今週のメインdeパツイチ2012
第23回東京スプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第23回 東京スプリント 大井・ダ1200m  4歳上オープン(JpnIII) 2012年4月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フジノウェーブ スプリング盃 1着 交流重賞好走あるが10歳馬でどこまで。 - -
2 バトルファイター スプリング盃 2着 自己条件なら悪くないが交流重賞だと? - -
2 3 ダイワディライト ウインターSP 3着 前走負けすぎ。この相手ではさすがに辛い。 - -
4 スーニ JBCスプ 1着 前走案外だったが一度使って変われば。 -
3 5 ファイナルスコアー 太秦S 2着 凡走多い。3走前ぐらい走ればいいが... -
6 グランシュヴァリエ JBCクラ 4着 この距離短い。相手関係もかなり厳しくて。 - -
4 7 セイクリムズン 黒船賞 1着 交流重賞なら結構走る。前走ぐらい走れば。
8 スターボード ブラッド賞 1着 中央での成績が今一つ。交流重賞では。 - -
5 9 グランドラッチ クラスターC 2着 多少の末脚あるがよほど展開嵌まらないと。 - -
10 ラインジュエル シンデレラM 4着 あと一押し足りない。嵌まっても入着まで。 - -
6 11 シーズザゴールド 羽田盃 1着 ここ数戦の成績が散々。いい頃の走りは... - -
12 セレスハント 東京スプ 1着 去年の勝ち馬。近走イマイチだが軽視は。
7 13 コアレスピューマ 東京スプ 3着 去年人気薄で好走し穴あける。今年は? -
14 ダイショウジェット オーバルSP 1着 展開さえ嵌まれば上位争いできる。ここでも。
8 15 ナイキマドリード 船橋記念 1着 この条件ならもう少しやれる。ヒモで一考。
16 サマーウインド JBCスプ 1着 実績評価も久々が問題。少し様子見必要。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回東京スプリント枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第23回東京スプリントの展望と予想とヨタ話

 ここを使ってかしわ記念に...という訳ではないようで。
 単なるスプリント交流重賞・第23回東京スプリント。

 という訳で、この東京スプリント。短距離路線から距離延長でかしわ記念に挑むには丁度いいステップレースだったりするのだが、 今年はステップとしてこのレースを使う馬はあまりいないようで。ここに出走している中央勢、かしわ記念には向かわず、 同じGW期間中の交流重賞であるかきつばた記念に向かう馬がほとんど。

 ただ、大きいところを目指さないからといって、出走メンバーが揃わないという訳ではないようで。今回の東京スプリント、 去年のJBCスプリント上位のスーニ・セイクリムズンに、一昨年のJBCスプリント1・2着のサマーウインド・ナイキマドリード 、 2007年のJBCスプリント馬フジノウェーブといったダート短距離路線の実績馬が勢揃い。レースの格自体はJpnIIIだが、実質的にはJpnIといっても過言ではないんじゃないでしょうか。

 まぁ、それはともかく。東京スプリントの予想を。実績的にはスーニがダントツなんだろうけど...前走の黒船賞4着がねぇ。 ここで一変すればいいのだが、今回は様子見するのが妥当なのかもしれませんな。という訳で、中心はセイクリムズンで。中央の重賞では今一つだが、 交流重賞では手堅く結果出していることだし、ここなら十分勝ち負けになるでしょう。

<第23回東京スプリント予想>

◎セイクリムズン
○ダイショウジェット
▲スーニ
△セレスハント
△ナイキマドリード

 で、あとは手堅く実績馬を。

結果

1着セイクリムズン
2着フジノウェーブ
3着スターボード
4着セレスハント
5着ナイキマドリード

タイム:1分10秒5 3F:35.9秒
セイクリムズン 牡6歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・服部厩舎
単勝:7番220円
複勝:7番120円、1番260円、8番370円
枠連:1-4 1190円 馬連:1-7 1990円
枠単:4-1 1960円 馬単:7-1 2720円
3連複:1-7-8 6370円
3連単:7-1-8 23650円
ワイド:1-7 680円
    7-8 640円 1-8 2110円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。セイクリムズンは来たのだが...
 ヒモがなぁ。フジノウェーブは買えなくないけど...

 でもって、東京スプリントの結果。前に行ったスターボード・ナイキマドリードが直線に入ってもかなり粘っていたが、やはり実力差はどうにもならないようで。 中団から伸びてきたセイクリムズンがこれらをねじ伏せ1着でゴール。そして内をついて伸びてきたフジノウェーブが2着を確保。

 しかし、実力があるといっても、こっちはまるでダメでしたな。スーニ。スタートがイマイチで後方からの競馬。勝負所で上がっていくこともなく、 直線に入ってもこれといった伸びもなく、結局、後方のままで終了。前走の黒船賞は負けたにしても多少は脚使っていたんだが... 今回はそういうのがまるでありませんでした。こういう負け方はちょっとねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。