今週のメインdeパツイチ2012
第5回カペラステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第5回 カペラステークス 中山・ダ1200m  3歳上オープン(GIII) 2012年12月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トシギャングスター 薫風S 1着 2桁着順多く。前々走ぐらい走ればいいが。 - -
2 メイショウツチヤマ 霜月S 5着 昇級戦まずまずだったが重賞ではさすがに。 - -
2 3 スリーボストン 太秦S 1着 前2走は評価も今回重賞。相手も揃うし。 -
4 セイクリムズン JBCスプ 2着 交流重賞の成績評価。ただ今回相手揃って。 -
3 5 エーシンウェズン 霜月S 1着 前走楽勝評価も1200mはちょい短いかも。 -
6 ケイアイテンジン コーラルS 3着 2桁着順続く。今回同型もいるだけに... - -
4 7 トシキャンディ プロキオンS 1着 前走は芝。叩き2戦目&適条件で一変可能。 -
8 マルカバッケン 京葉S 3着 前3走が物足りず。OPでは苦しい様子。 - -
5 9 シルクフォーチュン フェブラリS 2着 手頃な条件。ここなら一変あっていい筈。
10 タンジブルアセット 室町S 3着 OPで入着止まりの現状では。嵌まらぬ限り。 - -
6 11 アーリーデイズ 貴船S 1着 前々走の大敗気掛かりも前走ぐらい走れば。 -
12 グランプリエンゼル オーシャンS 2着 近走散々。ダート使ってみるが一変は。 - -
7 13 シセイオウジ ペルセウスS 4着 他力本願。前崩れの展開になればいいが。 -
14 タイセイシュバリエ ユニコーンS 3着 叩き2戦目できっちり変わる。ここでも。 -
8 15 ティアップワイルド 室町S 1着 中山ダ1200m得意。前走も上々の内容だけに。
16 アースサウンド オーバルSP 1着 先行力は買えるが相手かなり揃うだけに。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第5回カペラステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第5回カペラステークスの展望と予想とヨタ話

 地味な重賞だが、なかなか濃いメンバーが揃う一戦。
 除外ラッシュをくぐり抜け、猛者が多数出走。第5回カペラS。

 という訳で、このカペラステークス。JCダートや東京大賞典というダート路線の大レースが多数行われるこの時期にひっそりと行われる短距離の重賞。 だが、ダートの短距離重賞というのが少ないこともあってか、毎年多数の馬が登録し、出走すること自体が困難な一戦だったりするのがこのカペラS。

 そんなこんなで、このカペラステークス。前述しているように、狭き門を突破してここに出走してきたこともあって、それなりの実績を兼ね備えた馬が多数出てくることに。 フェブラリーS2着のシルクフォーチュンに、JBCスプリント2着のセイクリムズンといった短距離路線の一線級に加え、プロキオンS勝ちのトシキャンディ、オーバルSP勝ちのアースサウンドといった重賞勝ち馬、 直近のオープンを勝ったエーシンウェズン・スリーボストン・ティアップワイルドが出走。

 でもって、そんなカペラステークスの予想。こういう濃いめのメンバー構成だが、ここはこの馬から勝負していいんじゃないでしょうか。シルクフォーチュン。 最近はマイル戦などを使っていたが、元々スプリント戦で結果を出していた馬。中山自体も、準OP勝ちや一昨年このレースで4着に入っていたりするだけに、問題は無いはず。 叩き2戦目で上積みがあれば、きっちり結果出してくれるんんじゃないでしょうか。

 あとは、この相手探し。重賞勝ち馬もいたりするが、中山実績を評価してティアップワイルド、賞金が足りなくて条件戦を走っていたりしたが、 春にはユニコーンS3着という成績を残しているタイセイシュバリエ、この辺りを優先して勝負してみましょうか。

<第5回カペラステークス予想>

◎シルクフォーチュン
○トシキャンディ
▲ティアップワイルド
△タイセイシュバリエ
△スリーボストン
△セイクリムズン

 あと、プロキオンSぐらい走ればトシキャンディも怖いのだが...

結果

1着シルクフォーチュン
2着エーシンウェズン
3着シセイオウジ
4着マルカバッケン
5着ティアップワイルド

タイム:1分10秒8 3F:36.6秒
シルクフォーチュン 牡6歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・藤沢則厩舎
単勝:9番640円
複勝:9番280円、5番260円、13番470円
枠連:3-5 1830円 馬連:5-9 2240円
馬単:9-5 4460円
3連複:5-9-13 10460円
3連単:9-5-13 51060円
ワイド:5-9 940円
    9-13 1560円 5-13 1800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。そこそこいい配当にはなったが...
 エーシンウェズンが思っていた以上に人気集めちゃったんでねぇ。

 そんなこんなで、人気上位馬5頭が単勝オッズ4-8倍内で犇めくという混戦を制したのは4番人気のシルクフォーチュン。 近走成績や脚質もあってか、上位人気馬から少し離された4番人気だったが...まぁ、実績自体は出走馬中でトップクラスだっただけにねぇ。 今回は「その実績通りの走りをした」そんな感じの結果でしたな。

 レース自体は、気合い入れて出て行ったアースサウンドが単騎で逃げる展開。ただ、ペース自体は先手争いが激化しなかったこともあってか、 前半3ハロン通過が34.2秒とそこまで速くはならず。そんなこともあってか、各馬早め早めに進出し、4コーナーの段階で馬群が一団に。

 で、この距離のレースにしては珍しく直線での瞬発力勝負ということになったのだが...これはこれで瞬発力に秀でたシルクフォーチュンの台頭を許すことになってしまったようで。 最後方付近を追走していたシルクフォーチュン、馬群が一団になったところで他馬同様に進出。あとは一頭だけ別の末脚を使って他馬を圧倒してしまいました。

 という訳で、勝ったシルクフォーチュン。最終的な着差は3/4馬身だったが、脚色の違いを考慮すればもう完勝といっていい内容だったんじゃないでしょうか。 あと、これだけ走れたのであればスランプからも脱したと考えてもいいしょう。この調子を維持できるのであれば、大きいところで去年以上の結果を出すことも可能でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。