今週のメインdeパツイチ2012
第13回ジャパンカップダート出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 ジャパンカップダート 阪神・ダ1800m  3歳上オープン(GI) 2012年12月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ハタノヴァンクール JDダービー 1着 前走の大敗が問題。巻き返しある? -
2 シビルウォー JBCクラ 2着 GIでは足りない。ここでは入着まで。 - -
2 3 ミラクルレジェンド JBCレディ 1着 去年は6着。牡馬相手ではさすがに辛い。 - -
4 エスポワールシチー 南部杯 1着 今年の成績評価。いい頃の走り戻ったか。
3 5 トゥザグローリー 有馬記念 3着 ダートこなせていい血統。一変に期待。 -
6 ナムラタイタン 武蔵野S 1着 200mの延長鍵だが大駆けある馬だけに。 -
4 7 トランセンド JCダート 1着 ここ数戦案外も叩き2戦目で変われば。
8 イジゲン 武蔵野S 1着 能力一枚上もスタートに難あるだけに。 -
5 9 ホッコータルマエ レパードS 1着 前走は展開嵌まった感あり。ここでは。 - -
10 ローマンレジェンド みやこS 1着 前走僅差も力の違いみせつける。ここも。 -
6 11 ダノンカモン フェブラリS 4着 去年5着。相手揃う今年は入着も厳しく。 - -
12 ワンダーアキュート JBCクラ 1着 相手揃うが今回得意の阪神。侮れず。
7 13 グレープブランデー JDダービー 1着 崩れた訳ではないが...現状ではここまで。 - -
14 ニホンピロアワーズ 名古屋GP 1着 手堅く走るがさすがにこの相手だと。 - -
8 15 ソリタリーキング 東海S 1着 前走が案外。一変に期待したいが.... - -
16 ナイスミーチュー シリウスS 1着 阪神ならもう少しはやれるが相手が... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回ジャパンカップダート枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第13回ジャパンカップダートの展望と予想とヨタ話

 強豪の戦線離脱、新興勢力の台頭で激変するダート界。
 そんなダート界を制するのは誰?第13回ジャパンCダート。

 まぁ、そうなんですよ。今のダート界、前述しているように、スマートファルコンやゴルトブリッツといった強豪の戦線離脱や、 下級条件から6連勝したローマンレジェンド、JDダービー勝ちのハタノヴァンクール、武蔵野S勝ちのイジゲンといった新興勢力の台頭があったもんで、かなり混沌とした状態に。 さらに、古豪関連でも、エスポワールシチーが復活したり、ワンダーアキュートが善戦マンから脱却したりしたもんだから、「スマートファルコン・トランセンドの二強」というこれまでの勢力図が崩れ、 この混沌にさらに拍車をかけるような状態になっちゃってますからねぇ。

 で、そんな状態で迎えた今回のジャパンカップダートだが...まぁ、こういうメンバー構成ですからねぇ。ここで一応の結論は出るんじゃないでしょうか。 トランセン・エスポワールシチー・ワンダーアキュートといった古豪が勝ちこれまでの勢力図を維持するのか、それとも、 ローマンレジェンド・ハタノヴァンクール・イジゲンが勝ち世代交代を果たすのか、注目の一戦。

 まぁ、そんなこんながあったりするが、とりあえずジャパンカップダートの予想を。各勢力の有力所が揃ってはいるが...ここはローマンレジェンドでいいんじゃないでしょうかねぇ。 重賞では大きく差を広げて勝ったという訳ではないが、エルムSでエスポワールシチーを破っているのは十分評価していいんじゃないでしょうか。 前走のみやこSも前残りの流れにも関わらず、難なく先行勢を差し切って勝っているんだしさ。まぁ、能力的にはイジゲンも遜色ないのだが...スタートが悪いんで減点。 さすがにこの相手となると、そういうロスは挽回できないんじゃないかと。

 で、あとは相手探し。実績を考慮すればトランセンドなのだが...どこまで変わるか分からんだけにねぇ。 ここは今年きっちり結果を出しているエスポワールシチーを優先して勝負してみましょう。比較的楽に先手取れるのも○だしさ。

<第13回ジャパンカップダート予想>

◎ローマンレジェンド
○トゥザグローリー
▲エスポワールシチー
△トランセンド
△ワンダーアキュート
△イジゲン

 血統的にはトゥザグローリーの一変も怖いが前2戦がなぁ...

結果

1着ニホンピロアワーズ
2着ワンダーアキュート
3着ホッコータルマエ
4着ローマンレジェンド
5着グレープブランデー

タイム:1分48秒8 3F:36.4秒
ニホンピロアワーズ 牡5歳
騎手:酒井学 厩舎:栗東・大橋厩舎
単勝:14番1990円
複勝:14番500円、12番260円、9番820円
枠連:6-7 3530円 馬連:12-14 4290円
馬単:14-12 11620円
3連複:9-12-14 30010円
3連単:14-12-9 165230円
ワイド:12-14 1260円
    9-14 3770円 9-12 2790円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。これはちょっとなぁ。
 ヒモならともかく、この辺りの馬が勝ち切っちゃうとは...

 そんなこんなで、1番人気のローマンレジェンドも、イジゲン・ハタノヴァンクールといった3歳勢も、 エスポワールシチー・トランセンドといった古豪も来ませんでした。勝ったのはニホンピロアワーズ。 これまでGIでは去年のJCダートが9着、川崎記念が5着と、イマイチ足りない成績続いていたのだが...今回、この結果ですからねぇ。 しかも、2着以下に3・1/2馬身の差をつけ快勝。前2走きっちり結果を出しているように、ここにきてかなりパワーアップしていたんでしょうかねぇ...

 レース自体は、エスポワールシチーがハナを主張し単騎逃げに。イジゲンは相変わらずスタートが悪く後方から。 そして1番人気のローマンレジェンドはそれなりに前に行く馬が揃ったこともあってか、前走同様中団からの競馬に。

 そんなこんなで、道中はエスポワールシチーが快調に逃げていたが...後続馬のマークも厳しく、早々に差を詰められ終了。 で、これに代わって先頭に立ったのが勝ったニホンピロアワーズ。同じような位置にいたホッコータルマエを難なく交わし、そのまま独走態勢に。 これに迫る差し・追込馬も現れなかったこともあって、結局、このニホンピロアワーズがそのままゴールへ。

 しかしなぁ、人気所や実績馬がここまで崩れるとはねぇ。ローマンレジェンドは伸びきれず4着まで。 イジゲン・トランセンドに至っては勝負所でもう一杯になってしまい、ブービーとケツという散々な結果に。 まぁ、それぞれに個別の敗因はあるんだろうけど...良馬場にも関わらずレコードに肉薄するキツいレースについていけなかった、 というのは共通の敗因として存在していたりするんじゃないでしょうかねぇ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。