今週のメインdeパツイチ2012
第23回オーバルスプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第23回 オーバルスプリント 浦和・ダ1400m  3歳上オープン(交流重賞) 2012年9月13日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スエズ 白嶺S 1着 叩いて良化。流れにさえ乗れれば重賞でも。 -
2 2 ケイアイライジン 報知GPカップ 1着 ぼちぼち走るようになる。重賞でも入着なら。 - -
3 3 デュアルスウォード 京葉S 1着 嵌まればいい脚使うがこのコースでどこまで? -
4 4 トーセンピングス さきたま杯 4着 前走のビリが気掛かり。一変あればいいが... -
5 5 チュニジアンブルー 二十四万石賞 2着 前走が負けすぎ。この相手ではさすがに。 - -
6 トーセンアレス 金蹄S 1着 能力は重賞でも通用も距離と展開が鍵で。
6 7 トウホクビジン クラスターC 5着 近走上々も重賞ではちと足りない様子で。 - -
8 ピエールタイガー サンタアニタ 1着 勢い止まるが能力的には上位狙えていい。
7 9 アースサウンド BSN賞 3着 前走でスランプ脱出?展開利あればここも。
10 ダイショウジェット オーバルSP 1着 去年完勝。久々だが仕上がっていれば。
8 11 シーアクロス サマーCh 4着 交流重賞で入着もかなり差のある内容で。 - -
12 イーグルビスティー 大高坂賞 2着 交流重賞では全くいいところなし。厳しい。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回オーバルスプリント枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第23回オーバルスプリントの展望と予想とヨタ話

 スプリンターズSに向け盛り上がる短距離路線ですが...
 こっちの短距離路線にも注目。第23回オーバルスプリント。

 という訳で、このオーバルスプリント。来月の南部杯、そしてJBCスプリントへと続くダートの短距離〜マイル路線へのステップとなる一戦。 ただ...他に東京盃やNTV盃といった有力馬が多数出走するステップがあるだけに、どうも盛り上がりに欠ける一戦になりがち。

 でもって、今年のオーバルスプリントもワンパンチ足りないメンバー構成に。一応、去年このレースを圧勝したダイショウジェットがいるが...今回休養明けですからね。多少減点は必要でしょう。 他に期待するにしても、残りの中央勢は今のところOP止まりの馬だし、地元勢はそれなりに実績ある馬揃っているが...トーセンピングスとかピエールタイガーとかケイアイライジンとか、 前走がどれもイマイチだったのではねぇ。

 まぁ、それはそれとして。オーバルスプリントの予想を。きっちり仕上がっていればダイショウジェットの連覇もあっていいのだが、前述しているように休み明けですからね。 ここはスエズで勝負してみましょうか。前に行った馬が有利な浦和コースなだけに、この枠からうまく好位確保できれば押し切りあっていいでしょう。あとはダイショウジェット、 そしてこの浦和コースで仕掛け所が問題だが能力的には重賞でも通用していいトーセンアレスを。

<第23回オーバルスプリント予想>

◎スエズ
○アースサウンド
▲ダイショウジェット
△トーセンアレス
△ピエールタイガー

 いい時の走り戻ったならアースサウンドもアリだが...どうでしょ?

結果

1着アースサウンド
2着トーセンアレス
3着デュアルスウォード
4着ダイショウジェット
5着スエズ

タイム:1分28秒0 3F:40.1秒
アースサウンド 牝5歳
騎手:後藤浩輝 厩舎:美浦・和田正道厩舎
単勝:9番400円
複勝:9番200円、6番460円、3番240円
枠連:5-7 1430円 馬連:6-9 2760円
枠単:7-5 2120円 馬単:9-6 4750円
3連複:3-6-9 4170円
3連単:9-6-3 21750円
ワイド:6-9 850円
    3-9 470円 3-6 1190円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!穴予想◎▲△でまずまずの配当ゲット。
 ただ、穴予想なのに◎が2番人気ってのはどうなのかと...

 まぁ、それはともかく。オーバルスプリントの結果。好位から競馬したアースサウンドがなんとか押し切って勝ったりしているが、基本的には前崩れの展開でしたな。 ハナにこだわる馬もおらず、比較的落ち着いた流れになるかと思いきや、比較的外目の枠を引いたピエールタイガー・アースサウンドがいいポジションゲットしようと積極的に出て行ったもんで、なかなかのペースに。

 そんなこんなで、道中オーバーペース気味になったこともあって、直線では差し・追込勢の台頭を招くことに。前に行った馬が有利な浦和コースだったり能力差だったりがあったしたもんで、 最終的にはアースサウンドがハナ差これらの馬の台頭を凌いではいるが、大外を回って突っ込んできたトーセンアレス、馬群を縫って伸びてきたデュアルスウォードが上位を確保することに。

 しかし、こういう流れだったにも関わらず勝ちきってしまったのは十分評価できるんじゃないでしょうか。アースサウンド。 相手関係云々があるだけに、この勝利がそのまま秋のGIに繋がるかというと微妙なところだが...まぁ、「一時期のスランプから脱出した」という点は評価してもいいでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。