今週のメインdeパツイチ2012
第29回エプソムカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第29回 エプソムカップ 東京・芝1800m  3歳上オープン(GIII) 2012年6月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 セイクレットレーヴ NHKマイルC 5着 前走よく差を詰める。古馬相手でも好勝負。
2 キングストリート 東京新聞杯 2着 1年近く着外続く。一変は望み薄っぽくて。 - -
2 3 マイネルスターリー 中日新聞杯 5着 ここ数戦が今一つ。この条件では入着まで。 - -
4 アクシオン 札幌記念 2着 2桁着順続く。大きく変わりそうにない。 - -
3 5 レディアルバローザ 中山牝馬S 1着 前2走が物足りず。しかも今回牡馬相手で... - -
6 トーセンレーヴ 洛陽S 1着 前走案外も良績ある東京で巻き返し期待。 -
4 7 トップゾーン 新潟大賞典 5着 大きくは負けていない。縺れれば3着は。 - -
8 メイショウカンパク 福島記念 2着 嵌まれば一発ある馬。馬場渋れば大駆けも。 -
5 9 サンライズベガ 小倉大賞典 1着 間隔開く。ここは次への布石と考えるべきか。 - -
10 ダノンスパシーバ 福島民報杯 2着 末脚まずまずもあと一押し欲しいところ。 - -
6 11 ヤマカツハクリュウ マイラーズC 4着 前2走は評価も今回1800mという距離が鍵。 - -
12 オセアニアボス ダービー卿CT 2着 前2戦展開嵌まらず。もう少しやれていい。 -
7 13 ダイワファルコン 中山金杯 2着 東京でもそこそこは走る。流れに乗れれば。 -
14 ダノンシャーク マイラーズC 2着 末脚はかなりのもの。追込決まる馬場なら。 -
15 モンテエン メイS 3着 東京に良績あり。今回重賞だがここでも。
8 16 レッツゴーキリシマ 関屋記念 1着 実績は認めるが久々すぎ。ここは様子見。 - -
17 シルクアーネスト 湘南S 1着 ここ2戦の内容評価できる。昇級のここでも。
18 レッドデイヴィス 鳴尾記念 1着 手頃な条件。ここなら巻き返しあっていい。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第29回エプソムカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第29回エプソムカップの展望と予想とヨタ話

 今週で春の東京開催も終了。来週から夏競馬スタートです。
 そんな東京開催、締めくくりの一戦・第29回エプソムカップ。

 でもって、このエプソムカップ。時期的には宝塚記念へのステップとなっていい一戦なのだが...どちらかというとサマーシリーズへのステップといった方がいい一戦。 さらに今年はこれまでのサマー2000シリーズに加えサマーマイルシリーズも新設されたこともあって、ますます「プレ・サマーシリーズ」としての色合いが濃くなってしまう始末。

 そんなこんなで、今年のエプソムカップ。前述している通り、サマーシリーズを見据えた一戦なのだが、今年からサマーマイルシリーズが新設されたこともあって、マイル路線から参戦する馬が増加。 さすがに先週の安田記念から連闘で出てくるという馬はいないが、マイラーズCや京王杯SC、ダービー卿CTといった安田記念の前哨戦からは結構な頭数が出走。

 という訳で、予想の方も今年から方針転換。これまではメイSや新潟大賞典組を中心にして組み立てていたが、今年からはマイル路線の馬も重視することに。 マイラーズCはイマイチだったがここで巻き返しありそうなトーセンレーヴ・レッドデイヴィス、3歳馬ではあるがNHKマイルカップ5着評価できるセイクレットレーヴとかさ。 まぁ、トーセンレーヴ・レッドデイヴィスは中距離でも結果出しているだけにマイル路線の馬扱いするのはアレですが...

<第29回エプソムカップ予想>

◎トーセンレーヴ
○オセアニアボス
▲レッドデイヴィス
△セイクレットレーヴ
△シルクアーネスト
△モンテエン

 しかし、このエプソムカップ。結構荒れる一戦でもあるからなぁ。
 馬場が渋ったりするなどして不確定要素が増えると...ねぇ。

結果

1着トーセンレーヴ
2着ダノンシャーク
3着マイネルスターリー
4着セイクレットレーヴ
5着シルクアーネスト

タイム:1分46秒7 3F:35.6秒
トーセンレーヴ 牡4歳
騎手:C.ウィリアムズ 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:6番370円
複勝:6番160円、14番160円、3番1950円
枠連:3-7 480円 馬連:6-14 770円
馬単:6-14 1490円
3連複:3-6-14 43850円
3連単:6-14-3 147390円
ワイド:6-14 330円
    3-6 7040円 3-14 8940円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、1番人気の組み合わせではなぁ。
 これなら3着まで当てたいところだが、この3着を当てるのは...

 そんなこんなで、順当に決まったようで決まらなかったエプソムカップの詳細を。前日までそれなりに雨が降ったこともあって、 朝の段階では重という状態だったが、その後、順調に馬場状態が回復し、エプソムカップを迎える頃には良馬場に。ただ、一雨降った上に土曜に開催が行われたこともあって、傾向は先週までとは一変。 相変わらず時計はそれなりに出る状態ではあったが、内側の馬場が荒れだしたこともあって、先週までのような「逃げ・先行馬有利、内側有利」という時代は終了。

 そういうこともあってか、直線では外を回った馬が台頭する結果に。好位から競馬したトーセンレーヴは外を選択、ダノンシャークは大外とまではいかないが、 トーセンレーヴよりもやや外側を回って進出し、それぞれ1・2着を確保。まぁ、馬場状態が回復していたこともあって、 思い切って内を突いたマイネルスターリーが3着に踏ん張ったりはしていましたが...

 まぁ、それはともかく。勝ったのはトーセンレーヴ。これまでは差しに徹することが多かったが、今回はゲートの出が良かったこともあって好位からの競馬。 その分、引っかかってしまったりしたが、なんとか最後までバテずに走り抜き重賞初制覇。まぁ、重賞でも好走ある馬だけにこの位はやれていいでしょう。 あとは相手が強くなったところでどこまでやれるか...でしょうな。うまく軌道に乗れればGIも視野に入る馬だけに今後の動向が気になるところですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。