今週のメインdeパツイチ2012
第63回毎日王冠出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第63回 毎日王冠 東京・芝1800m  3歳上オープン(GII) 2012年10月7日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シルポート マイラーズC 1着 開幕週の馬場なら逃げ切りも?注意必要。 -
2 フェデラリスト 中山記念 1着 前走負けすぎも立て直していれば勝ち負けに。 -
2 3 ダノンヨーヨー 安田記念 4着 凡走も多いが嵌まればそれなりに走る馬で。 - -
4 カレンブラックヒル NHKマイルC 1着 NHKマイルC圧勝も展開嵌まった感あるだけに。
3 5 サンライズプリンス NZトロフィー 1着 長期休養明けを一度使うが大きくは変わらぬ。 - -
6 ネオサクセス ダービー卿CT 3着 末脚は相変わらずだが展開に左右される馬で。
4 7 ジャスタウェイ アーリントン 1着 展開向けばもう少しはやれる馬。ここでも。
8 タッチミーノット 新潟記念 2着 重賞好走あるがGIIでは物足りない結果続いて。 - -
5 9 エイシンアポロン マイルCS 1着 休み明けは問題ない馬だが春2戦の大敗が... - -
10 リアルインパクト 安田記念 1着 物足りない競馬続く。今回も様子見が妥当か。 - -
6 11 ダノンシャーク マイラーズC 2着 末脚は堅実。ただ開幕週の馬場で突っ込める? - -
12 ストロングリターン 安田記念 1着 東京マイルに良績有。ただし休み明けは?で。 -
7 13 エイシンフラッシュ 有馬記念 2着 春2戦は度外視していいかも。改めて。 -
14 スマイルジャック 京成杯AH 2着 今回手頃な条件に。有力馬がコケれば一発も。 -
8 15 グランプリボス NHKマイルC 1着 良化に時間かかるタイプ?いきなりは辛いか。 - -
16 トーセンレーヴ エプソムC 1着 ようやく重賞制覇。この相手でも十分通用。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第63回毎日王冠枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第63回毎日王冠の展望と予想とヨタ話

 天皇賞秋やマイルCS、ジャパンC等に向け有力馬始動!
 いざ、秋のGIへ。第63回毎日王冠。

 という訳で、この毎日王冠。前述している通り、天皇賞秋やマイルCS、ジャパンCといった秋のGIに向けての一戦なのだが、距離が1800mということもあって、 どちらかというとマイル〜中距離路線の馬が多数出走してくるのがこの毎日王冠。今年も安田記念やNHKマイルカップを使った馬が秋の大一番目指しここで始動!

 そんなこんなで、予想も安田記念・NHKマイルカップ組中心で...といきたいところだが、今年の春の東京開催は色々展開的な有利不利があっただけにねぇ。 その結果を鵜呑みにする訳にはいかないでしょう。まぁ、この東京開催も春同様の傾向が出てしまうのであるならこの限りではないんですが。

 で、今回の毎日王冠。中心は安田記念を勝ったストロングリターンでもなく、NHKマイルカップを勝ったカレンブラックヒルでもなく、エプソムカップを勝ったトーセンレーヴでいってみましょうか。 3歳クラシック戦線ではそれなりに期待されていた馬。ダービーでは馬場や距離の影響もあったのか9着と振るわなかったが、路線をマイル〜中距離に絞ったところ、アイルランドT・洛陽SといったOPを快勝しエプソムカップも制覇。 今回休み明けだし、相手強化されるここでどこまでやれるか未知数な面あるが、いい頃の走りができるなら勝ち負けになるんじゃないでしょうか。

<第63回毎日王冠予想>

◎トーセンレーヴ
○シルポート
▲フェデラリスト
△ジャスタウェイ
△カレンブラックヒル
△ネオサクセス

 あとは手堅く実績馬を。開幕週だしシルポートの逃げ残りも怖いところだが...

結果

1着カレンブラックヒル
2着ジャスタウェイ
3着タッチミーノット
4着リアルインパクト
5着ダノンシャーク

タイム:1分45秒0 3F:35.4秒
カレンブラックヒル 牡3歳
騎手:秋山真一郎 厩舎:栗東・平田厩舎
単勝:4番350円
複勝:4番190円、7番1170円、8番620円
枠連:2-4 3700円 馬連:4-7 12640円
馬単:4-7 14650円
3連複:4-7-8 71770円
3連単:4-7-8 328820円
ワイド:4-7 3670円
    4-8 1930円 7-8 8940円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだがなぁ。
 軸選びに失敗してアウト。いい配当になったのに...

 そんなこんなで、1番人気のカレンブラックヒルが順当に1着を確保するもかなり荒れた毎日王冠の結果を。 レースの主導権を握ったのはやはりシルポート。で、これに続く形でカレンブラックヒルが追走...となるところだったが、 抑えきれなくなったグランプリボスがカレンブラックヒルを交わしシルポートに迫る勢いで進出。一応、ハナはシルポートが死守したが... 競り合ったこともあって3番手以下を引き離して逃げる形に。そして、馬群もかなり縦長に。

 となれば、オーバーペースで先行馬総崩れという展開になっても不思議ではなかったが、まぁ、そこは東京開幕週。 前半3ハロン通過が34.5秒、1000m通過が0:57.8というペースだったにも関わらず、グランプリボス・カレンブラックヒル・リアルインパクトといった先行勢が軒並み34秒台の脚を使ってごっそり残ってしまう始末。 まぁ、33秒台の脚を使ったジャスタウェイ・タッチミーノットが突っ込んできたりはしたが、結局、3番手追走していたカレンブラックヒルが上がり3ハロンを34.3秒でまとめて後続を一蹴。

 で、勝ったカレンブラックヒル。前に行く馬がいたりはしたが、基本的にはNHKマイルカップと同じような競馬をして結果を出した、そんな内容でしたな。 休み明け以外にも、斤量の恩恵が少なくなったり距離が200m延長されたりという不安材料があったが、この辺りは杞憂でしたな。 これだけやれるのであれば、秋のGIでもいい勝負できるでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。