今週のメインdeパツイチ2012
第73回オークス(優駿牝馬)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第73回 オークス(優駿牝馬) 東京・芝2400m  3歳牝オープン(GI) 2012年5月20日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アイムユアーズ 阪神JF 2着 GI好走評価もこの距離こなせるか微妙で。 - -
2 マイネエポナ フェアリーS 2着 やはりスピード足りない。今の東京では。 - -
2 3 アイスフォーリス フローラS 2着 前走2着とはいえ完敗。距離は歓迎だが... -
4 オメガハートランド フラワーC 1着 前走案外。中山専門の差し馬なのかも... - -
3 5 メイショウスザンナ 桜花賞 5着 そこそこは走るがここでは3着までか。 - -
6 ダイワデッセー フローラS 3着 前走は展開嵌まった感有。今回も展開頼み。 -
4 7 ダイワズーム スイートピー 1着 大崩れせぬ。流れに乗れればここでも。
8 ミッドサマーフェア フローラS 1着 前走完勝。この勢いなら桜花賞組相手でも。 -
5 9 ヴィルシーナ 桜花賞 2着 距離延長のここなら逆転も。好位取れれば。 -
10 ハナズゴール チューリップ 1着 前走は展開嵌まらず。ただ今回距離微妙で... -
6 11 チェリーメドゥーサ フェアリーS 5着 前走のビリが問題。巻き返しあればいいが... - -
12 エピセアローム 小倉2歳S 1着 前走が案外。2走ボケならいいのだが、さて? -
7 13 サンシャイン エルフィンS 1着 GIでは足りぬ。距離延長で変わればいいが... - -
14 ジェンティルドンナ 桜花賞 1着 前走の内容上々。流れに乗れれば二冠目も。 -
15 サンキューアスク フラワーC 3着 ちょっと使われすぎ。そこそこは走るが... - -
8 16 キャトルフィーユ 忘れな草賞 1着 時計掛からないと辛い。展開の助け必要。 - -
17 トーセンベニザクラ フェアリーS 1着 前走は馬体減堪えたか。戻しているなら。
18 ココロチラリ スイートピー 2着 ダイワズームに2度完敗。逆転は厳しい。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第73回オークス(優駿牝馬)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第73回オークス(優駿牝馬)の展望と予想とヨタ話

 3歳クラシック路線も2冠目に突入。
 今週は牝馬の出番。第73回オークス(優駿牝馬)

 さて、そんな3歳牝馬クラシック戦線ですが、今年に入ってから勢力図が二転三転。阪神JFを完勝したジョワドヴィーヴルが年明けのチューリップ賞で負け、 さらに桜花賞でも大きな変わり身をみせることもなく6着に敗れることに。で、代わって女王の座についたのがジェンティルドンナ。この馬もチューリップ賞では4着に負けていたりしたが、 こちらは桜花賞できっちり一変。出走馬の中で一歩抜けた最速の上がり34.3秒を叩き出し、完勝することに。

 しかし、そんなジェンティルドンナも順風満帆とはいかないようで。このオークスの最大の課題となる距離についてはそれなりに克服してくれそうなのだが... 主戦の岩田騎手がNHKマイルカップで失格→騎乗停止になり、急遽乗り替わることになったり、うまく内側のコースを取らないと勝ち切れない今の東京で前走のような競馬ができるかどうか微妙だったりと、 結構な問題を抱えていますからねぇ。

 という訳で、ここは桜花賞2着のヴィルシーナの逆転に期待してみましょうか。ジェンティルドンナと比べ前で競馬できるだけに、内側のオイシイところをキープできそうだし、 ペースが緩く「直線でよーいドン」の競馬になっても、クイーンCのようにいい末脚使える馬ですからねぇ。あと前走の桜花賞でアイムユアーズを競り落としているように、並ばれてからシブとい馬だしさ。

 あとは、このヒモ探し。まぁ、能力が能力なだけにジェンティルドンナはきっちりおさえておきましょう。で、これに続く形で、展開が鍵だがいい末脚持ってるミッドサマーフェア、 この馬も好位追走からいい脚を使えるダイワズームを。一発狙うなら、今回東京での開催で前走みたいな輸送減りはなさそうなトーセンベニザクラを。 調教後の馬体重が434kgなだけに大きな馬体回復とはいかないかもしれないが、十分走れる状態で出られるのであれば巻き返しあっていいんじゃないでしょうか。

<第73回オークス(優駿牝馬)予想>

◎ヴィルシーナ
○トーセンベニザクラ
▲ジェンティルドンナ
△ミッドサマーフェア
△ダイワズーム

 あと、穴狙うなら逃げ馬を狙うのもアリかもしれませんな。
 実際、去年・一昨年とピュアブリーゼ・アグネスワルツが来ている訳だし...

結果

1着ジェンティルドンナ
2着ヴィルシーナ
3着アイスフォーリス
4着アイムユアーズ
5着サンキューアスク

タイム:2分23秒6 3F:35.7秒
ジェンティルドンナ 牝3歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:14番560円
複勝:14番200円、9番150円、3番560円
枠連:5-7 740円 馬連:9-14 820円
馬単:14-9 1900円
3連複:3-9-14 6640円
3連単:14-9-3 30610円
ワイド:9-14 380円
    3-14 2620円 3-9 1200円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。結局、桜花賞1・2着での決着でしたなぁ。
 まぁ、この組み合わせでこれだけつけば上々でしょう。

 という訳で、オークスの結果。何だかんだいったが、結局、桜花賞1・2着がオークスでもそのまま1・2着確保してしまいましたなぁ。 勝ったのはジェンティルドンナ。桜花賞に続いてこのオークスも制し牝馬クラシック二冠達成。そして2着には桜花賞2着のヴィルシーナ。 アイスフォーリスにかなり詰め寄られたりしたが、なんとかこれを封じて2着確保。

 レース自体は、これといった逃げ馬がいないこともあって、マイネエポナ・エピセアローム辺りが出て行くことになったが... 今の東京の状況を見越して各馬いいポジションをゲットしようと動いたもんだから、前半1000m通過が0:59.1とかなり澱みのないペースに。

 そういうこともあってか、直線では前に行った馬だけではなく脚を溜めていた馬も台頭することに。 比較的ペースが速いと判断したのか中団までポジションを下げていたヴィルシーナ、そして後方から駒を進めたジェンティルドンナが直線で一気に進出。 先に先頭に立ったのはヴィルシーナだったが、勢いはジェンティルドンナの方が圧倒的に上。結局、ジェンティルドンナがそのまま突き抜け、最終的に5馬身の差をつけ圧勝してしまいました。

 しかしなぁ、ここまで桜花賞組で決まっちゃうとはなぁ。上位2頭だけではなく、桜花賞3着のアイムユアーズも4着確保。逆に、期待されていたフローラS勝ちのミッドサマーフェアは13着という結果に。 まぁ、フローラS2着のアイスフォーリスが3着に入っていたりするだけに、別路線組全体のレベルが低かった訳ではないんだろうけど...ねぇ。桜花賞上位3頭は別格だったと考えるのが妥当なのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。