今週のメインdeパツイチ2012
第48回七夕賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 七夕賞 福島・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2012年7月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゲシュタルト 中日新聞杯 2着 重賞勝てる能力あるも前走が負けすぎで。 - -
2 トップカミング 福島テレビOP 4着 あと一押し足りない。54kgでも入着まで。 - -
2 3 ダイワファルコン 中山金杯 2着 手頃な条件だがハンデ57kgはちと重い? -
4 イケドラゴン 福島テレビOP 6着 2ケタ着順連発。51kgでも出番はナシ。 - -
3 5 トーセンラー きさらぎ賞 1着 立ち直った様子。この相手なら勝ち負けに。
6 アスカクリチャン Gホイップ 1着 前2走大きく負けておらず。ここなら。
4 7 ミキノバンジョー 福島テレビOP 1着 前走は展開嵌まった感否めず。ここでは。 - -
8 アニメイトバイオ 秋華賞 2着 去年の3着馬。ただ近走さっぱりなのが... -
5 9 シンゲン オールカマー 1着 久々。実績は評価するがここは様子見。 - -
10 タッチミーノット 七夕賞 2着 去年の2着馬。今年もこれ位はやれそう。
6 11 ニシノメイゲツ 阿武隈S 1着 重賞ではさすがにキツい。嵌まっても... - -
12 エクスペディション 中日新聞杯 4着 重賞でもそこそこ好走。立ち回り方次第。
7 13 サンライズベガ 新潟記念 2着 一叩きした効果見込めるが目標は次か。 -
14 スマートステージ ディセンバー 2着 現状では入着が精一杯。今のままでは... - -
8 15 トップゾーン 新潟大賞典 5着 前走が負けすぎ。ここでは余程嵌まらぬと。 - -
16 ケイアイドウソジン ダイヤモンド 1着 今回条件厳しく。展開嵌まっても辛いか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回七夕賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第48回七夕賞の展望と予想とヨタ話

 サマースプリントシリーズはもう2戦目に突入していますが...
 こっちはようやく開幕。サマー2000シリーズ一戦目・第48回七夕賞。

 そんなこんなで、ようやく開幕したサマー2000シリーズですが...この七夕賞、条件が典型的な「ローカル場のハンデ重賞」ということもあってか、 サマーシリーズというよりもそっち系の色合いが濃い一戦になりがち。まぁ、サマー2000シリーズ自体がその手の条件で行われることが多いんで、 こうなってしまうのは仕方がなかったりするんですが...

 まぁ、それはともかく。この七夕賞。基本は目黒記念・エプソムカップといった東京開催終盤の重賞を使ってきた馬と福島テレビOP等の夏の福島で好走した馬の争い。 ただ、まともな決着になることが稀な七夕賞だけに、これらの上位馬で手堅く決着...という訳にはいかないのが厄介なところ。重賞での結果が散々だったり、 準OP・OPでワンパンチ足りなかったりした馬が、ここで突然一変して大穴あけるというパターンが過去何度あったことやら。

 そんな厄介な七夕賞ですが...今年は大穴をあけそうな馬が少ないだけにねぇ。人気が割れてそこそこの配当にはなったりするが、それなりに順当に決まるんじゃないでしょうか。 重賞好走馬も揃いっていることだしさ。トーセンラーやタッチミーノット、ダイワファルコンといった重賞好走馬中心で手堅くまとめてしまっていいのかもしれませんな。

<第48回七夕賞予想>

◎タッチミーノット
○アスカクリチャン
▲トーセンラー
△ダイワファルコン
△エクスペディション

 大駆けがあるとすれば「近走散々な実績馬が復活」パターンなのだが...
 どの馬も変わりそうにないのがなぁ。シンゲンとかアニメイトバイオとかさ。

結果

1着アスカクリチャン
2着トーセンラー
3着ミキノバンジョー
4着ケイアイドウソジン
5着ニシノメイゲツ

タイム:2分01秒1 3F:36.6秒
アスカクリチャン 牡5歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・須貝尚厩舎
単勝:6番5440円
複勝:6番970円、5番200円、7番610円
枠連:3-3 13220円 馬連:5-6 16450円
馬単:6-5 39270円
3連複:5-6-7 67180円
3連単:6-5-7 591030円
ワイド:5-6 3520円
    6-7 10110円 5-7 1970円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!いやぁ、アスカクリチャン来ましたな。
 にしても、ここまで人気がないとはなぁ。14番人気って...

 でもって、七夕賞の結果。今年は順当に決まるかと思っていたのだが...きっちり(?)荒れましたなぁ。勝ったのは前述している通り14番人気のアスカクリチャン。 道中は中団よりやや前のポジションをキープし、直線では外に持ち出し、逃げ粘るミキノバンジョー・ケイアイドウソジンを捕らえ先頭へ。 ゴール直前に1番人気のトーセンラーに突っ込まれ、並んだままのゴールとなったが、この追撃をなんとかハナ差凌いでアスカクリチャンが1着に。

 で、勝ったアスカクリチャン。休み明けだったり、勝ち鞍がマイルに集中していてこの距離こなせるか微妙な面があったりして、14番人気という低評価だったが、 紅葉Sやゴールデンホイップトロフィーで重賞好走ある馬相手に互角の戦いをしたり、京都金杯で勝ち馬と0.3秒差、そしてサダムパテックとハナ差の争いをしていることを考えれば、これくらいはやれてよかったんでしょうな。 これとは逆にサッパリだったのが2番人気のタッチミーノット。勝ったアスカクリチャンの外というポジションを確保していたが、勝負所で上がっていけないなり、 直線に入ってもこれといった末脚を使うことも出来ず、そのまま馬群に沈むことに。まぁ、走る走らないがある馬だけに、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。