今週のメインdeパツイチ2012
第35回帝王賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第35回 帝王賞 大井・ダ2000m  3歳上オープン(JpnI) 2012年6月27日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オオエライジン 兵庫ゴールド 3着 交流重賞でもそれなりに走る。3着なら。 -
2 2 ランフォルセ 川崎記念 2着 大井ならもう少しやれていい。展開次第で。
3 3 トーセンゴライアス 隅田川OP 3着 前走大きく崩れる。今回条件厳しくなるし... - -
4 4 ナイキハイグレード 羽田盃 1着 交流重賞の成績冴えず。ここでは辛いか。 - -
5 トーセンルーチェ 大井記念 1着 ダイオライト記念好走評価。嵌まれば連対も。 -
5 6 ナムラブレット 大井記念 3着 末脚まずまずもこの相手ではさすがに。 - -
7 ゴルトブリッツ アンタレスS 1着 たまに崩れるのが気掛かりもまともなら。 -
6 8 テスタマッタ フェブラリS 1着 能力的には勝ち負けできる馬だが展開が鍵。 -
9 グランシュヴァリエ JBCクラ 4着 交流重賞でたまに好走あるがこの相手では。 - -
7 10 ボク マイルGP 1着 大きく崩れないがここでは力負けしそうで。 - -
11 シビルウォー JBCクラ 3着 ワンパンチ足りない。入着はあるが... -
8 12 ミラクルレジェンド JBCレディ 1着 牡馬相手でも好走あり。流れに乗れれば。
13 エスポワールシチー かしわ記念 1着 大外枠が鍵もこの相手なら。前走の再現も。

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第35回帝王賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第35回帝王賞の展望と予想とヨタ話

 春のGI、中央開催分は先週の宝塚記念で終了しましたが...
 ダート路線はまだ続きます。ダート界の頂点へ。第35回帝王賞。

 ...といってみましたが、スマートファルコン・トランセンドというダート路線の重鎮がまだ戦列に復帰していなかったり、 直前になって南関東の筆頭となるフリオーソが回避したこともあって、「頂上決戦」と言っていいのか微妙な一戦に。 まぁ、フェブラリーS勝ちのテスタマッタ、かしわ記念勝ちのエスポワールシチーがいるだけに、出走馬のレベルは十分JpnIクラスではあるんですけどね。

 でもって、予想の方もテスタマッタ・エスポワールシチーで...といきたいところだが、今回はこの馬が出てきますからねぇ。ゴルトブリッツ。 JpnI自体は500万下勝ち直後に東京大賞典(7着)に出走していたりするが、きちんと実績を積んで大舞台に立つのは今回は初めて。 さらに、去年の東海SやみやこSのようにステップレースでコケるなんてことにはなく、前哨戦となるアンタレスSを完勝してここに出走しているだけにねぇ。 相手は確かに強くなるが前走ぐらい走ればJpnIでもいい勝負できるんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、今回の帝王賞。ここは前述のゴルトブリッツ、そしてかしわ記念を快勝したエスポワールシチーの2頭で勝負してみましょう。 まぁ、テスタマッタも加えて3頭で勝負してもいいのだが、前走のかしわ記念がやや離された3着だったことを考えると、ゴルトブリッツ・エスポワールシチーほど信用はできないんじゃないでしょうかねぇ。 それだったらランフォルセやミラクルレジェンドを推してもいいんじゃないかと。馬券的にも妙味ありそうだし。

<第35回帝王賞予想>

◎ゴルトブリッツ
○ランフォルセ
▲エスポワールシチー
△テスタマッタ
△ミラクルレジェンド

 あと3着ならオオエライジン・トーセンルーチェもアリかもしれませんな。

結果

1着ゴルトブリッツ
2着エスポワールシチー
3着テスタマッタ
4着シビルウォー
5着ミラクルレジェンド

タイム:2分03秒0 3F:36.5秒
ゴルトブリッツ 牡5歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・吉田直厩舎
単勝:7番300円
複勝:7番120円、13番110円、8番120円
枠連:5-8 440円 馬連:7-13 470円
枠単:5-8 730円 馬単:7-13 880円
3連複:7-8-13 390円
3連単:7-13-8 1940円
ワイド:7-13 210円
    7-8 230円 8-13 180円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。1→2着きっちりゲットですよ。
 人気所の決着だったが3連単でこの配当なら上々でしょう。

 でもって、帝王賞の結果。勝ったのは2番人気のゴルトブリッツ。今回積極策に打って出たランフォルセ、いつも通り前に行ったエスポワールシチーに次ぐ3番手からの競馬。 ただ、これらの先行勢、後続を引き離しての逃げという訳ではなかったもんで、馬群は一団のまま。で、結局、直線ではこれら先行勢のエスポワールシチー・ゴルトブリッツに加え、 早め早めに進出してきたテスタマッタ・ミラクルレジェンドの4頭で叩き合うことに。しかし、勢いはゴルトブリッツの方が一枚上。馬群からあっさり抜け出し独走態勢に持ち込み、 最終的に2着に3・1/2馬身の差をつけ完勝。

 で、勝ったゴルトブリッツ。相手が相手だったしもう少し際どい戦いになるかと思ったが...余裕の勝利でしたな。 しかも、エスポワールシチー・テスタマッタが真っ当な競馬をした上でこの着差ですからねぇ。これはスマートファルコン・トランセンド相手でも勝ち負けになるでしょう。 この調子を維持できるのであれば、秋、期待していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。