今週のメインdeパツイチ2012
第145回天皇賞春出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第145回 天皇賞(春) 京都・芝3200m  4歳上オープン(GI) 2012年4月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビートブラック 京都大賞典 2着 GI好走ある馬だが最近成績低迷続いて。 - -
2 トウカイトリック ステイヤーズ 3着 10歳だがそこそこ走る。ただGIではさすがに... - -
2 3 ナムラクレセント 天皇賞春 3着 前走の粘り評価。去年ぐらいはやれそうで。 -
4 モンテクリスエス 阪神大賞典 3着 長距離戦得意だが最近は入着が精一杯で。 - -
3 5 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 一昨年の勝ち馬。叩き2戦目で一変あれば。
6 ゴールデンハインド 万葉S 1着 嵌まれば大駆けある馬。大逃げで一発? -
4 7 ユニバーサルバンク 大阪ハンC 1着 一叩きして変わったがこの相手でどこまで? -
8 ギュスターヴクライ 阪神大賞典 1着 前走ああいう形だったが内容は評価でき。 -
5 9 コスモロビン 日経賞 4着 パンチ不足。GIではさすがに厳しい。 - -
10 ケイアイドウソジン ダイヤモンド 1着 前走は控えたのが裏目に?単騎逃げなら。 -
6 11 ウインバリアシオン 日本ダービー 2着 一度使って良化。ただ今回は展開が鍵で。 -
12 クレスコグランド 京都新聞杯 1着 久々の前走まずまず。嵌まれば3着は。 -
7 13 フェイトフルウォー セントライト 1着 GIの成績物足りず。この相手では苦しい。 - -
14 ローズキングダム ジャパンC 1着 去年の成績今一つ。前走多少持ち直したが... - -
15 ヒルノダムール 天皇賞春 1着 去年の勝ち馬。ただ良化具合がイマイチで。 - -
8 16 トーセンジョーダン 天皇賞秋 1着 良績中距離に集中も距離自体はこなせそうで。 -
17 トウカイパラダイス 名古屋城S 1着 連勝は悪くないがこの相手では分が悪く。 - -
18 オルフェーヴル 有馬記念 1着 能力あるが気性が鍵。今回も距離長いだけに... -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第145回天皇賞春枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第145回天皇賞(春)の展望と予想とヨタ話

 3歳クラシック路線に続いて古馬路線もGIシーズン突入。
 国内最長距離のGIで古馬の頂点へ。第145回天皇賞春。

 そんなこんなで、この天皇賞春。比較的長めの距離を使う古馬にとって春の目標となる一戦。今年はドバイに有力馬が多数遠征したこともあって、 去年秋のGIや今年に入ってから行われたGIIで活躍した馬がそこまで参戦してこなかったのだが...まぁ、この馬がいれば十分でしょう。去年の3歳牡馬クラシック三冠馬・オルフェーヴル。

 しかしだ。そのオルフェーヴル。前走の阪神大賞典で派手にやらかしてしまいましたからねぇ。2周目3コーナーでコースを大きく外れ最後方に下がるというハプニング。 一応、そういう致命的な不利があったにも関わらず最後挽回して2着を確保するなど能力の違いを見せつけたりしたが...こういう競馬しちゃうとねぇ。 比較的短めの距離なら大丈夫なのかもしれないが、今回の天皇賞春、前走の阪神大賞典同様長距離戦ですからね。また同じようなことをやらかす可能性も十分あるでしょう。

 で、その辺りを踏まえて天皇賞春の予想を。能力的にはオルフェーヴルだが、前述した問題を抱えているだけねぇ。 オルフェーヴルがコケる可能性を考慮して、ここはトーセンジョーダンで勝負してみましょう。最近は中距離で結果を出しているが、 ジャパンカップやアルゼンチン共和国杯でも好走していることを考えれば、この距離でも十分勝負になる筈。

 で、次点にウインバリアシオン・ジャガーメイル。実績的にはトーセンジョーダンと比べても見劣らないが、 今の京都、前に行った馬が止まらず、差し・追込馬には辛い馬場状態なだけにねぇ。これら2頭は次点止まりでしょう。 あとは、阪神大賞典を評価してギュスターヴクライ・ナムラクレセントを。

<第145回天皇賞春予想>

◎トーセンジョーダン
○ケイアイドウソジン
▲オルフェーヴル
△ギュスターヴクライ
△ジャガーメイル
△ウインバリアシオン

 一発狙うなら逃げ馬。ケイアイドウソジンがダイヤモンドSぐらい走れば...

結果

1着ビートブラック
2着トーセンジョーダン
3着ウインバリアシオン
4着ジャガーメイル
5着ギュスターヴクライ

タイム:3分13秒8 3F:36.5秒
ビートブラック 牡5歳
騎手:石橋脩 厩舎:栗東・中村厩舎
単勝:1番15960円
複勝:1番3720円、16番400円、11番350円
枠連:1-8 3580円 馬連:1-16 61570円
馬単:1-16 208630円
3連複:1-11-16 97140円
3連単:1-16-11 1452520円
ワイド:1-16 8400円
    1-11 8870円 11-16 760円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。狙い所は良かったんだが...
 ビートブラックが逃げて、それで残っちゃうとはなぁ。

 まぁ、そんなこんなで、14番人気のビートブラックが逃げ切って大荒れとなった天皇賞春の詳細を。それなりに行く馬が揃っていたこともあって、 スタート直後はビートブラック・ナムラクレセント・ゴールデンハインドの3頭が出を窺っていたが、ゴールデンハインドが思い切って行ったこともあって、 ゴールデンハインド→ビートブラック→ナムラクレセントの隊列が確定。

 ただ、隊列が確定してもゴールデンハインド・ビートブラックの2頭はペースを落とさず、3番手のナムラクレセントやさらにそこから離れた後方(?)集団を大きく引き離し、大逃げの体勢に。 そんなこんなで、前2頭が飛ばしていったこともあって馬群は縦長になったが...それだけ離して逃げた割には、前半1000m通過が1:00.0、2000m通過が2:01.9。かなり時計の出る今の京都を考慮すると、このラップは比較的緩め。

 で、淀の坂の上りにかけても、坂の下りに差し掛かるところでも、誰もこれを捕らえにいこうとしなかったもんだから、相変わらずこの2頭が後続を大きく引き離し先頭のまま。 この段階でこれだけの差がついてしまうと、後続馬、さすがに厳しいですな。前に行った馬がバテてくれればどうにかなるんだが...結局、大きくバテませんでしたからねぇ。 淀の下りでスパートし単独先頭に立ったビートブラック、上がり自体は36.5秒とそれなりに時計を要したが、これまでの貯金をフルに生かしてそのまま逃げ込んでしまいました。

 しかし、展開云々は確かにあったが...オルフェーヴルの11着というのはちょっとねぇ。前を捕らえられないのは仕方がないとしても、同じような位置にいたウインバリアシオン・ジャガーメイルに全く及ばなかったのは頂けないですな。 とりあえず前走のようなことにはならなかったが、これはこれで問題なんじゃないでしょうか。巻き返しどころか課題が増えた一戦になってしまいましたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。