今週のメインdeパツイチ2012
第14回東京ハイジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 東京ハイジャンプ 東京・芝3110m  3歳上オープン(J.GII) 2012年10月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シャイニーブラック 障・オープン 4着 多少は通用するようになるも重賞となると。 - -
2 2 ビービースカット 東京ジャンプ 2着 前走馬体重大幅減。立て直していればいいが。 -
3 3 マジェスティバイオ 中山GJ 1着 大障害でなくても大丈夫。あとは仕上がり次第。 -
4 スナークスペイン 障・オープン 1着 嵌まればかなり走る馬で。重賞でも注意。
4 5 ティアップブレイズ 障・オープン 1着 前走僅差も3着以下を離しての勝利。侮れず。
6 マサノブルース 東京ジャンプ 2着 この条件妙に走る。前走今一つも一変警戒。 -
5 7 シゲルジュウヤク 新潟ジャンプ 1着 大きく崩れぬ。だが今回相手強化されて... -
8 デンコウオクトパス 東京ジャンプ 1着 前2走の逃げバテ気掛かり。今回同型いるし... - -
6 9 トーセンオーパス 中山GJ 4着 後方から差を詰めるだけ。展開嵌まらないと。 - -
10 ナリタシャトル 阪神ジャンプ 2着 前走2着は評価でき。今回相手揃うが軽視は。 -
7 11 ボンジュールヒカリ 障・オープン 3着 嵌まってなんとか入着までの馬。ここでは。 - -
12 ヴァンダライズ 障・オープン 1着 落馬が気掛かり。後遺症でなければいいが。 - -
8 13 アグネスラナップ 阪神スプJ 2着 前走大敗も東京ならそれなりにはやれる。
14 バシケーン 中山大障害 1着 調子戻しつつあるがこの条件はさすがに辛く。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回東京ハイジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第14回東京ハイジャンプの展望と予想とヨタ話

 ここからが勝負?それともここまでが勝負?
 運命の分かれ道。第14回東京ハイジャンプ。

 という訳で、この東京ハイジャンプ。夏場の小倉サマージャンプ辺りから重賞が一段落するこの辺りまで使ってくる馬と、 ここら辺りから使い出して中山大障害に向かう馬が混ざり合うのがこの東京ハイジャンプ。まぁ、中山大障害があまりにも特化しすぎているために、 後者の中山大障害に向かう馬はペガサスJSや平地を使って直行するパターンが多く、ここには出て来なかったりするんですが...

 そんなこんなで、中心は夏場の小倉サマージャンプ辺りから使ってきた馬になるのだが...今年はこの馬がいますからね。中山大障害・中山グランドジャンプ勝ち馬マジェスティバイオ。 実績が大障害コースだけならスルーしても構わないんだが、何せ、去年の東京ハイジャンプ勝ち馬でもあるだけにねぇ。勝ち負けになっても不思議ではないでしょう。

 ってなもんで、今回の東京ハイジャンプ。中心はこのマジェスティバイオでいいんじゃないでしょうか。阪神ジャンプステークスを勝ったテイエムハリアーとか、 小倉サマージャンプを勝ったエムエスワールドがいればちょっと考えたのだが...今回、いませんからね。今回休み明けだが、十分勝てるんじゃないでしょうか。 あとは重賞実績馬やオープン勝ちある馬を拾っていけば、まぁ、大丈夫でしょう。

<第14回東京ハイジャンプ予想>

◎マジェスティバイオ
○マサノブルース
▲シゲルジュウヤク
△アグネスラナップ
△スナークスペイン
△ティアップブレイズ

 穴なら凡走多いが東京は妙に走るマサノブルースを。

結果

1着デンコウオクトパス
2着ナリタシャトル
3着シゲルジュウヤク
4着トーセンオーパス
5着ヴァンダライズ

タイム:3分27秒1(R) 3F:38.8秒
デンコウオクトパス 牡5歳
騎手:西谷誠 厩舎:栗東・坂口正則厩舎
単勝:8番520円
複勝:8番190円、10番300円、7番240円
枠連:5-6 1190円 馬連:8-10 2310円
馬単:8-10 4470円
3連複:7-8-10 4140円
3連単:8-10-7 22040円
ワイド:8-10 750円
    7-8 600円 7-10 990円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。一応、人気所で決まったのだが...
 軸馬が来ないのではダメですな。9着ではねぇ。

 でもって、東京ハイジャンプの結果。前述している通り、2〜4番人気が上位を独占するという順当な結果に終わったが...1番人気のマジェスティバイオは9着に敗退。 勝ったのは2番人気のデンコウオクトパス。中盤まではシゲルジュウヤク・スナークスペインらを先に行かせ好位からの競馬だったが、1周目の直線でポジションを押し上げ先頭へ。 最後は一旦抜いたシゲルジュウヤクに盛り返される場面もあったが、なんとかこれを交わし再び先頭へ。そして、差を詰めてきたナリタシャトルをなんとか振り切って先頭でゴールへ。

 しかし、いいところありませんでしたなぁ。マジェスティバイオ。位置取りが後ろ過ぎたり、直線入るところでカラ馬に絡まれたりとかそういうのはあったが、 それを考慮しても9着というのはかなり微妙な結果。まぁ、目標はこの後だろうし、ここはあくまでステップという位置付けだったのかもしれんが...次、一変あるんでしょうかねぇ?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。