今週のメインdeパツイチ2012
第32回小倉2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第32回 小倉2歳ステークス 小倉・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2012年9月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スマートアレンジ ダ千0:58.0 1着 ダートで圧勝もダート専門っぽいだけに。 - -
2 テイエムシングン フェニックス 4着 未勝利勝ちの時計悪くないが前走今一つで... - -
2 3 メジャーミノル 芝千二1:09.0 1着 新馬戦多少展開嵌まった感有。ここだと? -
4 エピカ 芝千二1:09.4 1着 新馬でクロフネサプライズらを破る。侮れず。
3 5 マイネルエテルネル 芝千二1:08.8 1着 新馬戦楽勝を評価。時計もなかなかで。
6 クラウンレガーロ 芝千二1:09.5 1着 新馬戦完勝。ただ重賞ではもう一押し欲しい。 - -
4 7 クロフネサプライズ 芝千二1:08.2 1着 未勝利勝ちのタイムを評価。これ位走れば。
8 ジェネクラージュ 芝千二1:08.7 1着 新馬・未勝利物足りぬも前崩れの展開なら... -
5 9 エーシンセノーテ フェニックス 1着 OP戦完勝も相手関係楽だった感あるだけに。 -
10 ラヴァーズポイント 芝千二1:09.2 1着 新馬戦完勝。だが重賞で相手強くなって。 - -
6 11 マイネヴァイザー 芝千二1:08.6 1着 未勝利脱出に時間を要すも手堅く走るだけに。 -
12 ピンゾロ 芝千二1:10.0 1着 平凡。展開嵌まらないとここでは厳しいか。 - -
7 13 メイショウユウダチ ダ千二1:12.4 1着 ダートの新馬で圧勝。ただ芝は微妙な感じで。 - -
14 マルシゲサムライ フェニックス 3着 前走差のある3着。ここではもう一押し必要。 - -
8 15 スイートドーナッツ 芝千二1:10.2 1着 他と比較すると地味。重賞では辛いか。 - -
16 ケイアイウィルゴー 芝千二1:11.0 1着 パンチ不足。この条件では分が悪そうで。 - -
17 トルークマクト 函館2歳S 6着 スピードは見劣りしないはず。ハナ奪取すれば。

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第32回小倉2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法:芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第32回小倉2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 前日の札幌2歳Sほどではないがそこそこ活躍馬を輩出する一戦。
 短距離路線のスター目指し2歳馬始動!第32回小倉2歳ステークス。

 そんなこんなで、この小倉2歳ステークス。他の2歳重賞は開幕時期が前倒しになったりステップとなるOP戦が変更されてたりするが、 小倉シリーズは大きな変更はなく平穏。阪神や中京など使い出しが早かった馬が何頭かいるぐらいですな。

 でもって、小倉2歳ステークスの予想。今年は全般的に時計が出やすい馬場状態だったこともあって、 新馬の段階でも芝千二で1分8秒台の決着になったりしたが...まぁ、それだけ。好時計出した馬やいい勝ちっぷりした馬を中心に勝負するのはいつも通り。

 で、中心に持ってきたのはマイネルエテルネル。新馬戦ではハナを奪って逃げ、直線でバテることもなくそのまま後続を置き去りにして完勝。 時計も1:08.8と上々。同型の出方が鍵だったりするが、ハナにこだわなくても好位確保すれば新馬のような競馬ができるんじゃないでしょうか。 あとは、無難にフェニックス賞組からエーシンセノーテ、未勝利ではあるが1:08.2という勝ちタイムがあるクロフネサプライズ辺りを狙ってみましょうか。

<第32回小倉2歳ステークス予想>

◎マイネルエテルネル
○ジェネクラージュ
▲クロフネサプライズ
△エーシンセノーテ
△トルークマクト
△エピカ

 一発狙うなら前崩れ期待で差し・追込馬を。ジェネクラージュとかさ。

結果

1着マイネルエテルネル
2着クラウンレガーロ
3着ラヴァーズポイント
4着エーシンセノーテ
5着スイートドーナッツ

タイム:1分07秒9 3F:35.2秒
マイネルエテルネル 牡2歳
騎手:和田竜二 厩舎:栗東・西園厩舎
単勝:5番360円
複勝:5番180円、6番470円、10番410円
枠連:3-3 3580円 馬連:5-6 3540円
馬単:5-6 5310円
3連複:5-6-10 25340円
3連単:5-6-10 103020円
ワイド:5-6 1360円
    5-10 1240円 6-10 4820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。◎マイネルエテルネルはズバリだったんだが...
 ヒモがどうもイマイチでアウト。この組み合わせはちと辛い。

 そんなこんなで、小倉2歳ステークスの結果。それなりに先行馬が揃っていたこともあって、前半3ハロン通過が32.7秒と時計の出る今の小倉を考慮してもかなり速めのペースに。 ここまでペースが速いと直線が短い小倉でも差しが決まるのは、まぁ、仕方がないところ。直線では前に行った人気のエーシンセノーテが粘ってはいたが、結局、後ろから来た馬にまとめて交わされて終了。

 で、そんな差し馬勢の中から抜けてきたのが勝ったマイネルエテルネル。新馬戦では逃げてそのまま楽勝という形だったが、今回はハナには拘らず中団からの競馬。 そして4コーナーで捲って進出。その4コーナーで内にいたクラウンレガーロが一足先に抜け出してはいたが、これを猛追しなんとか差し切って1着に。

 しかし、いろいろ縺れた上でこの結果ですからね。勝ったマイネルエテルネルや僅差の2着のクラウンレガーロは一応評価するが... 展開次第では他の馬の台頭もあったレースだっただけにねぇ。前に行った組で残ったエーシンセノーテとかもまだ見限れないでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。