今週のメインdeパツイチ2012
第58回クイーン賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 クイーン賞 船橋・ダ1800m  3歳上牝オープン(JpnIII) 2012年12月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッドクラウディア 昇竜S 1着 勝ち負けする能力はあるが久々が問題で。
2 2 スズリスペクト 養老特別 1着 格下。後方から差を詰めて着拾いが精一杯。 - -
3 3 ホエールキャプチャ ヴィクトリア 1着 実績ダントツ。ただ初ダートでどこまで? -
4 ネオグラティア 東京中日スポ 1着 嵌まれば強い競馬する。ここも展開一つで。 -
4 5 アドマイヤインディ 珊瑚冠賞 3着 地元で楽勝続きも今回相手一気に強化され。 - -
6 トウホクビジン 絆カップ 1着 もう交流重賞では通用しない様子。51kgでも。 - -
5 7 ロッソトウショウ 兵庫クイーン 1着 前々走が物足りず。交流重賞では荷が重い。 - -
8 エミーズパラダイス ロジータ記念 1着 交流重賞でも結果出す。この相手なら。
6 9 ハルサンサン TCK女王盃 1着 一叩きした効果見込めるが相手強化が... -
10 アスカリーブル 関東オークス 1着 交流重賞完勝評価。この相手でも通用。
7 11 ショウリダバンザイ ノースクイン 1着 交流重賞では足りず。入着あれば上々。 - -
12 アクティビューティ 観月橋S 1着 前々走の大駆け期待したいがさすがに... - -
8 13 プリンセスペスカ プレリュード 2着 前走は一応評価も今回相手揃うだけに。 - -
14 クラーベセクレタ JBCレディ 2着 宿敵不在で大威張り...したいところだが。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回クイーン賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第58回クイーン賞の展望と予想とヨタ話

 牝馬の大一番は終了したが、重賞はまだ続くよ!
 冬の牝馬限定交流重賞シリーズ、第58回クイーン賞。

 という訳で、このクイーン賞。牝馬ダート路線の大一番・JBCレディスクラシックも終了し、これで一段落...とはいかないようで。 一昔前まではこのクイーン賞から本格的に牝馬ダート路線が始まっていたこともあってか、まだまだやる気の牝馬が集結。

 しかし、今回のクイーン賞。ダート界の女王として君臨しているミラクルレジェンドが不在のここなら勝負になる!なんて考えている陣営が多いのか、 比較的地味な交流重賞にも関わらず、やたらと濃いメンバーが集結することに。地元南関東からは、JBCレディスクラシック2着のクラーベセクレタ、 関東オークス馬アスカリーブル、TCK女王盃馬ハルサンサン、ロジータ記念馬エミーズパラダイスといった主要な重賞勝ち馬が参戦。 さらに、中央からは目先を変えてダート路線に参入してきたヴィクトリアマイル勝ち馬ホエールキャプチャがいたりしますからねぇ。

 ってな訳で、ここまでメンバーが揃うとなると、予想も一筋縄ではいきそうにないですな。もう少しメンバーが手薄だったら、 ここはクラーベセクレタで仕方がなかったんだろうけど...今回は他の馬もこれに対抗するだけの能力秘めていたりしますからねぇ。 ここは活きのいいエミーズパラダイス・アスカリーブルといった3歳勢に期待してみましょうか。ハンデも軽いし、エミーズパラダイスは羽田盃・東京ダービーで牡馬相手に好走、 アスカリーブルは関東オークス勝ちという実績も持っていることだしさ。

<第58回クイーン賞予想>

◎エミーズパラダイス
○ネオグラティア
▲クラーベセクレタ
△アスカリーブル
△レッドクラウディア
△ホエールキャプチャ

 一発狙うなら、東京中日スポーツ盃勝ちのネオグラティア。
 何せ、エミーズパラダイスに6馬身の差をつけ完勝してますからねぇ...

結果

1着レッドクラウディア
2着クラーベセクレタ
3着アドマイヤインディ
4着ハルサンサン
5着ネオグラティア

タイム:1分53秒3 3F:38.7秒
レッドクラウディア 牝3歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・石坂厩舎
単勝:1番1000円
複勝:1番250円、14番120円、5番2730円
枠連:1-8 880円 馬連:1-14 1190円
枠単:1-8 2020円 馬単:1-14 3600円
3連複:1-5-14 72280円
3連単:1-14-5 427330円
ワイド:1-14 450円
    1-5 18450円 5-14 8500円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。しかし、この組み合わせはなぁ。
 軸は来ないし、3着はカバーできていないし。

 まぁ、そんなこんなで、クイーン賞の結果。行く馬がそれなりに揃った一戦だったが、最内から積極的に出て行ったレッドクラウディアがハナに。 で、勝負所で好位につけていた1番人気のクラーベセクレタが迫ってきたりもしたが...結局、このレッドクラウディアが終始先頭のままゴールへ。

 でもってえ、勝ったレッドクラウディア。最終的には2着に4馬身の差をつけ、完勝といってもいい内容ではあったが... まぁ、全般的に前残りの展開だったことを考慮するとねぇ。この差は「うまく立ち回った分の差」と考えた方がいいでしょう。 この段階で新たな主役が誕生したと判断するのはちと早計かも。ここはもう一戦みてみたいところですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。