今週のメインdeパツイチ2012
第48回金鯱賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第48回 金鯱賞 中京・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2012年12月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダノンバラード 皐月賞 3着 惜敗続きからようやく脱出。今なら。 -
2 2 アスカクリチャン 七夕賞 1着 前走物足りないが大駆けある馬だけに。 -
3 3 コスモオオゾラ 皐月賞 1着 GI好走を素直に評価。一叩きしたここなら。 -
4 4 ロードオブザリング 垂水S 1着 函館記念がイマイチ。重賞では苦しい。 - -
5 5 アドマイヤラクティ アンドロメダ 3着 手堅く走る。重賞でもそれなりには。 -
6 オーシャンブルー AR共和国杯 5着 展開が鍵だが嵌まれば重賞でも通用。
6 7 エアソミュール 比叡S 1着 条件戦完勝も今回重賞。相手も揃って。 - -
8 アーネストリー 宝塚記念 1着 実績認めるが今年の成績散々なだけに。 - -
7 9 ダイワマッジョーレ 甲斐路S 1着 楽に先手取れる組み合わせ。押し切りも。
10 サトノギャラント ノベンバーS 1着 一夏越えて馬が変わったか。今の勢いなら。
8 11 トウカイパラダイス 函館記念 4着 今回相手揃う。展開嵌まらないと辛い。 - -
12 クレスコグランド 京都新聞杯 1着 前走負けすぎ。一息いれて変わればいいが。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第48回金鯱賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第48回金鯱賞の展望と予想とヨタ話

 宝塚記念へのステップ...ではありませんね。
 開催時期が変更されここへ。第48回金鯱賞。

 という訳で、鳴尾記念と入れ替わるような形でこの時期の開催となった金鯱賞。一応、入れ替わりといっても、 レースの格や条件はこれまでの金鯱賞と同じにはなっているが...開催時期が変わっていないですからねぇ。 結局、出走馬自体はこれまでの鳴尾記念と似たような感じに。

 そんなこんなで、一応、様変わりした金鯱賞の予想を。コースは阪神→中京に替わることだし、 そういう得手/不得手は考慮しないといけないが、まぁ、これまでの鳴尾記念の傾向を踏まえておけばいいでしょう。 基本はここ数年存在感を増している3歳クラシック参戦組。一旦は参戦しそれなりの結果を残すも賞金を上積みできず条件戦送りになった馬が、 1000万下・準オープンを勝ち上がってようやく重賞戦線に復帰するのが丁度この頃。さらに、ここを勝てば有馬記念、そして来年のGIも視野に入るだけにねぇ。必勝態勢で挑んでくる陣営も多数。 予想はこれらの馬を中心にするのが妥当でしょう。

 で、今回その条件に当てはまるのが、サトノギャラント・ダイワマッジョーレ・エアソミュールといった3歳勢。 あと、重賞で好走し続けるも賞金加算に繋がらず1年浪人するような形になったダノンバラードも加えた4頭で勝負していいんじゃないでしょうか。 あとは、春二冠での好走再評価したいコスモオオゾラ、オープン入り緒戦でまずまずの結果を出したオーシャンブルー・アドマイヤラクティまでカバーしておけばOKでしょう。

<第48回金鯱賞予想>

◎ダノンバラード
○アスカクリチャン
▲ダイワマッジョーレ
△サトノギャラント
△オーシャンブルー
△コスモオオゾラ

 あと前が止まるような展開になればアスカクリチャンの一発にも注意。

結果

1着オーシャンブルー
2着ダイワマッジョーレ
3着アドマイヤラクティ
4着トウカイパラダイス
5着クレスコグランド

タイム:2分00秒4 3F:35.2秒
オーシャンブルー 牡4歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:6番730円
複勝:6番260円、9番620円、5番200円
枠連:5-7 660円 馬連:6-9 9370円
馬単:6-9 15280円
3連複:5-6-9 12810円
3連単:6-9-5 91410円
ワイド:6-9 2550円
    5-6 620円 5-9 1780円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。結構いい配当になりましたな。
 ただ、軸馬が来ていないというのはアレですが...

 でもって、金鯱賞の結果。勝ったのはオーシャンブルー。クラスが上がっても堅実に走り結果を出し続けたのは、能力の裏付けがあったからこそなんでしょうな。 重賞初挑戦となった前走のAR共和国杯でも小差の5着に入っているように、能力は重賞級。 で、今回、ようやくその能力に見合うだけの結果が出た、そんなところだったんじゃないでしょうか。

 あと、他の馬。人気はマチマチだったが、まぁ、上位に突っ込んできても不思議ではないでしょう。 2着のダイワマッジョーレは人気はなかったが条件戦の勝ちっぷりやラジオNIKKEI賞の内容を考えればこれ位はやれていい馬。 うまく立ち回ったことも手伝って、勝ったオーシャンブルーといい勝負することに。 3着のアドマイヤラクティは湾岸Sでオーシャンブルーを破っていることを考えれば、まぁ、こういう結果は当然かと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。