今週のメインdeパツイチ2012
第17回クラスターカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 クラスターカップ 盛岡・ダ1200m  3歳上オープン(JpnIII) 2012年8月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タイセイレジェンド 北海道SC 2着 前走より条件楽に。逆転あってもいい。 -
2 2 セレスハント 北海道SC 1着 前走が案外もこの条件なら巻き返し濃厚。 -
3 3 サマーウインド JBCスプ 1着 徐々に良化しているがやはりハンデ60kgが... - -
4 4 スーパーワシントン 岩鷲賞 3着 地元の成績まずまずも交流重賞となると? - -
5 5 トウホクビジン サマーカップ 4着 交流重賞で大敗続く。一時期ほどは走らぬ。 - -
6 トーセンクロス 川崎スプ 1着 展開が鍵だが嵌まればいい末脚使う。穴で。
6 7 スターボード 東京スプ 3着 前々走ぐらい走れば通用。あとは展開次第で。
8 ガブリン 北海道SC 2着 前走長期休養明けとはいえ負けすぎ。様子見。 - -
7 9 ヒカルジョディー 早池峰賞 1着 地元の成績評価。この相手なら3着はある。
10 リアルフリーダム 岩鷲賞 5着 展開嵌まってようやく入着程度。ここでは... - -
8 11 ブリーズフレイバー ゆりかもめOP 1着 交流重賞の成績今一つだがこの組み合わせなら。 -
12 アイルラヴァゲイン JBCスプ 5着 一時期ほどの勢いはないが大崩れないだけに。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回クラスターカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第17回クラスターカップの展望と予想とヨタ話

 週のド真ん中ですがお盆の交流重賞シリーズスタート。
 そんなシリーズ一発目、第17回クラスターカップ。

 そんなこんなで、このクラスターカップ。交流重賞では貴重なダート1200mの重賞だったりするのだが、翌日にダート1400mの交流重賞・サマーチャンピオンが組まれていることもあってか、 そっちとこっちで有力馬が分散し、どうも今一つメンバー揃わないのがこのクラスターカップ。まぁ、今年は、サマーチャンピオンのJRA所属馬枠が埋まりきらなかった(出走枠4頭に登録3頭)ように、単にメンバーが足りてなかっただけだったりしますけどね。

 で、そんな今年のクラスターカップ。前述しているような理由もあってか、中央勢がどうもイマイチ。一応、JBCスプリント馬サマーウインドがいたりするが... JBCスプリント勝ち後スランプに陥りそこからまだ抜け出せていない状態ですからねぇ。とりあえず、中央勢で推せるのは北海道SC1・2着のセレスハント・タイセイレジェンドぐらいでしょう。

 という訳で、予想もこのセレスハント・タイセイレジェンドの2頭でいいでしょう。あとはその順序。北海道SCを完勝、さらに他の重賞勝ちもある点を考慮すればセレスハントがダントツだったりするが、 この馬、走る走らないがある馬ですからね。ここはタイセイレジェンドの逆転に期待するのもアリなんじゃないでしょうか。斤量も前走より2kg軽くなる54kgだし、楽に先手取れる組み合わせだしさ。

<第17回クラスターカップ予想>

◎タイセイレジェンド
○スターボード
▲セレスハント
△トーセンクロス
△ヒカルジョディー

 穴なら妙に充実している南関東勢を。展開さえ嵌まれば...

結果

1着タイセイレジェンド
2着セレスハント
3着アイルラヴァゲイン
4着スターボード
5着トウホクビジン

タイム:1分09秒2 3F:35.2秒
出走取消:6番
タイセイレジェンド 牡5歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:1番190円
複勝:1番100円、2番110円、12番190円
枠連:1-2 150円 馬連:1-2 140円
馬単:1-2 290円
3連複:1-2-12 800円
3連単:1-2-12 2040円
ワイド:1-2 110円
    1-12 410円 2-12 470円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、順当なところですけどね。
 できれば3着まできっちり当てたかったが...ちと及ばず。

 でもって、マーキュリーカップの結果。外からスタートを決めたアイルラヴァゲイン・ブリーズフレイバーが出て行く場面もあったが、やはりハナを奪ったのはタイセイレジェンド。 その後、スターボードもこれに並ぼうとしたりしたが、結局、ハナはタイセイレジェンドのまま。

 そんなこんなで、タイセイレジェンドが終始先頭のまま直線に。外を回って人気を分け合う形になったセレスハントも差を詰めてきたが、差を詰めたのはちょっとの間だけ。 先頭に立っていたタイセイレジェンド、直線で追い出すと後続との差を一方的に広げ独走態勢に。最終的には2着のセレスハントに6馬身の差をつけ楽勝してしまいました。

 しかしなぁ、ここまで差がついてしまうとは。タイセイレジェンドが終始マイペースで駒を進められたのは確かだが、この着差、そしてこのタイムで勝ったのは素直に評価するしかないでしょう。 あとはこの走りを安定して出せるようになればいいのだが...この辺りは展開次第だったりするんですかねぇ。やっぱり。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。