今週のメインdeパツイチ2012
第60回阪神大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 阪神大賞典 阪神・芝3000m  4歳上オープン(GII) 2012年3月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ギュスターヴクライ ダイヤモンド 2着 力つけている。この相手なら十分勝ち負けに。
2 2 ヒルノダムール 天皇賞春 1着 前走は馬体重増が堪えたか。一変に期待。
3 3 トウカイトリック ステイヤーズ 3着 この条件は妙に走る。一変あれば3着なら。 -
4 4 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 前走案外もジャパンCぐらい走れば勝ち負けに。
5 5 コスモヘレノス ステイヤーズ 1着 ここ数戦の内容が散々。大きく変わらぬ限り。 -
6 ナムラクレセント 阪神大賞典 1着 去年の勝ち馬。近走散々だが一変あれば。 -
6 7 ピエナファンタスト ステイヤーズ 4着 一押し足りない。入着はあるがそれ以上は... - -
8 コパノジングー 目黒記念 1着 長期休養明け。いきなりでは狙い辛くて。 - -
7 9 リッカロイヤル 万葉S 4着 今回前走より条件悪くなり。多くは望めぬ。 - -
10 ビートブラック 菊花賞 3着 多少走るようになったがいい頃のデキには... - -
8 11 オウケンブルースリ AR共和国杯 2着 前2走の大敗が問題。再びスランプ入りか。 - -
12 オルフェーヴル 有馬記念 1着 三冠馬が始動。この相手には負けられない。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回阪神大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第60回阪神大賞典の展望と予想とヨタ話

 3歳クラシック路線はかなり佳境に入っていますが...
 古馬路線もそれなりに佳境に。第60回阪神大賞典。

 という訳で、この阪神大賞典。中長距離の重賞自体は年明けからぼちぼちと続いているが、明らかに天皇賞春を意識した一戦になるのはこの阪神大賞典辺りから。 ジャパンカップや有馬記念といった去年秋のGI後、一息入れていた一線級の馬がこの辺りで戦列に復帰。

 そんなこんなで、この馬が戻ってきましたよ。3歳牡馬クラシック三冠達成、そしてその後の有馬記念も制し2011年の年度代表馬となったオルフェーヴル。 今年はドバイに遠征する馬も結構いるが、オルフェーヴルはこの阪神大賞典経由で天皇賞春を目指すことに。

 でもって、予想もオルフェーヴル中心になってしまうのも仕方がないところ。休み明けなだけに、相手が揃っていればコケる可能性もあるのだが... そこまで期待できる実績馬はヒルノダムール・ジャガーメイルぐらいしかいないからなぁ。しかも、この2頭、前走がともにイマイチだっただけに、どこまでやれるか分からんし。

 となれば、あとはオルフェーヴルの相手探し。順当なところだとヒルノダムールだが、2着だったらギュスターヴクライもアリでしょう。 前走のダイヤモンドSはケイアイドウソジンにまんまと逃げ切られてしまったが、差を詰め2着確保したのは評価。 これだけやれればこの相手でもそれなりには通用するんじゃないでしょうか。

<第60回阪神大賞典予想>

◎オルフェーヴル
○ジャガーメイル
▲ヒルノダムール
△ギュスターヴクライ

 大逃げする馬がいればその馬で一発狙ってもいいのだが...

結果

1着ギュスターヴクライ
2着オルフェーヴル
3着ナムラクレセント
4着ヒルノダムール
5着ジャガーメイル

タイム:3分11秒8 3F:37.3秒
ギュスターヴクライ 牡4歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・荒川厩舎
単勝:1番1340円
複勝:1番170円、12番110円、6番330円
枠連:1-8 410円 馬連:1-12 400円
馬単:1-12 2160円
3連複:1-6-12 1860円
3連単:1-12-6 18590円
ワイド:1-12 220円
    1-6 1130円 6-12 390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、順序がちょっとなぁ。
 ギュスターヴクライ1着付けだったらポイント高いんだが...

 しかし、そんなことが気にならないくらい、レース内容がアレでしたからねぇ。序盤戦は、ペースが落ち着いたところでナムラクレセントが出し抜けを食らわせて単騎逃げに持ち込んだ点以外は他馬の出方を窺いながら隊列を形成するという無難なレースだったのだが... 圧倒的な人気を集めたオルフェーヴルがこのナムラクレセントを追っかけだした辺りから変な感じに。折り合いを欠いてしまったのか、結局、ナムラクレセントを交わしてオルフェーヴルがハナへ。 そして2周目3コーナーで逸走。落馬やコースアウトまではいかなかったが、この一件で先頭から一気に最後方までポジションを下げることになってしまいました。

 で、大抵の馬だったらここで終了なのだが...ここから立て直し、4コーナーを回る段階で馬群の中団まで進出。改めて先頭を窺うことに。 結局、道中ロスなく立ち回ったギュスターヴクライには及ばず2着だったが、それでも、ああいう事があっての2着ですからねぇ。

 ただ、こういう問題をおこすとなるとねぇ...今回よりもさらに距離が長くなる天皇賞春でまたやらかすんじゃないかという考えを持ってしまうのも仕方がないところ。 いくら能力あっても、きちんと走らないのではなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。