今週のメインdeパツイチ2012
第32回ジャパンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第32回 ジャパンカップ 東京・芝2400m  3歳上オープン(GI) 2012年11月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビートブラック 天皇賞春 1着 出し抜け食らわせれば大駆けも。注意。 -
2 スリプトラ エクリプスS 3着 一線級相手に足りない競馬。ここでは辛いか。 - -
2 3 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 去年の3着馬。前走上々だっただけに今年も。 -
4 フェノーメノ 天皇賞秋 2着 この距離の方がいい?前走以上あっても。 -
3 5 マウントアトス メルボルンC 5着 案外日本の芝適性ありそうで。一変警戒。 -
6 レッドカドー コロネーショ 2着 前走がイマイチ。一叩きするがさすがに。 - -
4 7 メイショウカンパク 京都大賞典 1着 重賞勝ちも破った相手微妙。ここでは... - -
8 エイシンフラッシュ 天皇賞秋 1着 前走はロスなく立ち回った分の差。今回は? - -
5 9 オウケンブルースリ 京都大賞典 2着 前走が今一つ。復活と言うには程遠く。 - -
10 ダークシャドウ 天皇賞秋 2着 やはり東京は手堅く走る。この距離でも。 -
6 11 ジャッカルベリー ドバイシーマ 3着 徐々に調子上げる。3着なら可能性も。 -
12 ローズキングダム ジャパンC 1着 調子云々抜きにしても今回の相手では辛く。 - -
7 13 ルーラーシップ QEIIカップ 1着 休み明け好走。上積み見込めるここなら。
14 ソレミア 凱旋門賞 1着 凱旋門賞勝ち評価も日本の芝でどこまで? - -
8 15 ジェンティルドンナ 秋華賞 1着 オークス圧勝の舞台。この組み合わせでも。 -
16 トーセンジョーダン ジャパンC 2着 去年の2着馬。前走13着も叩き2戦目なら。 -
17 オルフェーヴル 宝塚記念 1着 能力は認めるが気性が問題。思わぬポカも。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第32回ジャパンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第32回ジャパンカップの展望と予想とヨタ話

 凱旋門賞の戦い再び、第32回ジャパンカップ。
 凱旋門賞馬ソレミア、そして同2着のオルフェーヴルが出走!

 という訳で、今回のジャパンカップ。前述している通り、凱旋門賞馬ソレミア、そして2着のオルフェーヴルがこのジャパンカップで再戦することに。 前走はアウェーでの戦いだったオルフェーヴルだったが、今回はホームということできっちりリベンジしたいところだが...さて、どうなるんでしょうか?

 まぁ、そんなこんな言ってみましたが、実際「ソレミア VS オルフェーヴル」という単純な構図が成り立つかというと...ねぇ。 天皇賞秋1〜4着のエイシンフラッシュ・フェノーメノ・ルーラーシップ・ダークシャドウに、牝馬三冠馬ジェンティルドンナといった直近のGI好走馬に加え、 去年のジャパンカップ2・3着馬トーセンジョーダン・ジャガーメイル、天皇賞春馬ビートブラックといった豪華メンバーで行われる一戦になってしまったからねぇ。 そう単純にはいかないんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、予想の方も「凱旋門賞1・2着でスンナリ」とはいかず。ソレミアは凱旋門賞を勝つも評価が今一つで、さらに今回は日本のスピード決着に適応できるか微妙なところだし、 ホームとなるオルフェーヴルの逆転に期待したいが、悪癖も相変わらずのようで思わぬポカをやらかす可能性も残っていることだしさ。ここは一叩きして上積み見込めるルーラーシップを中心にして勝負してみましょうか。 前走の天皇賞秋は、休み明けで馬体重+18kg、そして、瞬発力勝負になりコースロスなく立ち回った馬が上位を占める中、外を回るというハンデがあったにも関わらず、勝ったエイシンフラッシュと同じ上がり33.1秒を叩き出し3着に突っ込んでいますからねぇ。 さらに、今年香港のクイーンエリザベスII世カップを楽勝するなど、前述の2頭と遜色ない実績残していることだしさ。

 あとは、やや不安な面あるがまともならすんなり勝っていいオルフェーヴル、前走より距離400m伸びて巻き返しありそうなフェノーメノ、 牝馬ではあるが、強烈な決め手と東京2400mで行われたオークスの圧勝を評価してジェンティルドンナ辺りをおさえておけばいいでしょう。 一発狙うなら叩き2戦目で一変ありそうな去年ジャパンカップ2・3着馬トーセンジョーダン、ジャガーメイル、後方で有力馬同士が牽制しあうなら大駆けありそうなビートブラックを。

<第32回ジャパンカップ予想>

◎ルーラーシップ
○トーセンジョーダン
▲オルフェーヴル
△フェノーメノ
△ダークシャドウ
△ジェンティルドンナ

 オルフェーヴルが人気背負ってコケれば馬券的にはオイシイのだが...さて?

結果

1着ジェンティルドンナ
2着オルフェーヴル
3着ルーラーシップ
4着ダークシャドウ
5着フェノーメノ

タイム:2分23秒1 3F:34.7秒
ジェンティルドンナ 牝3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:15番660円
複勝:15番170円、17番120円、13番140円
枠連:8-8 610円 馬連:15-17 700円
馬単:15-17 1580円
3連複:13-15-17 1010円
3連単:15-17-13 5550円
ワイド:15-17 320円
    13-15 470円 13-17 230円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。当たったことは当たったが...
 まぁ、人気所の組み合わせですからねぇ。微妙なところ。

 でもって、ジャパンカップの結果。とりあえずジェンティルドンナが勝った訳ですが...どうなんでしょうかねぇ、これ。 直線でビートブラックを交わし抜け出す際に外にいたオルフェーヴルをはじき飛ばし審議に。結局、降着はなく着順通りで確定したが、 岩田騎手は2日間の騎乗停止になっていたりするだけにねぇ。トールポピーのオークスを彷彿される後味の悪い結果となってしまいました。

 しかし、そういうゴタゴタはあったにせよ、勝ったジェンティルドンナ、被害馬となったオルフェーヴル以外の馬を突き放しているのは、評価していいんじゃないでしょうか。 最内を回りロスなく立ち回れたり3歳牝馬ということで53kgと斤量面で恵まれていたりはしていたが、この相手にこの結果ならそれでもう十分でしょう。

 あと、他の馬。3着のルーラーシップはスタートでまた出遅れ。さらに直線では外に持ち出すロスがあったもんで、 出走馬中最速の上がり3ハロン32.7秒を叩き出すも抜け出した2頭には及ばず3着まで。まともならもっと際どい勝負になっていたと考えられるだけにねぇ。 とにかく、スタートだけなんとかしてもらいたいところですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。