今週のメインdeパツイチ2012
第57回京王杯スプリングカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 京王杯スプリングカップ 東京・芝1400m  4歳上オープン(GII) 2012年5月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アグネスウイッシュ 山城S 1着 高松宮記念の内容上々も1400mは微妙で。 - -
2 2 サンカルロ 高松宮記念 2着 実績は評価も東京はからっきしダメな馬で。 - -
3 オセアニアボス ダービー卿CT 2着 ここにきて調子上げるも今回相手強くなり。
3 4 レオプライム 心斎橋S 1着 連勝でOP入りも重賞でどこまでやれる? -
5 タマモナイスプレイ CBC賞 3着 最近ケツ争いばかり。出番はなさそうで。 - -
4 6 エーシンホワイティ 春雷S 1着 この距離はなんとかこなす。展開次第で。
7 ヤマカツハクリュウ マイラーズC 4着 前走悪くなく。ここならもう少しやれても。
5 8 ストロングリターン 安田記念 2着 去年の勝ち馬。ただ今回は休み明けで... -
9 シセイカグヤ セプテンバー 1着 2桁着順連発。重賞では荷が重そうで。 - -
6 10 スペシャルハート のぞみ賞 1着 東京は得意も昇級後頭打ちの現状では。 -
11 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 去年ほどの勢いなく。大きく変わらぬ限り。 - -
7 12 サダムパテック 皐月賞 2着 成績尻すぼみ。立て直していればいいのだが... -
13 インプレスウィナー 晩春S 1着 この条件好走多いが重賞となるとさすがに。 -
8 14 グランプリボス NHKマイルC 1着 前走が負けすぎ。実績は評価も一変は... - -
15 サクラゴスペル 雲雀S 1着 前走力の差が出たか。重賞ではちと辛い。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回京王杯スプリングカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第57回京王杯スプリングカップの展望と予想とヨタ話

 牝馬は日曜のヴィクトリアマイルもありますが...
 他の馬はここ経由で安田記念へ。第57回京王杯スプリングC。

 という訳で、この京王杯スプリングカップ。前述している通り、安田記念へのステップ。 ただ、安田記念へのステップではあるが距離が本番と比べ200m短い1400mということもあってか、本番になかなか直結しないのがこの京王杯スプリングカップ。 一応、去年はストロングリターンが安田記念でも2着に入っていたりはするんだが...そういう方が稀だったりするからなぁ。

 まぁ、それはともかく。京王杯スプリングカップの予想を。1400mと比較的短めの距離設定されていることもあってか、 高松宮記念組など比較的短距離路線寄りの馬が集まることが多い一戦。ただ、今年は偏りすぎですな。マイルで結果を出している馬がほとんどおらず。 そんなこんなで、ここは安田記念へのステップというより短距離重賞の一種と考えて予想するのが正解でしょう。

 で、狙うのは芝1400mに実績のある馬。それでもって東京実績があればなお良し、そんなところでしょうか。 重賞でちと頭打ち気味だが神奈川新聞杯・奥多摩Sの快勝を再評価してヤマカツハクリュウ、1400mに良績集中しているオセアニアボスでどうでしょうか。 距離実績ならサンカルロもアリなのだが...東京は極端に成績悪いのがねぇ。実際、去年は9着、一昨年は10着と人気を大きく裏切る結果になっていることだしさ。

<第57回京王杯スプリングカップ予想>

◎ヤマカツハクリュウ
○エーシンホワイティ
▲オセアニアボス
△ストロングリターン
△レオプライム
△サダムパテック

 一発狙うなら末脚強烈なエーシンホワイティを。千四もこなせる馬だしさ。

結果

1着サダムパテック
2着レオプライム
3着インプレスウィナー
4着ストロングリターン
5着ヤマカツハクリュウ

タイム:1分20秒1 3F:34.2秒
サダムパテック 牡4歳
騎手:C.ウィリアムズ 厩舎:栗東・西園厩舎
単勝:12番720円
複勝:12番290円、4番1210円、13番1860円
枠連:3-7 11860円 馬連:4-12 22590円
馬単:12-4 36620円
3連複:4-12-13 327420円
3連単:12-4-13 1794700円
ワイド:4-12 6130円
    12-13 7970円 4-13 12260円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。微妙に印は打ってるんだが...
 軸が来ないのではなぁ。ヤマカツハクリュウ、5着まで。

 でもって、京王杯スプリングカップの結果。先週のNHKマイルカップでカレンブラックヒルが逃げ切り勝ちをしたりしていたが... 「今の東京、差し・追い込みが全く通用しない」という訳ではなかったようで。今回の京王杯スプリングカップ、差し・追込馬が台頭する結果に。 スペシャルハート・タマモナイスプレイといった先行勢も踏ん張っていたが、残り200m過ぎた辺りで前後がごっそり入れ替わることに。 中団から伸びてきたサダムパテックが単独先頭へ。そして馬群を縫って伸びてきたレオプライムがインプレスウィナーを交わし2着に。

 しかしなぁ、勝ったサダムパテック以外の実績馬、散々でしたな。グランプリボスはそれなりに差を詰めての7着だっただけに、多少はマシではあったが... 人気背負ったサンカルロ・ジョーカプチーノは見せ場もなくそれぞれ10・11着ですからねぇ。この辺りは見直し必要な感じですな。 少なくとも、安田記念ではスルーするのが妥当なところでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。