今週のメインdeパツイチ2012
第14回かきつばた記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 かきつばた記念 名古屋・ダ1400m  4歳上オープン(JpnIII) 2012年5月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サマーウインド JBCスプ 1着 一叩きした効果見込めるが60kgは微妙かも。
2 2 テイエムカゲムシャ NTV盃 7着 2桁着順ばかり。この距離でも一変は... - -
3 3 ナイキハイグレード 羽田盃 1着 いい頃の走り戻ってるなら怖いが...さて? -
4 4 ジーエスライカー さきたま杯 2着 交流重賞で好走有。同型捌ければ出番も。 -
5 5 セイクリムズン 東京スプ 1着 この連勝は評価も時々ポカある馬だけに。 -
6 エーシンクールディ プレリュード 3着 52kgならもう少しやれていい。展開次第で。 -
6 7 トウショウジオン 白銀争覇 3着 あと一押したりない。ここでは入着まで。 - -
8 ニシノコンサフォス 東海クラウン 1着 地元ではまずまずも交流重賞ではもう辛い。 - -
7 9 ダイショウジェット オーバルSP 1着 仕掛け所が問題だが嵌まれば大駆けも。
10 セレスハント 東京スプ 1着 今回55kg&この相手なら展開次第で上位も。 -
8 11 ラブミーチャン JBCスプ 4着 前走案外も52kgなら一変あっていい。
12 コロニアルペガサス 黄梅特別 3着 交流重賞ではサッパリ。ここでは出番なし。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回かきつばた記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第14回かきつばた記念の展望と予想とヨタ話

 出られなかった?それとも出なかっただけ?
 断念かしわ記念、第14回かきつばた記念。

 そんなこんなで、このかきつばた記念。スーニが出なくなったのは残念だが、それを差し引いてもJBCスプリント上位のセイクリムズン・ラブミーチャン・セレスハントに、 一昨年のJBCスプリント勝ち馬サマーウインド、オーバルスプリントを楽勝したダイショウジェットなどかなりの馬が揃った一戦に。単に出られなかっただけなのか、 それとも距離の都合でこっちに回ってきたのかは分からんが、レベル的にはかしわ記念と遜色ない一戦になったんじゃないでしょうか。

 ただ、予想するとなると、ここまでメンバーが揃ったのは逆に厄介。素直にJBCスプリントの順で決まればいいのだが、 今回は大井ではなく名古屋ということもあって、JBCスプリントのように後ろから行った馬が届くか微妙なところだし、別定戦ということでそこそこの斤量差もついていることだしさ。 それなりに入れ替えあっても不思議ではないでしょう。

 とりあえず、セイクリムズンは交流重賞連勝していることだし、ここでも手堅く上位争いしてくれるだろうけど...問題はヒモ。 ここは、ちょっと成績伸び悩み気味だが55kgと斤量面でかなり楽になるセレスハント、同じく52kgと斤量楽になるラブミーチャンで勝負してみましょうか。 ダイショウジェットの54kgも魅力だが...これは展開次第かな。

<第14回かきつばた記念予想>

◎セイクリムズン
○ジーエスライカー
▲セレスハント
△ラブミーチャン
△ダイショウジェット
△サマーウインド

 穴なら交流重賞好走あるジーエスライカー・エーシンクールディ辺りを。

結果

1着セイクリムズン
2着ダイショウジェット
3着ラブミーチャン
4着エーシンクールディ
5着セレスハント

タイム:1分26秒1 3F:38.4秒
セイクリムズン 牡6歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・服部厩舎
単勝:5番130円
複勝:5番100円、9番120円、11番120円
枠連:5-7 170円 馬連:5-9 360円
枠単:5-7 200円 馬単:5-9 450円
3連複:5-9-11 520円
3連単:5-9-11 1640円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。当てたのはいいけれど...
 ダイショウジェットがここまで人気になるとはなぁ。

 でもって、かきつばた記念の結果。こういう人気順になるとは思っていなかったが、とりあえず1〜3番人気がそのまま1〜3着を独占するという順当な決着に。 勝ったのは圧倒的1番人気のセイクリムズン。行こうと思えば行ける馬だが、今回はジーエスライカーやエーシンクールディ、ラブミーチャンが出て行ったもんで4番手からの競馬。 ただ、そこでじっとしてる訳ではなく、勝負所では早々に上がっていき直線入ったところで先頭へ。で、その勢いのまま後続を突き放し完勝。そして2着にはダイショウジェット。 粘り込みを計るラブミーチャンを捕らえ2着に。

 そんなこんなで、勝ったセイクリムズン。これで交流重賞3連勝。スーニの調子が怪しくなった今、そのスーニに代わってダート短距離路線の主役になったと考えてもいいんじゃないでしょうか。 まぁ、別路線から参入してくる馬がいるだけに、どこまでその地位を維持できるかは分からんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。