今週のメインdeパツイチ2012
第61回スプリングステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第61回 スプリングステークス 中山・芝1800m  3歳牡牝オープン(GII) 2012年3月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 モンストール 新潟2歳S 1着 能力的には遜色ない。あとは仕上がり次第。
2 2 ストローハット 共同通信杯 4着 前走はやや離された4着。ここでも入着まで。 - -
3 3 マイネルロブスト 朝日杯FS 2着 前走の末脚評価。展開次第で逆転あっても。
4 ロジメジャー セント賞 2着 京成杯9着で決着済。今回相手揃ってるし... - -
4 5 バンザイ 若竹賞 1着 馬場渋ればチャンスあるが相手かなり強くて。 - -
6 コウユーサムライ 500万下 5着 パンチ不足。この条件、この相手では厳しい。 - -
5 7 ビービージャパン ネモフィラ賞 1着 前走完勝も今回同型多いだけに再現は... - -
8 ショウナンカンムリ 未勝利 1着 ジリ。今の中山なら多少チャンスあるが相手が... -
6 9 ディープブリランテ 東スポ杯2歳S 1着 前走は馬体重増が堪えたか。一叩きして。
10 サトノギャラント 芙蓉S 2着 能力はなかなか。仕上がっていれば一発も。 -
7 11 アルフレード 朝日杯FS 1着 朝日杯FS快勝も嵌った感あり。ここが正念場。 -
12 サトノプライマシー ホープフルS 5着 前走悪くないが今回相手かなり揃うだけに... - -
8 13 ゼロス 若駒S 1着 ノーマークの逃げ怖い。前走の再現あっても。
14 グランデッツァ 札幌2歳S 1着 ハイレベルだった札幌2歳Sの勝ち馬。侮れず。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第61回スプリングステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第61回スプリングステークスの展望と予想とヨタ話

 皐月賞トライアルもこのレースで一段落。
 残りの切符は誰の手に?第61回スプリングステークス。

 そんなこんなで、前述している通り皐月賞トライアルもこのスプリングステークスで終了。弥生賞がああいう結果だっただけに、 この辺りで実績馬に一矢報いてもらいたいところだが...こういう流れはなかなか断ち切れないことが多くてねぇ。 牝馬路線は先週のフィリーズレビューで一応元に戻った感あるが、さて、牡馬路線はどうなるんでしょうか?

 まぁ、その辺りは結果が出てから考えるとして、スプリングステークスの予想を。朝日杯FS上位のアルフレード・マイネルロブスト、札幌2歳S勝ちのグランデッツァ、 東スポ杯2歳ステークス勝ちのディープブリランテとかなりのメンバーが揃ったことだし、これらの馬で手堅く勝負...といきたいところだが、そううまくいくんでしょうか? 休み明けとか、今の中山の馬場状態を考えれば、一波乱あっても不思議ではないでしょう。とりあえず、使われた強みあるディープブリランテ・マイネルロブストはマークしておくが、 後のきさらぎ賞馬を完封したゼロスや、嵌ればかなり強い競馬するサトノギャラント・モンストール辺りにも注意必要でしょう。

<第61回スプリングステークス予想>

◎ディープブリランテ
○ゼロス
▲マイネルロブスト
△グランデッツァ
△モンストール
△アルフレード

 あとは枠順次第。変な枠引くと競馬させて貰えないだけにねぇ...

結果

1着グランデッツァ
2着ディープブリランテ
3着ロジメジャー
4着サトノギャラント
5着ビービージャパン

タイム:1分50秒7 3F:36.4秒
グランデッツァ 牡3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・平田厩舎
単勝:14番600円
複勝:14番190円、9番130円、4番720円
枠連:6-8 380円 馬連:9-14 700円
馬単:14-9 1830円
3連複:4-9-14 8980円
3連単:14-9-4 45030円
ワイド:9-14 270円
    4-14 3510円 4-9 1160円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、人気所での決着だからなぁ。
 3着まで当てられれば悪くなかったんだろうけど...

 という訳で、多少順番の入れ替わりはあったが、これまでのトライアルに比べれば真っ当な結果になった今回のスプリングステークス。 昨日に引き続き天候があまり芳しくなく重馬場での開催になり、そして実際、時計のかかるレースだったが... 終わってみれば、3番人気のグランデッツァと抜けた1番人気となっていたディープブリランテで決着し、馬連700円という無難な結果に。 まぁ、3着に10番人気のロジメジャーが入ったもんで、3連復・3連単はそれなりの配当にはなりましたが...

 まぁ、それはともかく。ようやく「実績馬がその実績に見合った走りをして結果を出す」というレースになりましたな。 上位馬が次々と重賞で好走する札幌2歳Sを制したグランデッツァ、そして、前走は間隔が開いたこともあってか不本意な競馬に終わったディープブリランテ、 この2頭がきっちりその能力通りの走りをして1・2着を確保。

 そんなこんなで、今年の皐月賞、この2頭でガッツリ勝負してもいいんじゃないでしょうか。共同通信杯勝ちのゴールドシップ、 若葉S勝ちのワールドエース辺りもかなり強力だが...今回の2頭、時計の掛かる今の中山コースをこなしたというアドバンテージがありますからねぇ。 この差はかなり大きいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。