - -
2 3 ドナウブルー ローズS 5着 重賞好走ある馬。格下だが展開次第で。 -
4 ショウリュウムーン 京都牝馬S 1着 去年の勝ち馬。近走好走続くだけに連覇も。 -
3 5 コスモネモシン クイーンS 2着 勝ちきれない。上位は確保しそうだが... -
6 クィーンズバーン 石清水S 2着 展開次第。単騎逃げ嵌れば怖いが、さて? -
4 7 スイートマトルーフ 寿S 1着 大駆けタイプ。ただ前走以上となると? -
8 レディアルバローザ ヴィクトリア 3着 この条件なら巻き返しありそう。相手も楽で。
5 9 ライステラス チューリップ 2着 多少マシにはなったが重賞では厳しく。 -
10 ビッグスマイル ローズS 4着 ローズSを再評価。近走も悪くないだけに。 -
6 11 アスカトップレディ 京都金杯 3着 前走健闘。牝馬同士ならもう少し上目指せる。 -
12 ダンスファンタジア フェアリーS 1着 調子戻しつつある。そろそろ復活あっても。 -
7 13 サワヤカラスカル TV愛知OP 6着 昇級後の成績冴えず。まだまだ様子見必要。 - -
14 エーシンリターンズ ジュライS 1着 今回休み明け。仕上がっていれば怖いが... - -
8 15 メルヴェイユドール 壇之浦特別 1着 堅実だが格下感否めず。展開向かないと。 - -
16 スプリングサンダー 阪神牝馬S 3着 重賞で勝ち負けする力あり。ここなら。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回京都牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第47回京都牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話

 引退前の一稼ぎ?それとも春への布石?
 実績馬も多数参戦。第47回京都牝馬ステークス。

 という訳で、この京都牝馬ステークス。古馬牝馬の目標となるヴィクトリアマイルはまだまだ先ということで、「単なる牝馬限定戦」という位置付けになる一戦なのだが... 引退する前にもう一稼ぎとばかりに、それなりに実績ある馬が参戦して妙にメンバーが揃ってしまうのがこの京都牝馬ステークス。 まぁ、実際に引退するかどうかはここの結果次第だったりするんで微妙なところだが...

 閑話休題。京都牝馬ステークスの予想を。基本は12月の牝馬限定重賞・愛知杯からここに出てきた馬が中心になるのだが、今年はコスモネモシンぐらいしかいませんからねぇ。 ここは準OP・OPで結果を出してきた新興勢力に期待するのが妥当でしょう。準OPを勝ち切っていないが、いづれも僅差、そしてローズS4着が光るビッグスマイルや、 阪神牝馬S3着があるスプリングサンダー、3歳時に重賞を勝ち、ここにきて調子を戻してきたダンスファンタジアとかさ。

<第47回京都牝馬ステークス予想>

◎ビッグスマイル
○ドナウブルー
▲スプリングサンダー
△ショウリュウムーン
△レディアルバローザ
△ダンスファンタジア

 一発狙うならドナウブルー。1000万下脱出直後だが重賞好走あるだけに...

結果

1着ドナウブルー
2着ショウリュウムーン
3着アスカトップレディ
4着ビッグスマイル
5着クィーンズバーン

タイム:1分33秒8 3F:34.9秒
ドナウブルー 牝4歳
騎手:C.デムーロ 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:3番440円
複勝:3番190円、4番150円、11番200円
枠連:2-2 1060円 馬連:3-4 1070円
馬単:3-4 2010円
3連複:3-4-11 2270円
3連単:3-4-11 10930円
ワイド:3-4 420円
    3-11 750円 4-11 390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。でも、いろいろズレてんなぁ。
 ドナウブルーもここまで人気になるとは...

 そんなこんなで、微妙にアテが外れた感はあるが、とりあえず京都牝馬Sの結果を。勝ったのは2番人気のドナウブルー、 そして2着には1番人気のショウリュウムーン、3着に3番人気のアスカトップレディが入り、1〜3着を1〜3番人気が独占するという順当な結果に。

 レース自体はというと、前述した上位馬は中団からの競馬。ただ、早め早めに上がっていけたドナウブルーに対し、 ショウリュウムーン・アスカトップレディはポジション取りが悪かったこともあって、直線入る段階でやや差が開いてしまったようで。 結局、早めに先頭集団を交わし独走態勢に持ち込んだドナウブルーには敵わず。

 という訳で、勝ったのはドナウブルー。ハンデ52kgやうまく流れに乗った感はあるが、これだけの差をつけ完勝したのは評価して良いでしょう。 相手強くなるとどうなるか未知数な面あるが、とりあえず力をつけているのは確実。あと、アスカトップレディやビッグスマイルも差をつけられているが、 最後いい脚使っているだけに悪くない内容だったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。