今週のメインdeパツイチ2012
第29回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第29回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 阪神・芝2000m  2歳オープン(GIII) 2012年12月22日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラウンドワールド 札幌2歳S 2着 コディーノに迫った前走評価。ここなら。 -
2 2 リアルマイスター 葉牡丹賞 4着 長く脚を使う馬。仕掛け所次第で浮上も。 -
3 3 アクションスター 芝千八1:49.6 1着 未勝利とはいえ完勝は一応評価でき。 -
4 4 バッドボーイ 東スポ杯2歳S 5着 末脚はなかなか。展開次第で浮上あっても。
5 5 アドマイヤドバイ 芝千六1:34.7 1着 パンチ不足。時計掛かる馬場じゃないと。 - -
6 6 キズナ 黄菊賞 1着 前走重賞・OP好走馬相手に快勝。能力高い。
7 7 エピファネイア 京都2歳S 1着 相手に恵まれた感あるが京都2歳S完勝評価。 -

以上登録7頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第29回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第29回ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 朝日杯FSでコディーノが破れ、再び群雄割拠の時代に。
 ここでも新たな役者が誕生する?第29回ラジオNIKKEI杯2歳S。

 そんなこんなで、前述している通り、朝日杯FSで圧倒的人気のコディーノが2着に破れ、他の馬でも案外何とかなってしまうことが証明されてしまったもんだからねぇ。 これからもコディーノといい勝負する馬が続々誕生しそうな雰囲気。

 で、その筆頭となる馬が誕生しそうなレースがこのラジオNIKKEI杯2歳ステークス。去年は二冠馬ゴールドシップ(2着)を輩出しているだけに、その勢いで今年も... といいたいところだが、7頭立てとちょっと頭数が少ないのが気掛かり。まぁ、頭数は少ないが粒は揃っているので、その心配は杞憂だったりするかもしれませんが。

 まぁ、それはともかく。ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想を。頭数が少ないことだし、軸をきっちり決めて点数を絞って勝負したいところ。 ここはキズナを中心にして勝負してみましょう。OPや重賞で好走したという訳ではないが、前走でOP2着があるトーセンパワフルや阪神JFで5着に入ることになるカラフルブラッサム相手に快勝してますからねぇ。 で、あとはラウンドワールドとかエピファネイアといったOP勝ち馬を。

<第29回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス予想>

◎キズナ
○アクションスター
▲ラウンドワールド
△エピファネイア
△バッドボーイ

 しかし、馬券的には微妙だなぁ。ここまで頭数が少ないとは...

結果

1着エピファネイア
2着バッドボーイ
3着キズナ
4着アクションスター
5着アドマイヤドバイ

タイム:2分05秒4 3F:34.5秒
エピファネイア 牡2歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:7番190円
複勝:7番130円、4番560円
馬連:4-7 2170円 馬単:7-4 3080円
3連複:4-6-7 1230円
3連単:7-4-6 8710円
ワイド:4-7 450円
    6-7 140円 4-6 550円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。薄いところが来ちゃったか。
 3連復なら△△◎でセーフなんだが、微妙なところだ...

 まぁ、それはともかく。ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの結果。2歳でこういう距離のレース、 そして少数頭となると、超スローペースになり直線だけの競馬になってしまうのは仕方がないところ。 で、今回のラジオNIKKEI杯2歳ステークスもスローで流れて直線でヨーイドンという競馬に。

 でもって、好位に有力馬が固まっていたもんだから、それらの馬がそのまま残ってしまうことに。 直線では、前に行っていたバッドボーイ、キズナ、エピファネイアの3頭の叩き合いに。で、エピファネイアが一歩抜け出し、キズナが脱落し、バッドボーイが食い下がってそれぞれの着順を確保。

 そんなこんなで、勝ったのはエピファネイア。まぁ、こういう流れでの勝利、そしてこれまでのような着差はつけられなかっただけに、 どこまで評価していいか分からんところだが...うまく立ち回ってきっちり末脚使い勝利した器用さは評価していいでしょう。 あとは、相手変わって通用するかどうか、ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。