今週のメインdeパツイチ2012
第47回京都大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 京都大賞典 京都・芝2400m  3歳上オープン(GII) 2012年10月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミッキーペトラ 青函S 1着 成績両極端。走るパターンなら重賞でも注意。
2 2 マルカボルト レインボーS 1着 今回同型多く。前走のようにいけばいいが... - -
3 3 レックスパレード 松戸特別 1着 芝もそこそこは走りそうだが重賞となると... -
4 フミノイマージン 札幌記念 1着 牡馬一蹴した前走評価。この相手ならここも。 -
4 5 マカニビスティー 天皇賞春 4着 一叩きした効果見込める。一変あれば多少は。 -
6 ギュスターヴクライ 阪神大賞典 1着 今回相手関係楽。あとは仕上がり次第か。
5 7 コスモラピュタ 天の川S 1着 前走の大敗が気掛かり。ここは様子見が妥当。 - -
8 ローズキングダム ジャパンC 1着 去年の勝ち馬だが今年春の成績散々なだけに。 - -
6 9 オウケンブルースリ AR共和国杯 2着 再びスランプに。一息入れるが変わる? - -
10 ビートブラック 天皇賞春 1着 相手も条件も手頃だがここは去年の2着並み。
7 11 グラスゴッド ジューンS 1着 切れ味足りない。時計掛からないと... - -
12 ヒラボクビクトリー 500万下 1着 今回相手緩いが1000万下の身ではさすがに。 -
8 13 フォゲッタブル 京都大賞典 5着 多少マシにはなるが相変わらず不振。一変は。 - -
14 メイショウカンパク 新潟大賞典 3着 前走は展開の差。この相手ならそれなりには。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回京都大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第47回京都大賞典の展望と予想とヨタ話

 天皇賞秋、ジャパンカップに向け有力馬始動!
 といいたいところだが...ねぇ。第47回京都大賞典。

 というのも、ここ数年、頭数だけではなく出走馬のレベルも微妙だったりしますからねぇ。これまでの京都大賞典だったら、 頭数は少ないもののGIで活躍する馬が何頭か出走してきて盛り上がるのだが...最近はこの手の馬もあまり出て来なくなっちゃってますからねぇ。

 で、今年の京都大賞典。頭数こそ14頭とそれなりに揃ったが、GI馬といえば近走イマイチな競馬続くローズキングダム・ビートブラックぐらいでかなり物足りず。 さらに、この穴を埋めるような重賞勝ち馬や夏の上がり馬がいればいいのだが、この手の馬も手薄ですからねぇ。秋のGIへのステップと言うには、なかなか厳しい一戦になってしまいました。

 まぁ、それはそれとして、京都大賞典の予想。こういうメンバー構成なだけに、ここは阪神大賞典勝ちのギュスターヴクライと札幌記念勝ちのフミノイマージンで手堅く決まってしまうんじゃないでしょうか。 条件戦を勝ち上がった新興勢力もその条件戦で勝ったり負けたりが結構あった馬ばかりで、重賞で通用するかどうか微妙だしさ。

<第47回京都大賞典予想>

◎ギュスターヴクライ
○ミッキーペトラ
▲フミノイマージン
△メイショウカンパク

 ほどほどにオッズが割れてくれれば馬券的には悪くないのだが...さて?

結果

1着メイショウカンパク
2着オウケンブルースリ
3着ギュスターヴクライ
4着フミノイマージン
5着フォゲッタブル

タイム:2分23秒4 3F:35.3秒
出走取消:10番
メイショウカンパク 牡5歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・荒川厩舎
単勝:14番1840円
複勝:14番350円、9番460円、6番140円
枠連:6-8 7890円 馬連:9-14 15750円
馬単:14-9 33880円
3連複:6-9-14 11380円
3連単:14-9-6 128790円
ワイド:9-14 3210円
    6-14 800円 6-9 960円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。2着がオウケンブルースリではなぁ。
 印打ったギュスターヴクライ・フミノイマージンも来てはいたが...

 でもって、京都大賞典の結果。それなりに順当に決着すると思っていたが、結構荒れちゃいましたねぇ。勝ったのは5番人気のメイショウカンパク、 そして2着に7番人気のオウケンブルースリが入って馬連15750円、3連単は12万馬券と波乱の決着に。一応、その後に2番人気のギュスターヴクライ、1番人気のフミノイマージンが僅差で続いていたりはするんで、 「人気馬総崩れ」という訳ではないんですけどね...

 まぁ、それはともかく。勝ったのはメイショウカンパク。道中は後ろにマカニビスティーがいるだけというほぼ最後方からの競馬。ペース自体はレックスパレードが積極的に出ていったもんで、 前半3ハロン通過が34.8秒、1000m通過が0:59.5とそれなりの速さに。そんなこともあってか、直線では差し・追込馬も台頭してる展開に。好位追走からに早め先頭に立っていたギュスターヴクライがいたが、 これをメイショウカンパク、外から差して先頭へ。あとは食い下がるオウケンブルースリを振り切ってゴールへ。

 しかしなぁ、元々のメンバーがメンバーだっただけに、この結果がGIに繋がるかというと微妙なところ。アルゼンチン共和国杯ならアリなんだけど、ジャパンカップや有馬記念となるとさすがにねぇ。 オウケンブルースリやフォゲッタブル、ローズキングダムといったGI実績馬が復調してきたのは評価するが、この辺りもGIとなるとさすがにねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。