今週のメインdeパツイチ2012
第66回セントライト記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第66回 セントライト記念 中山・芝2200m  3歳オープン(GII) 2012年9月17日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ベストディール 京成杯 1着 京成杯快勝は評価も間隔開いたのが問題で。 -
2 スカイディグニティ 500万下 1着 一押し足りない。ここでは多くは望めぬ。 - -
2 3 カナロア 瓢湖特別 1着 下級条件とはいえ快勝は一応評価。嵌まれば。 - -
4 フジマサエンペラー 毎日杯 4着 重賞の成績芳しくなく。一叩きしても... - -
3 5 ニューダイナスティ 佐渡特別 1着 京都新聞杯が問題。ただハナならチャンスも? -
6 エキストラエンド 京都新聞杯 3着 前走は位置取りの差。まだ見限れぬ。
4 7 クリールカイザー ラジオNIKKEI 5着 重賞ではちと足りない。大幅な上積みないと... - -
8 エタンダール 青葉賞 2着 そこそこは走ってる。この相手なら上位も。
5 9 アートサハラ JDダービー 3着 前走悪くないが芝の重賞ではさすがに。 - -
10 ソルレヴァンテ 弥生賞 4着 前走案外。弥生賞ぐらい走ればいいが。 - -
6 11 ボーイフレンド 藻岩山特別 3着 1000万下で足踏み。重賞では厳しいか。 - -
12 フェノーメノ 日本ダービー 2着 実績ダントツ。まともなら楽勝していい筈。 -
7 13 サンレイレーザー 白百合S 4着 時計出る馬場ならそれなりに。3着穴で。 -
14 ラニカイツヨシ 有松特別 1着 脚の使い所難しい。ここでは展開頼み。 -
8 15 ダノンジェラート 500万下 1着 久々を快勝。今回重賞だが即通用していい。
16 コスモワイルド オパールC 1着 スピード不足。芝の重賞ではさすがに。 - -
17 アーデント 弥生賞 3着 ラジオNIKKEI賞が負けすぎ。ここは様子見。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第66回セントライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第66回セントライト記念の展望と予想とヨタ話

 こっちは3歳牡馬クラシック三冠目・菊花賞へのTR。
 今年は新興勢力の台頭濃厚?第66回セントライト記念。

 そんなこんなで、このセントライト記念。裏の阪神では秋華賞トライアル・ローズSが行われていますが、こっちもトライアルですよ。菊花賞トライアル。 ただ、向こうには春の二冠1・2着馬が揃って出走という本番さながらのトライアルなのに対し、こっちは例年通り(?)緩いメンバー同士による微妙なトライアルだったりしますけどね。

 まぁ、そんなトライアルとして機能しているのか微妙な一戦だったりするこのセントライト記念ですが...今年の3歳牡馬クラシック戦線、秋に入ってかなり荒れてきてますからねぇ。 ダービー馬ディーププリランテは遠征帰りということもあってか、ステップを使わす菊花賞へ直行する予定になっちゃったし、皐月賞・ダービーで上位に入ったワールドエース・トーセンホマレボシは故障で戦線離脱しちゃったし。 この状態なら、このセントライト記念で上位確保するぐらいの馬でも案外何とかなっちゃうかもしれませんな。

 ただ、上位確保するにしても、この馬を相手にして勝つなり好勝負しないとねぇ。ダービーでハナ差の2着だったフェノーメノ。 今回休み明けだったり結果出せていない中山コースだったりとそれなりのハンデがあったりするが、絶対的な能力差というものがありますからね。 このフェノーメノ相手に他の馬がどこまでやれるか、それが今回のセントライト記念の見所でしょうな。

 でもって、セントライト記念の予想。予想自体は無難すぎるがフェノーメノ流しでいいでしょう。あとはこの相手探し。 ダービー好走したトーセンホマレボシを破ったこともあるエキストラエンドとか、500万下勝ちとはいえ休み明けで完勝評価できるダノンジェラート辺りを拾って、 仕上がり状況を見てからベストディールを入れるかどうか決める、そんなところでしょうか。

<第66回セントライト記念予想>

◎フェノーメノ
○ニューダイナスティ
▲ダノンジェラート
△エキストラエンド
△エタンダール
△ベストディール

 あと、ニューダイナスティの逃げに期待するのもアリかもなぁ。
 バカみたいに時計の出る馬場なんだし、そのまま押し切りも...

結果

1着フェノーメノ
2着スカイディグニティ
3着ダノンジェラート
4着エタンダール
5着ラニカイツヨシ

タイム:2分10秒8 3F:34.7秒
フェノーメノ 牡3歳
騎手:蛯名正義 厩舎:美浦・戸田厩舎
単勝:12番200円
複勝:12番130円、2番1140円、15番270円
枠連:1-6 880円 馬連:2-12 9100円
馬単:12-2 11880円
3連複:2-12-15 26910円
3連単:12-2-15 137500円
ワイド:2-12 2350円
    12-15 470円 2-15 8700円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。狙いは悪くなかったんだが...
 スカイディグニティはちょっとなぁ。ここでは買えないッス。

 そんなこんなで、ヒモが人気薄だったもんで一波乱あったセントライト記念だったが、その2着のスカイディグニティを除けばかなり無難な決着。 勝ったのは抜けた1番人気だったフェノーメノ。そして例のスカイディグニティが入り、その後に4・5番人気のダノンジェラート・エタンダールが続く形に。

 レース自体は、大方の予想通りニューダイナスティが逃げる展開。ただ、これにソルレヴァンテもこれに絡んだこともあって「すんなりハナ」にはならず。 そんなこんなで、ハナ争いがあったりしたのだが...前半1000m通過が1:00.2とペースそのものは速くならず。

 となると、あとは「直線での瞬発力勝負」となるのがいつものパターンだが、今回はペースが緩いことを見越してか各馬早め早めにプレッシャーをかけにいく展開に。 人気背負ったフェノーメノ、最初は中団よりやや前の位置につけていたが、3〜4コーナーの段階で逃げた2頭の後ろの位置まで進出。他の馬もこの勝負所でマクって進出。

 そんなこんなで、直線入ったところでは各馬横一線に並ぶような形になったが...まぁ、能力が一枚上でしたな。フェノーメノ。直線に入って追い出すと、 後続をあっさり突き放して独走態勢に。最後、スカイディグニティが突っ込んできたりしたが、これを軽く振りきってゴールへ。

 という訳で、勝ったフェノーメノ。きっちり仕事しましたな。今の3歳牡馬クラシック戦線の面子を考慮すれば、現段階でこれだけやれればもう十分でしょう。 あとは、もう一つのトライアルである神戸新聞杯の結果を待つのみ、といったところでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。