今週のメインdeパツイチ2012
第55回阪神牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 阪神牝馬ステークス 阪神・芝1400m  4歳上牝オープン(GII) 2012年4月7日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オウケンサクラ 天皇賞秋 4着 相変わらず低迷。大きく変わりそうになく。 - -
2 スプリングサンダー 阪急杯 2着 京都牝馬Sの大敗気掛かりだがこの距離なら。
2 3 エーシンハーバー 長岡京S 1着 前々走ぐらい走ればもう少しやれる。ヒモで。 -
4 キョウワジャンヌ 秋華賞 2着 前走負けすぎも立て直しているなら出番ある。 -
3 5 フォーエバーマーク 桜花賞 5着 秋〜冬の成績が散々。大きく変わらぬ。 - -
6 チャームポット 初音S 1着 詰め甘いが能力そこそこ。重賞でも3着なら。 - -
4 7 フミノイマージン 愛知杯 1着 いい末脚持っている。この相手でも上位に。 -
8 アンシェルブルー 阪神牝馬S 2着 嵌まればいい脚使う。重賞でも大駆け注意。 -
5 9 レディアルバローザ 中山牝馬S 1着 中山牝馬S連覇も展開嵌まった感あって。 - -
10 マルセリーナ 桜花賞 1着 秋の成績イマイチも末脚健在。展開次第で。 -
6 11 カトルズリップス うずしおS 1着 ここにきて良化。ここでも行き切れれば。 -
12 セブンシークィーン 駿風S 1着 一時期ほどの走りはなく。この条件では... - -
7 13 サワヤカラスカル ターコイズS 7着 後方から少し差を詰めるだけ。重賞では。 - -
14 エーシンリターンズ ジュライS 1着 前走案外も一叩きした効果見込めるだけに。
8 15 クィーンズバーン 京都牝馬S 5着 格下だが前々走重賞好走あるだけに侮れず。 -
16 アパパネ ヴィクトリア 1着 牝馬三冠馬が始動。ただ去年秋の成績が... -
17 ゴールドピアース 福山牝馬特別 1着 スピード不足。ここでは歯が立たぬ。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回阪神牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第55回阪神牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話

 今週は3歳牝馬クラシック一冠目・桜花賞がありますが...
 古馬牝馬も忘れちゃいけませんぜ。第55回阪神牝馬ステークス。

 という訳で、この阪神牝馬ステークス。古馬牝馬にとって春の大一番となるヴィクトリアマイルへのステップレース。同じようなステップとしては中山牝馬ステークスがあったりするが、 あっちはハンデ戦だったり芝1800mだったりして、ステップとして参考になるか微妙な一戦だったりするだけにねぇ。メインはこっちでしょう。

 そんなこともあってか、この馬がこの阪神牝馬ステークスで始動しますよ。アパパネ。去年は牡馬相手となるマイラーズC経由でヴィクトリアマイルに挑んで結果を出したが、 今年は去年の成績も考慮したのか、牝馬同士となるここを選択。

 しかしなぁ、条件は楽ではあるが休み明けは動かない傾向にある上に去年秋の成績がイマイチだったことを考慮するとねぇ。牝馬三冠馬といってもそう簡単に推せないんじゃないでしょうか。 ここは別の馬で勝負するのが妥当でしょう。マイルの京都牝馬Sではイマイチだったが芝1400mで巻き返しありそうなスプリングサンダーや、叩き2戦目変わりそうなエーシンリターンズ、 牝馬限定重賞3勝のフミノイマージン、去年秋はちと物足りなかったがGI馬の底力は侮れないマルセリーナとかさ。

<第55回阪神牝馬ステークス予想>

◎スプリングサンダー
○アンシェルブルー
▲エーシンリターンズ
△フミノイマージン
△アパパネ
△マルセリーナ

 あと、この条件で巻き返しありそうなアンシェルブルーにも注意必要ですな。

結果

1着クィーンズバーン
2着マルセリーナ
3着フミノイマージン
4着エーシンリターンズ
5着スプリングサンダー

タイム:1分21秒9 3F:35.5秒
クィーンズバーン 牝4歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・浅見厩舎
単勝:15番5510円
複勝:15番1080円、10番200円、7番240円
枠連:5-8 940円 馬連:10-15 22180円
馬単:15-10 60320円
3連複:7-10-15 44470円
3連単:15-10-7 441470円
ワイド:10-15 5900円
    7-15 5240円 7-10 740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は一応打っているんだが...
 軸はこないし、印打っているといっても薄いところではなぁ。

 でもって、阪神牝馬ステークスの結果。それなりに相手揃った一戦だったが、勝ったのは準オープンの身で格上挑戦してきたクィーンズバーン。 好スタートを決め、その流れのままハナへ。直線に入ったところでは後続に差を詰められ「ここまでか」という場面もあったが、そこから二の脚を使って後続を引き離しそのままゴールへ。

 しかし、やはりというかなんというか...来ませんでしたねぇ、アパパネ。馬体重自体は+8kgと極端には増えていなかったが...やはり休み明けだった感は否めなかったようで。 直線ではほどほどの位置につけていたが、フミノイマージンやエーシンリターンズほどの伸びはなく、前との差を詰めただけで終了。まぁ、「まるでダメ」という訳ではなかったんで、 次はきっちり一変してこれまでのような走りをみせてくれるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。