今週のメインdeパツイチ2012
第48回小倉記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 小倉記念 小倉・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2012年8月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 セイカアレグロ 福島テレビOP 5着 前走同様48kgだが前走以上を望むのは酷か。 - -
2 2 ワルキューレ 関ヶ原S 2着 エリ女6着があったりする馬。復調したなら。 -
3 3 ミキノバンジョー 七夕賞 3着 前2走は評価も今回条件一気に変わって。 - -
4 4 ダノンバラード 皐月賞 3着 どこでも相手なり。準OPは勝ったが重賞だと? -
5 5 トーセンラー きさらぎ賞 1着 調子戻った様子。ただ今回も展開が鍵で。 -
6 アスカクリチャン 七夕賞 1着 前走フロック視できぬ。ここも展開次第で。
6 7 ニシノメイゲツ 阿武隈S 1着 時計掛かる馬場希望。時計出る今の小倉は... - -
8 エーシンジーライン 小倉大賞典 1着 楽に行かせると粘る。さらに得意の小倉で。 -
7 9 タムロスカイ 都大路S 4着 大きく崩れぬ。小倉好走多いのも○で。
10 エクスペディション 中日新聞杯 4着 一度使った効果見込める。一変あれば。
8 11 ナリタクリスタル 新潟記念 1着 去年ほどの勢いなく。58kgも微妙で。 - -
12 ゲシュタルト 中日新聞杯 2着 大きく離されなかったがいい頃の走りには... - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回小倉記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第48回小倉記念の展望と予想とヨタ話

 今週から8月。夏競馬も折り返し地点に来ましたが...
 サマー2000シリーズも折り返し地点に到達。第48回小倉記念。

 という訳で、この小倉記念。サマー2000シリーズ3戦目。函館記念組もちらほらいたりするが、七夕賞からさらなるポイントの上積みを目論み出走してくる馬がほとんど。 で、この辺りは今年も変わらない様子。アスカクリチャン・トーセンラー・ミキノバンジョー・ニシノメイゲツといった七夕賞上位馬がまるっとこの小倉記念に参戦。

 となれば、予想もこれらの馬中心で...となるところだが、条件が結構変わっているだけにねぇ。ローカル場のハンデ重賞というのはこの小倉記念も七夕賞も一緒なのだが、 七夕賞は福島開催の末期ということでそれなりに時計の掛かる馬場状態で行われるのに対し、小倉記念は開催が始まって間もないこともあってかなり時計の出る馬場状態で行われたりしますからねぇ。 シリーズの一環とはいえ、なかなか結果が結びつかないのがこの小倉記念。

 しかし、今年の七夕賞上位のアスカクリチャン・トーセンラー、時計の出る馬場でも結果を出せる馬ですからね。七夕賞に続いてここも、なんてことは十分に有り得るんじゃないでしょうか。 そんなこんなで、今回の小倉記念、この2頭を中心にして勝負してみましょう。実績的にはダノンバラードも通用していいのだが...この馬はどこでも「相手なり」ですからねぇ。 さすがに準オープンまで来ると能力の違いで押し切ってしまったりするが、この条件だとまた甘くなってしまうんじゃないでしょうか。

<第48回小倉記念予想>

◎アスカクリチャン
○エーシンジーライン
▲トーセンラー
△エクスペディション
△タムロスカイ
△ダノンバラード

 小倉大賞典ぐらい走ればエーシンジーラインも怖いが...仕上がり次第かな。

結果

1着エクスペディション
2着トーセンラー
3着ナリタクリスタル
4着ダノンバラード
5着ゲシュタルト

タイム:1分57秒3 3F:34.9秒
エクスペディション 牡5歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:10番790円
複勝:10番250円、5番140円、11番560円
枠連:5-7 790円 馬連:5-10 1440円
馬単:10-5 3520円
3連複:5-10-11 12030円
3連単:10-5-11 66670円
ワイド:5-10 610円
    10-11 2950円 5-11 1760円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。▲○での的中だがこの配当ならまずまず。
 でも、3着のナリタクリスタルはさすがに厳しいですわ。

 でもって、小倉記念の結果。前述しているように、3着に9番人気のナリタクリスタルが入ったもんで、 3連複・3連単はやや荒れ気味だったがそこ以外は人気馬が無難に上位を占める結果に。勝ったのはエクスペディション。 道中は中団からの競馬だったが、ペースが落ち着いて馬群が一団となったところで前との差を詰め好位を確保。 直線では、馬群を縫って進出してきたトーセンラー、外を回って一気に伸びてきたナリタクリスタルがいたが、この馬もしっかりとした足取りで伸び、 これらの馬の追撃を楽に振り切ってゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったエクスペディション。前走の七夕賞では休み明けや時計を要する馬場ということもあってか、力を出し切れず8着という結果に終わったが、 今回は時計の出る馬場、そして得意の小倉ということできっちり一変。しかしなぁ、トーセンラーやダノンバラードといった重賞好走馬を2・1/2馬身突き放して完勝してしまうとはねぇ。 これだけやれるのであれば、GIでも案外通用したりするんじゃないでしょうか。まぁ、この強さは小倉限定のものかもしれませんが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。