今週のメインdeパツイチ2012
第14回小倉サマージャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 小倉サマージャンプ 小倉・芝3390m  3歳上オープン(J.GIII) 2012年7月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヴァンダライズ 障・オープン 1着 前走3着以下を引き離しての勝利。重賞でも。
2 2 エルチョコレート 三木ホースJ 3着 嵌まって入着までの馬。多くは望めぬ。 - -
3 3 テイエムハリアー 京都ジャンプ 1着 立ち直った様子。前走ぐらい走れば上位に。
4 ウィルビーキング 阪神ジャンプ 9着 昇級してからの成績が散々。暫く様子見か。 - -
4 5 エムエスワールド 京都ハイJ 1着 62kgはちと微妙も大きく崩れないだけに。 -
6 ヒカリアライブ 阪神スプJ 3着 同型の出方が問題。斤量は楽になるが... - -
5 7 ボストンリョウマ 障・オープン 10着 昇級戦がサッパリ。もう少し時間かかるか。 - -
8 ノボリデューク 障・未勝利 1着 未勝利の内容悪くなく。昇級でも嵌まれば。 -
6 9 ランヘランバ 京都ジャンプ 1着 一昨年の勝ち馬だがその当時の勢いは? - -
10 レーガン 障・未勝利 1着 同型強力。前走みたいな競馬できそうになく。 - -
7 11 マサライト 障・オープン 1着 前走負けすぎ。一叩きするがどこまで変わる? - -
12 ローレルレヴァータ 障・未勝利 1着 未勝利快勝を再評価。今回58kgだし嵌まれば。
8 13 フサイチアソート 障・オープン 3着 展開頼み。前が止まる流れなら怖いが... -
14 ドングラシアス 中山大障害 3着 休み明けの前走まずまず。叩き2戦目なら。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回小倉サマージャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第14回小倉サマージャンプの展望と予想とヨタ話

 大障害行かない馬はここでもう秋シーズン開幕?
 思いの外ハイレベルになる一戦・第14回小倉サマージャンプ。

 という訳で、この小倉サマージャンプ。ジャンプ界の秋の大一番といえば暮れの中山大障害だったりするのだが...その特殊な大障害コースを嫌って中山大障害には向かわず、 阪神ジャンプS・東京ハイジャンプ・京都ジャンプSといった辺りで一稼ぎを目論む馬がいたりするのが今のジャンプ界。

 で、その手の馬の秋(?)初戦となるのがこの小倉サマージャンプ。ここで弾みをつけて、新潟ジャンプSや阪神ジャンプSへというのがありがちなパターン。 実際、去年はドングラシアス、一昨年はランヘランバと結果出していることだしさ。

 でもって、今年も前述したドングラシアス・ランヘランバがこの小倉サマージャンプで始動してきたこともあり、予想もこの馬中心で...といいたいところだが、 今年は11月〜3月の冬シーズンで結果を出した馬がこっちに出てきているだけにねぇ。テイエムハリアーとかエムエスワールドとかさ。今回はこっちを中心にして勝負してみましょうか。

 あとは、未勝利・オープンで結果を出して重賞戦線に加わったにも注意必要でしょう。未勝利・オープンと連勝したヴァンダライズとか未勝利戦を楽勝したローレルレヴァータとかさ。 今回相手揃っているが、一応それなりの斤量差もあることだし、多少はどうにかなるんじゃないでしょうか。

<第14回小倉サマージャンプ予想>

◎テイエムハリアー
○ノボリデューク
▲ヴァンダライズ
△ドングラシアス
△ローレルレヴァータ
△エムエスワールド

 近走成績で評価するならエムエスワールドがダントツなのだが、62kgが...

結果

1着エムエスワールド
2着テイエムハリアー
3着マサライト
4着フサイチアソート
5着ノボリデューク

タイム:3分40秒9 3F:40.2秒
エムエスワールド 牡9歳
騎手:高田潤 厩舎:栗東・湯窪厩舎
単勝:5番550円
複勝:5番180円、3番160円、11番620円
枠連:3-4 640円 馬連:3-5 750円
馬単:5-3 1720円
3連複:3-5-11 8080円
3連単:5-3-11 32170円
ワイド:3-5 360円
    5-11 2130円 3-11 1630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、無難な結果でしたな。
 しかし、62kgで勝っちゃうとはなぁ。エムエスワールド。

 という訳で、前述している通りエムエスワールドが勝った小倉サマージャンプの詳細を。道中はヒカリアライブが逃げ、それをテイエムハリアーがマークする形で追走し先頭集団を形成。 そしてこの先行2頭から少し離れた3番手に勝ったエムエスワールド。途中で早々にテイエムハリアーがハナを奪取し、そのまま押し切るかの勢いだったが...結局、テイエムハリアーも勝負所で上がっていったエムエスワールドには敵わず、 直線で交わされ2着まで。

 そんなこんなで、上位2頭はどちらも重賞勝ち馬という順当な結果に。しかし、この2頭以外は結構荒れ気味。テイエムハリアー・エムエスワールドと人気を分け合ったヴァンダライズは落馬してしまうし、 実績的には通用していい筈のドングラシアス・ランヘランバは見せ場もなく掲示板にすら乗れなかったりするし。一変あればいいのだが、このままズルズルいきそうな気もするだけにねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。