今週のメインdeパツイチ2012
第17回ユニコーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 ユニコーンステークス 東京・ダ1600m  3歳オープン(GIII) 2012年6月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヴェルティゴ 500万下 1着 前走負けすぎ。やはり1200mじゃないと... - -
2 シンボリエンパイア 500万下 1着 揉まれ弱い?うまく先手取れれば怖いが... -
2 3 タイセイシュバリエ 兵庫CS 2着 前走物足りず。重賞では相手恵まれないと。 - -
4 ストローハット 共同通信杯 4着 共同通信杯4着を評価。ダートも問題なく。 -
3 5 ネオヴァンクル ききょうS 1着 不振続き。ダートでも大きく変わりそうになく。 - -
6 キングブレイク 伏竜S 2着 前走は相手悪かったか。ここなら多少は。 -
4 7 ネクタル 500万下 1着 いい末脚持ってる。東京コースでさらに前進も。
8 オースミイチバン 兵庫CS 1着 圧勝続き。前走より相手揃うがここでも。 -
5 9 ヒシワイルド 葵S 4着 ダートはむしろ歓迎の血統。大駆け注意。
10 ドリームコンサート 500万下 1着 距離延長微妙。同型もそれなりにいるし... - -
6 11 メイスンキャプテン ヒヤシンスS 3着 前2戦イマイチも東京マイルなら巻き返しも。 -
12 メジャーアスリート 全日本2歳 2着 やはりダートの方がいい様子。この条件なら。
7 13 ワイドバッハ 500万下 1着 前走は芝だったがあそこまで大敗すると... - -
14 アンアヴェンジド 500万下 1着 ダートでもまずまず。ただ重賞となると? - -
8 15 サンマルデューク 伏竜S 5着 末脚悪くなく。前崩れの展開なら一発も。 - -
16 レッドクラウディア 昇竜S 1着 OP勝ちは評価も今回相手かなり揃うだけに。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回ユニコーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第17回ユニコーンステークスの展望と予想とヨタ話

 芝のGIは今週で一段落しますが...ダート路線はこれから。
 JDダービーへのステップ。第17回ユニコーンステークス。

 そんなこんなで、前述している通りJDダービーを見据えた一戦となるのがこのユニコーンステークス。 3歳馬にとって初のダート交流重賞となる兵庫チャンピオンシップや、昇竜S・伏竜S・端午Sといったオープン戦で結果を出した馬がJDダービー出走を賭けこのユニコーンステークスで激突。

 ...とはいってみたものの、現状ではこの馬の一強状態なんじゃないでしょうかねぇ。オースミイチバン。未勝利脱出には時間を要したが、 その後、未勝利・500万下と楽勝し、交流重賞の兵庫チャンピオンシップでも他馬を全く寄せ付けず楽勝。でもって、今回は今回で、このオースミイチバンに敵うような馬がいないからなぁ。 伏竜S・端午SとOPを連勝したハタノヴァンクールが出てくれば互角にやりあえたのかもしれないが、いないし。

 という訳で、予想はオースミイチバンから。あとはこのヒモ探し。次点なら兵庫CS2着のタイセイシュバリエとか昇竜S勝ちのレッドクラウディア辺りが実績的には浮上してくるんだが... ここは別路線の馬で勝負してみましょう。芝使ってみたがイマイチでダートに戻ってきたメジャーアスリート・ヒシワイルドとか、ダートの方がいい走りをしたストローハットとかさ。

<第17回ユニコーンステークス予想>

◎オースミイチバン
○ヒシワイルド
▲ストローハット
△メジャーアスリート
△ネクタル

 あと500万下勝ち上がりのネクタル・シンボリエンパイアもアリかな。

結果

1着ストローハット
2着オースミイチバン
3着タイセイシュバリエ
4着ネクタル
5着ワイドバッハ

タイム:1分36秒5 3F:36.8秒
ストローハット 牡3歳
騎手:福永祐一 厩舎:美浦・掘厩舎
単勝:4番320円
複勝:4番150円、8番180円、3番480円
枠連:2-4 510円 馬連:4-8 830円
馬単:4-8 1410円
3連複:3-4-8 6280円
3連単:4-8-3 21210円
ワイド:4-8 370円
    3-4 1450円 3-8 1590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、1番人気の組み合わせでしたか。
 まぁ、その割には馬連で830円ついているし悪くはないでしょう。

 そんなこんなで、前述している通り人気馬同士での決着になったが...オースミイチバンのスタートが悪くなければねぇ。ストローハットがここまで楽勝することもなかっただろうし、 タイセイシュバリエ・ネクタルと際どい勝負することもなかっただろうし。ちょっと勿体ないレースでしたな。

 まぁ、それはともかく。勝ったストローハットも2着のオースミイチバンも能力的には一枚上ということを証明した結果でしたな。 ストローハットは2着との1・3/4馬身の差がそのままの能力の差と考えて良さそうだし、オースミイチバンはスタートが悪かった上に直線で大外を回るロスがありながら2着ですからね。 3歳ダート路線は他にも強力な馬がいるだけにそれらを相手にしてどこまでやれるかはまだ未知数だったりするが、3歳ダート路線を担えるだけの有力馬であることは確実でしょうな。 今後も期待していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。