今週のメインdeパツイチ2012
第47回クイーンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 クイーンカップ 東京・芝1600m  3歳牝オープン(GIII) 2012年2月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ハイリリー 葉牡丹賞 3着 嵌ればいい脚使う。東京コースで一変あれば。 -
2 カフヴァール 新馬 1着 新馬戦完勝。まだ上目指せそうな馬で。 -
2 3 エクセラントカーヴ 牝新馬 1着 牝馬限定や枠順利あったが新馬戦楽勝は評価。
4 エミーズパラダイス 東京2歳優駿 2着 能力はなかなか。あとは芝さえこなせれば。 -
3 5 ダークマレイン 未勝利 1着 掴み所ない面あるが嵌れば大駆けあっても。 -
6 モエレフルール ジュニアC 3着 前走勝てなったのはイタい。ここは連下まで。 - -
4 7 アラフネ すずらん賞 1着 前走負けすぎの感有。どこまで巻き返す? - -
8 オメガハートランド フェアリーS 4着 前走4着も差は僅か。重賞でも十分勝ち負けに。 -
5 9 ヴィルシーナ エリカ賞 1着 重賞好走馬破っているのは評価。ヒモで。 -
10 ミッドサマーフェア 牝未勝利 1着 能力はあるが展開に左右され。嵌れば怖いが。 -
6 11 ウインフロレゾン 芙蓉S 6着 ワンパンチ足りないが牝馬限定なら多少は。 -
12 イチオクノホシ 阪神JF 4着 阪神JF4着は素直に評価でき。ここなら。 -
7 13 プレノタート 阪神JF 7着 末脚まずまずも上位争いには展開の助け必要。 - -
14 ヘレナモルフォ 未勝利 1着 楽に行ける組み合わせだが前走のようには... - -
8 15 ターフデライト フェアリーS 9着 前走9着も差はあまりなく。まだ見限れぬ。 - -
16 キボウダクリチャン かささぎ賞 3着 前走今一つ。距離がダメなのか能力なのか... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回クイーンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第47回クイーンカップの展望と予想とヨタ話

 本番はまだ先だが有力馬輩出するだけに見逃せぬ一戦。
 3歳牝馬クラシックへのステップ。第47回クイーンカップ。

 そんなこんなで、このクイーンカップ。去年はホエールキャプチャ、一昨年はアプリコットフィズと、 勝てはしないものの3歳牝馬クラシックで活躍する馬を輩出しているだけに、今年もそれなりの馬が誕生するのを期待したいところだが...どうなんでしょうかねぇ?

 というのも、今年はフェアリーS等の重賞好走馬やオープン勝ち馬が少ないですからね。実績ある馬といえば阪神JF4着のイチオクノホシぐらい。 まぁ、フェアリーSが1着から13着までが0.5秒差という大接戦だっただけに、それなりの着順であったらあまり気にしなくてもいいのかもしれないが...

 ま、それはそれとして、クイーンカップの予想を。前述している通り、例年と比べややメンバーが揃わなかった一戦に。 とりあえず、阪神JF4着のイチオクノホシは他と比べ抜けている感はあるが...それ以外は団子状態。この組み合わせだったら、新馬・未勝利勝ち上がり馬でも即通用してもいいんじゃないでしょうか。 結構いい内容で勝ち上がっているカフヴァールやエクセラントカーヴとかさ。

<第47回クイーンカップ予想>

◎イチオクノホシ
○エミーズパラダイス
▲オメガハートランド
△カフヴァール
△エクセラントカーヴ
△ヴィルシーナ

 あと、船橋のエミーズパラダイスもアリかな。芝もこなせそうだし。

結果

1着ヴィルシーナ
2着イチオクノホシ
3着エクセラントカーヴ
4着プレノタート
5着エミーズパラダイス

タイム:1分36秒6 3F:33.9秒
ヴィルシーナ 牝3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・友道厩舎
単勝:9番470円
複勝:9番190円、12番150円、3番480円
枠連:5-6 540円 馬連:9-12 810円
馬単:9-12 1720円
3連複:3-9-12 4580円
3連単:9-12-3 18150円
ワイド:9-12 360円
    3-9 1610円 3-12 1240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなところでしょうか。
 3着エクセラントカーヴが多少人気薄でそこそこの配当に。

 しかし、アレですなぁ。1番人気のイチオクノホシ、勝てませんでした。これといった先行馬もおらず、 前半3ハロン通過が36.6秒、1000m通過が1:02.7とかなり緩いペースになったこともあって、直線での追い比べで勝敗を決する展開になったのだが... まぁ、前に行った馬が止まらないのではどうにもなりませんな。2番手から競馬したヴィルシーナが最後の3ハロンを33.6秒でまとめてしまったもんで、 後続馬、太刀打ちできず。ペースが緩かったこともあって、今回は比較的前で競馬した1番人気のイチオクノホシでさえも2着に上がるのがやっとでした。

 まぁ、そんなこんなで、展開的にはややアレな感じのあった今回のクイーンカップですが、終わってみれば、2番人気・1番人気が1・2着という無難な決着。 展開云々はあったがそこは実力でねじ伏せた、そんな感じだったんじゃないでしょうか。今回、そこまで強い馬が出ていなかったこともあって、 一線級相手だとどうなるか未知数ではあるが、この結果はそれなりに評価していいんじゃないでしょうか。瞬発力があることは分かったんだしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。