今週のメインdeパツイチ2012
第17回武蔵野ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第17回 武蔵野ステークス 東京・ダ1600m  3歳上オープン(GIII) 2012年11月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ナムラビクター レパードS 2着 前走の楽勝評価。この相手でも勝ち負けに。 -
2 アクティビューティ 観月橋S 1着 前走は展開嵌まった感否めず。重賞では。 - -
2 3 トリップ JDダービー 2着 ダで巻き返したいところだが前走負けすぎで。 - -
4 イジゲン レパードS 3着 前走楽勝も今回相手揃う。ここが正念場か。 - -
3 5 マルカフリート 北海道SC 1着 重賞よりも距離が問題。相手も手強いし... - -
6 スエズ 阿蘇S 2着 相手関係恵まれて入着までの馬。ここでは。 - -
4 7 シルクフォーチュン フェブラリS 2着 東京なら末脚全開。あとは仕上がり次第か。 -
8 バーディバーディ アハルテケS 1着 前走強い内容。ただ休み明けでこの相手だと? - -
5 9 ストローハット ユニコーンS 1着 重賞完勝の東京ダ1600m。仕上がっていれば。
10 アドマイヤロイヤル 南部杯 3着 あと一押しが足りない。上位は十分あるが...
6 11 ダノンカモン フェブラリS 4着 ダートは問題ないが前2走が今一つなのが... - -
12 ナムラタイタン 武蔵野S 1着 前走はスタートで落馬。巻き返しに期待。
7 13 セイリオス しらかばS 2着 前2走の崩れ方が問題。立ち直ればいいが... -
14 ガンジス ペルセウスS 1着 準OP・OPで強敵下して連勝。この勢い怖い。
8 15 ヒラボクワイルド ポラリスS 1着 OPまでの馬っぽく。もう一押し欲しいところ。 - -
16 アーリーロブスト 太秦S 1着 すんなり逃げられる組み合わせだが近走散々で。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回武蔵野ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第17回武蔵野ステークスの展望と予想とヨタ話

 ダートの大一番・JCダートに向け各地でステップが。
 距離短めだがこれもステップ。第17回武蔵野ステークス。

 という訳で、この武蔵野ステークス。前述している通り、ジャパンカップダートへのステップなのだが、 それだけではなくフェブラリーSまで続く冬のダートGIシリーズに参戦するためにも(賞金的な意味で)重要な一戦。 この辺りで賞金を上積みしておかないと、大きな所は賞金不足で除外だらけ、他の重賞で賞金を上積みしようにも来年の東海S・根岸Sまで待たなきゃいけないことになるからねぇ。

 そんなこんなで、冬のダートGI戦線に参戦できるか否かの境界線となるこの武蔵野ステークス。特にこれまで大きなレースがなく、賞金の上積みができていない3歳勢にとっては大事な一戦。 今回はユニコーンS勝ちのストローハット、ペルセウスS勝ちのガンジス、レパードS上位のナムラビクター・イジゲンとかなり濃いメンバーが揃っているだけにねぇ。 なんとかこのチャンスを活かしてGIに駒を進めて欲しいところ。

 で、予想もこれらの3歳馬中心で。ただ、シルクフォーチュン・バーディバーディといったGI好走馬や、去年の1〜3着馬ナムラタイタン・ダノンカモン・アドマイヤロイヤルがいますからね。 これらの馬もうまく取り込まないといかんでしょう。落馬したとはいえ、一度使われているナムラタイタンとかさ。

<第17回武蔵野ステークス予想>

◎ガンジス
○ナムラタイタン
▲ナムラビクター
△ストローハット
△アドマイヤロイヤル
△シルクフォーチュン

 あとはオッズ次第かな。手広く勝負したいところだが...

結果

1着イジゲン
2着ガンジス
3着ダノンカモン
4着アドマイヤロイヤル
5着ストローハット

タイム:1分36秒4 3F:35.8秒
イジゲン 牡3歳
騎手:R.ムーア 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:4番310円
複勝:4番150円、14番240円、11番270円
枠連:2-7 1140円 馬連:4-14 1400円
馬単:4-14 2010円
3連複:4-11-14 4880円
3連単:4-14-11 18240円
ワイド:4-14 620円
    4-11 870円 11-14 1880円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。イジゲンが来ちゃうとなぁ。
 まぁ、人気所の決着だし、妥当といえば妥当なのだが...

 そんなこんなで、今回の武蔵野ステークス。1番人気のイジゲンがその人気に応えて勝利。ただ、レースそのものは順当というには程遠い内容でしたな。 何せ、勝ったイジゲン、スタートで大きく出遅れ最後方からの競馬に。かなり濃いメンバーが揃ったここでこれだけのハンデを背負ってしまうと、 巻き返すのはかなり厳しかったりするのだが...終わってみればコレですからねぇ。4コーナーで外を回って進出。で、その勢いのまま他馬を交わして先頭に立ち独走態勢に。 最後、これにつれて上がってきたガンジスが差を詰めてきたが、これを振り切ってゴールへ。

 しかし、こういう不利があったにも関わらず完勝してしまうとはねぇ。イジゲン。スタートの悪さは相変わらず課題として残るが、 このメンバーを圧倒するだけの能力は評価していいでしょう。これだけやれるのであれば、GIでも勝ち負け...どころか、ダート界を担う存在になっても不思議ではないんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。