今週のメインdeパツイチ2012
第62回安田記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第62回 安田記念 東京・芝1600m  3歳上オープン(GI) 2012年6月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダノンヨーヨー マイルCS 2着 前々走ぐらい走れば怖いが一変あるかどうかは... - -
2 ガルボ ダービー卿CT 1着 今回GIだが流れに乗れれば上位争いも。 -
2 3 グランプリボス NHKマイルC 1着 多少良化。そろそろ復活あっていい頃? - -
4 ストロングリターン 安田記念 2着 去年の2着馬。一叩きした効果見込めるだけに。
3 5 ラッキーナイン 香港スプ 1着 マイルはちと長い感あるがGI好走は評価でき。 -
6 スマイルジャック 安田記念 3着 2年連続3着。ただ2桁着順連発の今年は... - -
4 7 サダムパテック 京王杯SC 1着 前走完勝。詰めの甘さ解消されたなら怖い。 -
8 コスモセンサー 東京新聞杯 2着 多少時計掛かれば出番も。馬場渋れば。 -
5 9 フィフスペトル マイルCS 2着 東京イマイチ。近走も冴えない内容では。 - -
10 アパパネ ヴィクトリア 1着 ここ数戦の成績物足りず。去年ほどの期待は... - -
6 11 エイシンアポロン マイルCS 1着 一叩きした効果見込めるが前走負けすぎで。 - -
12 ドナウブルー ヴィクトリア 2着 牡馬相手、そしてGIではさすがに厳しいか。 - -
7 13 シルポート マイラーズC 1着 楽に単騎逃げできる組み合わせ。嵌まれば。 -
14 グロリアスデイズ チャンピオン 2着 前走2着を評価。ここなら勝ち切れていい。
15 リアルインパクト 安田記念 1着 去年の勝ち馬だが前走のビリは頂けない。 - -
8 16 ローズキングダム ジャパンC 1着 近走今一つ。距離短縮で変わればいいが... - -
17 マルセリーナ 桜花賞 1着 いい頃の末脚戻った。今なら牡馬相手でも。
18 ペルーサ 天皇賞秋 2着 相手なり。展開さえ嵌まればGIでも上位に。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第62回安田記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第62回安田記念の展望と予想とヨタ話

 3月末から始まった春のGIもこのレースで一段落。
 春の東京開催、オーラスのGIはこれ。第62回安田記念。

 という訳で、この安田記念。古馬、3歳馬、牝馬、海外馬と多種多様な馬が入り乱れるマイルGI。 去年は長年結果が出なかった3歳馬がついに安田記念を制覇することに。さてさて、今年はどのタイプの馬がこの安田記念を制するのか、注目ですな。

 でもって、今年の安田記念。「去年のリアルインパクトに続け」とばかりに3歳馬が多数参戦...なんてことになれば良かったのだが、今年は3歳馬、不在です。 ただ、その代わりと言ってはアレだが、今年はこの勢力がそれなりに揃っていますからねぇ。海外勢。去年の香港スプリント勝ち馬でセントウルS・スプリンターズSでも好走あるラッキーナイン、 そして前走のチャンピオンズマイルでそのラッキーナインに先着したグロリアスデイズがこの安田記念に参戦。まぁ、GIを何勝もしているような実績馬ではないだけに「傑出馬」とまではいかないのだが... 国内勢がどうもパッとしない今回なら、これら海外勢、主役を担うことも十分可能なんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、予想はこれら海外勢から。中心はグロリアスデイズ。実績的には国内でも海外でも結果出しているラッキーナインにしたいところだが、距離がちと心配ですからね。 今回はこっちで勝負してみましょう。で、あとは去年の2着馬で休み明けの京王杯SCも上々の走りをみせたストロングリターンに、妙に詰め甘いところあるが前走の京王杯SC快勝を評価してサダムパテックを。

 あと、今週も馬場状態には注意。何せ、今週末は雨模様ですからねぇ。ここ数週と全く異なる傾向になってしまう可能性も十分あるでしょう。 まぁ、この辺りは、土曜、当日の結果をみてみない限り何ともいえないのがアレですが...

<第62回安田記念予想>

◎グロリアスデイズ
○ガルボ
▲ストロングリターン
△サダムパテック
△マルセリーナ
△ラッキーナイン

 瞬発力勝負ならマルセリーナもアリだが...これも馬場状態次第だなぁ。

結果

1着ストロングリターン
2着グランプリボス
3着コスモセンサー
4着ダノンヨーヨー
5着ガルボ

タイム:1分31秒3(R) 3F:35.0秒
ストロングリターン 牡6歳
騎手:福永祐一 厩舎:美浦・掘厩舎
単勝:4番670円
複勝:4番250円、3番730円、8番870円
枠連:2-2 8630円 馬連:3-4 8510円
馬単:4-3 13920円
3連複:3-4-8 92530円
3連単:4-3-8 468600円
ワイド:3-4 2670円
    4-8 3150円 3-8 9700円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ストロングリターンは、まぁ、いいでしょう。
 しかし、グランプリボスが来るとはなぁ。変わり時ではあるんだが...

 でもって、安田記念の結果。単勝20倍以下に11頭が犇めくというかなり人気の割れた一戦だったが、結局、勝ったのは1番人気のサダムパテックと人気を分け合った形になった2番人気のストロングリターン。 ただ、2着に13番人気のグランプリボス、3着に15番人気のコスモセンサーが突っ込んできたもんで、3連単が46万馬券と順当というには程遠い結果になってしまいました。

 レース自体は、下馬評通りシルポートが単騎で逃げる展開。ただし、これをリアルインパクト・エイシンアポロン・コスモセンサーがつつきにいった上に、 後続馬が離されないよう追っかけていったもんで、予想されていたような楽な逃げにはならず。何だかんだいって、結局雨もほとんど降らず絶好の馬場コンディションだったこともあって、 前半3ハロン通過が33.8秒とかなりのペースに。

 そんな流れの中、直線で抜けてきたのがストロングリターンとグランプリボス。これまでの東京開催同様内側にいた馬も粘ってはいたが、 今週は外を回った馬もそれなりには通用したようで。外から併せ馬のまま伸びてきたストロングリターンとグランプリボス、 コスモセンサー・リアルインパクトといった先行勢をあっさり交わし先頭へ。そして並んだままゴールへ。

 で、その叩き合いを制したのがストロングリターン。前走はじりじりとしか差を詰められなかったが、一度使った分の上積みがあった今回はきっちり仕事しましたな。 同じく使いつつ上向いてきたグランプリボスにかなり食い下がられたりはしたが、これを振り切り安田記念制覇。まぁ、去年2着に入っているように、 能力的にはGIでも十分勝ち負けになる馬だけに、これくらいはやれていいでしょう。で、2着のグランプリボスも前走でかなり調子戻していましたからねぇ。 さらなる上積みがあったここなら、これくらいはやれてよかったんでしょうな。馬券的にはかなり荒れた一戦だったが、まぁ、来るべき馬が来た、そんな結果だったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。