今週のメインdeパツイチ2012
第46回フィリーズレビュー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第46回 フィリーズレビュー 阪神・芝1400m  3歳牝オープン(GII) 2012年3月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サトノジョリー 牝500万下 1着 芝もそこそこ。多少時計がかかれば一発も。 -
2 レッドクラウディア 樅の木賞 1着 芝は大丈夫だが重賞で通用するかどうかは... -
2 3 コスモルーシー 500万下 1着 前走大駆けするもパンチ不足の感否めなくて。 - -
4 アイムユアーズ 阪神JF 2着 前走評価も先週のジョワドヴィーヴル敗北が...
3 5 ビウイッチアス 福島2歳S 2着 牡馬相手に好走は評価。嵌れば多少は。 -
6 エイシンキンチェム ダリア賞 1着 阪神JFビリが問題。前走多少巻き返すも... - -
4 7 ファインチョイス 函館2歳S 1着 流れ次第ではもう少しやれる。巻き返しに期待。
8 アンチュラス ファンタジー 2着 あと一押し欲しい。掲示板はありそうだが... -
5 9 プレノタート クイーンC 4着 末脚はなかなか。前が止まる流れなら一発も。
10 ダームドゥラック ラベンダー賞 1着 前2走が散々。早熟だった感あるだけに... - -
6 11 サクセスセレーネ 牝500万下 2着 ダートで勝ちきれず。芝で変わればいいが... - -
12 アイラブリリ 萌黄賞 1着 小倉で500万下脱出。この条件ではちと辛い? - -
7 13 ラシンティランテ 白菊賞 1着 札幌2歳S組だがその後の成績足りないだけに。 - -
14 マコトナワラタナ 未勝利 1着 平凡。いきなりの重賞ではさすがに辛い。 - -
8 15 レディーメグネイト りんどう賞 1着 前2走の2桁着順が問題。よほど嵌らぬ限り。 - -
16 イチオクノホシ クイーンC 2着 展開嵌ればそれなりに。ヒモなら十分可能。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第46回フィリーズレビュー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第46回フィリーズレビューの展望と予想とヨタ話

 桜花賞トライアルも大詰め。第46回フィリーズレビュー。
 チューリップ賞のように一波乱ある?それとも順当?

 という訳で、このフィリーズレビュー。前述している通り上位馬に優先出走権が与えられる桜花賞トライアル。 先週の桜花賞トライアル・チューリップ賞では、阪神JFを楽勝したジョワドヴィーヴルが圧倒的な人気を集めたが...結果は3着と人気を裏切る形に。

 で、今回のフィリーズレビュー。アイムユアーズ・イチオクノホシ・アンチュラスなどジョワドヴィーヴル以外の阪神JF上位馬がここに集結。 実績が実績なだけに、きっちり結果出しても不思議ではないが...先週のチューリップ賞の一件があるだけにねぇ。 根本的な原因が阪神ジュベナイルフィリーズのレベルにあると考えると、今週も同じ結果になる可能性も十分あるんじゃないでしょうか。

 ただなぁ、これらの実績馬を破るだけの素質を備えた新興勢力がいないだけにねぇ。今回は、なし崩し的にこれらの実績馬が上位を確保すると考えるのが妥当でしょう。 ちょっと一捻りして、ファインチョイス・プレノタート・ビウイッチアス辺りで勝負するのもアリかもしれませんが...

<第46回フィリーズレビュー予想>

◎アイムユアーズ
○プレノタート
▲イチオクノホシ
△ファインチョイス
△アンチュラス

 あと、あるとすればダート勝ち上がり馬の一変とかかねぇ?

結果

1着アイムユアーズ
2着ビウイッチアス
3着プレノタート
4着イチオクノホシ
5着サトノジョリー

タイム:1分22秒8 3F:36.7秒
アイムユアーズ 牝3歳
騎手:N.ピンナ 厩舎:美浦・手塚厩舎
単勝:4番350円
複勝:4番160円、5番420円、9番350円
枠連:2-3 1640円 馬連:4-5 2700円
馬単:4-5 4420円
3連複:4-5-9 10610円
3連単:4-5-9 50550円
ワイド:4-5 870円
    4-9 870円 5-9 2330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印はきっちり打っているんだが...
 それぞれの予想どれもが微妙に抜けているのではなぁ。

 でもって、フィリーズレビューの結果。ここしばらく重賞で1番人気が負ける展開が続いていたが、ここでようやく連敗脱出。勝ったのは1番人気のアイムユアーズ。 好位追走から抜け出し勝利。最終的には2着に1・1/4馬身の差をつけていることだし、まぁ、完勝と言っていい内容だったんじゃないでしょうか。

 しかし、これで桜花賞戦線、分からなくなりましたな。今回、アイムユアーズが勝ち、プレノタート・イチオクノホシが上位確保したことによって、 阪神JF組をまるっと消してしまうことも出来なくなってしまったし、かといって、チューリップ賞でのジョワドヴィーヴルの敗北をなかったことにして阪神JF組で勝負する訳にもいかないしさ。 今年は本番でもう一波乱あるかもしれませんなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。