今週のメインdeパツイチ2012
第15回富士ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第15回 富士ステークス 東京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2012年10月20日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダンツホウテイ 新潟大賞典 2着 GIIIなら通用も今回それなりに相手揃って。 - -
2 セイクレットレーヴ NZトロフィー 2着 春の成績上々。この条件ならいきなりでも。
2 3 ゴールスキー ポートS 2着 かなり復調した様子。今回手頃な条件で。 -
4 ツクバホクトオー ダービー卿CT 4着 ここでは前2走のようにはいかぬ。厳しい。 - -
3 5 サトノタイガー 秋風S 1着 前走準OPだが内容悪くなく。重賞でも。 -
6 ダローネガ 小倉日経OP 1着 立ち直った?本調子に戻ったなら重賞でも。 -
4 7 ダンスフォーウィン ニューイヤー 8着 OPの成績散々。ここは出てきただけ。 - -
8 コスモセンサー 安田記念 3着 ジリ傾向。上がりかかれば上位あるが... - -
5 9 ガルボ ダービー卿CT 1着 この条件大きく崩れぬ。手堅く上位確保。
10 ファイナルフォーム ラジオNIKKEI 1着 能力は高い。悪い癖出なければここも。
6 11 ヒットジャポット 東京新聞杯 3着 前2走が案外。今回休み明けだし様子見。 - -
12 モルトグランデ シルクロード 3着 距離よりも休み明けが問題。ここは様子見。 - -
7 13 ダノンヨーヨー 安田記念 4着 前走より条件楽に。あとは展開次第か。 -
14 スマイルジャック 京成杯AH 2着 前走案外。大駆けあっていい条件だが... - -
15 フラガラッハ 中京記念 1着 連勝評価も展開か鍵。差し切れる? -
8 16 ミキノバンジョー 七夕賞 3着 大きく崩れないがさすがに重賞となると。 - -
17 スピリタス 京成杯AH 3着 詰め甘い。ここでも上位は狙えるが... - -
18 クラレント NHKマイルC 3着 一叩きした効果見込める。一変期待。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第15回富士ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第15回富士ステークスの展望と予想とヨタ話

 クラシックで盛り上がる昨今ですがマイル路線も大詰め。
 マイルCSへのステップ。第15回富士ステークス。

 そんなこんなで、前述しているようにマイルCSへのステップとなるのが富士ステークス。しかし、有力所は天皇賞秋や毎日王冠、 スワンSからマイルCSに向かうこともあって、手頃な条件の一戦ではあるが思ったほど有力馬が出てこないのがこの富士ステークス。

 で、今年も相変わらずそんな感じ。コスモセンサー、ダノンヨーヨー、ガルボといった安田記念3〜5着馬、NHKマイルカップ3着のクラレントに5着のセイクレットレーヴ、 マイルGIで好走あるゴールスキー、スマイルジャックとそれなりのGI実績を持っている馬がいるが...「それなり止まり」の馬しかいないのが、いかにも富士ステークスな感じ。 重賞勝ち馬にしても、どの馬もGIII止まりだったりするしさ。

 そんなこんなで、ある意味「いつも通り」な富士ステークスだが、この馬はちょっとマークしておいた方がいいかもしれませんな。ファイナルフォーム。 実績自体はラジオNIKKEI賞勝ちというなんとも微妙なものだったりするが、そのラジオNIKKEI賞がかなり強い勝ち方だっただけにねぇ。能力はかなりのものを秘めているんじゃないでしょうか。 まぁ、何かと悪いクセがあったりするもんで、その能力をどこまで出せるかは分からんが...

<第15回富士ステークス予想>

◎ファイナルフォーム
○サトノタイガー
▲セイクレットレーヴ
△ガルボ
△フラガラッハ
△ゴールスキー

 それ以外は、そこそこの馬をそこそこ拾っていけばいいんじゃね?

結果

1着クラレント
2着ファイナルフォーム
3着ヒットジャポット
4着ダローネガ
5着スピリタス

タイム:1分32秒4 3F:34.8秒
クラレント 牡3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・橋口厩舎
単勝:18番1100円
複勝:18番420円、10番330円、11番1050円
枠連:5-8 960円 馬連:10-18 4990円
馬単:18-10 9420円
3連複:10-11-18 95330円
3連単:18-10-11 468140円
ワイド:10-18 2250円
    11-18 8530円 10-11 4760円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。○△でこの配当なら悪くないが...
 もう少しズバっと当てられんもんかねぇ。

 でもって、富士ステークスの結果。1番人気のコスモセンサーがハナを主張して単騎逃げ。そういうこともあってか、前半3ハロン通過が34.4秒、1000m通過が0:57.6と、 かなり時計は出たが...今の東京、かなり時計が出る状態みたいで、この程度のペースでは極端な前崩れの展開にはならず。結局、中団から早め早めに前を捕らえにいったクラレント・ファイナルフォーム辺りが上位を独占する結果に。

 しかし、うまく流れに乗った感はあるが、ここで勝てたのは大きいんじゃないでしょうか。クラレント。デイリー杯2歳S以降の成績が芳しくなく、 早熟と判断されても仕方がないような状態であったが...ひと夏越えてからこの結果ですからね。単に、時計の掛かる馬場が苦手だったり距離が合わなくて負け続けていた、 そう考えるのが妥当だったんでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。