今週のメインdeパツイチ2012
第17回ファンタジーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 ファンタジーステークス 京都・芝1400m  2歳牝オープン(GIII) 2012年11月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ストークアンドレイ 函館2歳S 1着 重賞勝ちは評価も内容は微妙。ここだと? - -
2 2 マイネチャーム 芝千四1:24.1 1着 新馬戦完勝も展開嵌まった感あるだけに。 - -
3 ローガンサファイア ききょうS 2着 上位は狙えるが1着を期待するのは酷っぽく。 - -
3 4 ディアマイベイビー 芝千六1:33.6 1着 詰め甘い。重賞ではさすがに荷が重いか。 - -
5 エピカ 小倉2歳S 14着 小倉2歳Sが負けすぎ。この条件ではさすがに... - -
4 6 エーシンセノーテ フェニックス 1着 スピードは評価でき。楽に行ければ押し切りも。
7 メイショウガンツ 芝千四1:22.7 1着 そこそこは走る馬だがこの相手となると... -
5 8 タガノミューチャン サフラン賞 1着 評価し辛い馬。重賞では展開嵌まらないと... - -
9 アメージングムーン 芝千二1:09.5 1着 新馬は後の函館2歳S2着馬相手に好走。注意。
6 10 ノボリディアーナ 芝千四1:22.1 1着 追い出してからの伸び評価。重賞でも注意。
11 モーニングコール りんどう賞 4着 ワンパンチ足りず。重賞では厳しいようで。 - -
7 12 プリンセスジャック ききょうS 1着 差は僅差だがこの連勝評価でき。ここでも。 -
13 サウンドリアーナ 新潟2歳S 3着 前走も着順の割には差が小さく。展開次第で。
8 14 ローブティサージュ 芝千八1:53.2 1着 新馬の勝ちっぷり評価。重賞でも即通用。
15 メイケイペガムーン 中京2歳S 3着 中京2歳Sのレベルが?で。試される一戦。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回ファンタジーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法:芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第17回ファンタジーステークスの展望と予想とヨタ話

 アルテミスSが新設され唯一のステップではなくなったが...
 相変わらずこっちが主流?第17回ファンタジーステークス。

 という訳で、今年のファンタジーステークス。前述しているように、アルテミスステークスが新設されたこともあって有力馬がそっちとこっちで分散する形に... になるかと思いきや、今年はまだ様子見なのか実績馬はこっちに集中。まぁ、実績といっても2歳馬のこの段階での実績なだけに、 どこまでアテになるか分からんところですが。

 まぁ、それはともかく。ファンタジーステークスの予想を。オープン・重賞で結果を出した実績馬はそれなりに揃っているが、 前述しているようにあまりアテに出来ないのが実情。これといった理由もなく大敗した馬を外すための材料にはなるが、まぁ、その程度まででしょう。 どの馬が勝つか、については別の切り口で考えた方が良いかと。

 で、ピックアップしたのがローブティサージュ。比較的早めのデビューだっただけに、出走馬のレベルがアレだったりする可能性はあるが、 新馬戦を一捲りでさっくり勝ってしまったのは評価していいでしょう。あとはききょうS勝ちのプリンセスジャック、重賞でもいい勝負しているサウンドリアーナ辺りを。

<第17回ファンタジーステークス予想>

◎ローブティサージュ
○エーシンセノーテ
▲プリンセスジャック
△サウンドリアーナ
△ノボリディアーナ
△アメージングムーン

 まぁ、先行馬少なめだからエーシンの逃げ切りに期待するのもアリですけどね。

結果

1着サウンドリアーナ
2着ローブティサージュ
3着アメージングムーン
4着プリンセスジャック
5着タガノミューチャン

タイム:1分20秒8 3F:36.6秒
出走取消:10番
サウンドリアーナ 牝2歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・佐藤正厩舎
単勝:13番460円
複勝:13番210円、14番280円、9番960円
枠連:7-8 710円 馬連:13-14 1980円
馬単:13-14 3790円
3連複:9-13-14 38240円
3連単:13-14-9 157080円
ワイド:13-14 860円
    9-13 3760円 9-14 6290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。印の順序は逆になったりしてますが...
 3着のアメージングムーンもカバーしているし上々の結果。

 でもって、ファンタジーステークスの結果。モーニングコールが後続を引き離して逃げる展開だったが、元々逃げ馬が少なかったこともあってか前半3ハロン通過が34.7秒とペースはそれほど上がらず。 で、こういうペースだったもんだから前に行った馬が残ることに。逃げたモーニングコールは止まってしまったが、2番手につけていたサウンドリアーナが直線に入り独走態勢。最終的には2着に3馬身の差をつけ楽勝してしまいました。

 そんなこんなで、勝ったサウンドリアーナ。これまでは控える競馬が多かったが、今回はスタートが良かったこともあってか、そのまま好位を確保。 で、この流れでしたからねぇ。これまでがそうだったように、それなりの末脚は持っている馬だけに、最後まできっちり末脚を使って快勝。

 あと、注意したいのが、こういう前残りの展開にも関わらずいい末脚を使って上位に食い込んできたローブティサージュ・プリンセスジャック。 勝ったサウンドリアーナとの差はそれなりにあるが、展開次第で詰まるだけの差。この2頭だったら逆転することも可能なんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。