今週のメインdeパツイチ2012
第19回マーチステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第19回 マーチステークス 中山・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2012年3月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルアワグラス 川崎記念 4着 ここ数戦成績はまずまずも内容は微妙で... - -
2 タカオノボル 佐賀記念 2着 平安Sビリが問題も前走2着で立ち直った? - -
2 3 トーセンアドミラル 師走S 3着 前走は3着も猛者相手に僅差の競馬は評価。 -
4 ライブコンサート ダービー卿CT 2着 ダート云々よりも近走の凡走続きが問題で。 - -
3 5 ブルロック 伊丹S 1着 前走は展開嵌った感あって。重賞となると? - -
6 タガノロックオン 師走S 1着 ここなら巻き返しある。師走Sぐらい走れば。
4 7 メイショウタメトモ 川崎記念 2着 相手手薄なところで着拾う印象。ここだと? - -
8 マイネルオベリスク 上総S 1着 今回重賞だが前2走悪くないだけに。 -
5 9 クリールパッション 浦和記念 5着 大負けはしないが一時期ほどの勢いはなく。 - -
10 トーセンアレス 金蹄S 1着 能力的には重賞でもやれそうだが展開が鍵で。
6 11 サイレントメロディ 錦秋S 1着 いい末脚持ってる。展開嵌れば大駆けも。
12 アイファーソング 桜島S 1着 同型いるがこの馬がハナか。行き切れれば。 -
7 13 シルクシュナイダー 平安S 3着 能力あるが展開が鍵。ここも仕掛け所次第。 -
14 エイシンダッシュ 総武S 1着 前2走負けすぎだが一息入れて変われば。 -
8 15 ナムラタイタン 武蔵野S 1着 200m延長が吉と出るか凶と出るか、そこが鍵。 -
16 バーディバーディ 帝王賞 3着 去年秋の成績が物足りず。ここは様子見。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第19回マーチステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第19回マーチステークスの展望と予想とヨタ話

 かしわ記念・帝王賞に向け有力馬もぼちぼち再始動。
 あと新興勢力の台頭にも注目。第19回マーチステークス。

 という訳で、このマーチステークス。ハンデ戦ということもあって何かと荒れやすい一戦なのだが、 エスポワールシチーやテスタマッタといった実績馬が出走して結果を出しているように、ダート路線を占う上でそれなりに役に立っている一戦。

 しかし、今年はこの手の実績馬がほとんどいませんからねぇ。バーディバーディとかメイショウタメトモぐらい。逆に充実しているのが準OP・OP勝ち上がり馬。 今回はこの辺りで勝負するのが妥当でしょう。重賞好走馬が多数出走していた師走S組からタガノロックオン・トーセンアドミラル、金蹄S勝ちのトーセンアレス、 平安S3着のシルクシュナイダーとかさ。あとは、今回前に行く馬が揃っているだけに、前崩れの展開になればサイレントメロディの一発もあるんじゃないでしょうか。

<第19回マーチステークス予想>

◎タガノロックオン
○サイレントメロディ
▲トーセンアレス
△トーセンアドミラル
△シルクシュナイダー
△ナムラタイタン

 もう少しハンデ差があればもう一捻りしたのだがなぁ...

結果

1着サイレントメロディ
2着メイショウタメトモ
3着バーディバーディ
4着トーセンアドミラル
5着ナムラタイタン

タイム:1分51秒0 3F:37.6秒
サイレントメロディ 牡5歳
騎手:後藤浩輝 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:11番1250円
複勝:11番440円、7番3120円、16番530円
枠連:4-6 4190円 馬連:7-11 82840円
馬単:11-7 139630円
3連複:7-11-16 426230円
3連単:11-7-16 2321750円
ワイド:7-11 20330円
    11-16 3480円 7-16 21040円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。サイレントメロディは来たのだが...
 ヒモがこれではなぁ。これをここで狙うのは厳しいですわ。

 でもって、マーチステークスの結果。やはりというかなんというか...荒れるマーチステークスは健在だったようで。 川崎記念2着など、それなりの実績あるメイショウタメトモがケツ人気という妙な状況ではあったが、とにかく、 そのメイショウタメトモが2着に突っ込んできて大波乱。さらに上位人気馬が馬券に絡まなかったこともあって、 馬連8万、馬単で13万、3連単で232万馬券が飛び出すという結果に。

 ただ、馬券自体は荒れたが、レース自体はあまり波乱はなし。アイファーソングがハナを奪いにいこうとしたが、 トーセンアドミラルが積極的に出て行ったこともあって、早々にハナ争いを辞退し2番手からの競馬に。そんなこともあってか、 前半3ハロン通過が36.0秒、1000m通過が1:01.4と極端に速いペースにはならず、どの位置の馬にもチャンスがある展開に。

 で、突っ込んできたのが勝ったサイレントメロディ。前には、好位追走から粘り込みを計るトーセンアドミラル、早めに進出していったバーディバーディがいたが、 これを差しきってゴールへ。そして2着には連れて上がってきたメイショウタメトモが確保。

 しかしなぁ、勝ちは勝ちだがどこまで評価していいのか分からん内容ですな。 まぁ、こういう条件でもきっちり結果出したバーディバーディはそこそこは評価していいんでしょうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。