今週のメインdeパツイチ2012
第7回阪神カップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第7回 阪神カップ 阪神・芝1400m  3歳上オープン(GII) 2012年12月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マルセリーナ ヴィクトリア 3着 末脚は相変わらず。展開次第で浮上も。
2 マジンプロスパー CBC賞 1着 秋2戦が案外。巻き返しあればいいが。 - -
2 3 フラガラッハ 中京記念 1着 去年の3着馬。前2走散々も大駆けには警戒。 -
4 オリービン ポートS 1着 重賞ではあと一押し足りず。嵌まらぬと。 - -
3 5 テイエムオオタカ スワンS 2着 同型馬いるが2番手でも勝負になる馬で。 -
6 フィフスペトル マイルCS 2着 今年の成績物足りず。条件は楽になるが... - -
4 7 アドマイヤセプター 京阪杯 2着 能力は通用。勝ち切れるかどうかは展開次第。 -
8 シルポート マイルCS 4着 不利のアシストあったが前走4着は評価でき。 - -
5 9 コスモセンサー 安田記念 3着 この条件ならもう少しはやれる。ヒモで。 - -
10 ガルボ ダービー卿CT 1着 前走GIとはいえ負けすぎ。ここは様子見。 - -
6 11 クラレント 富士S 1着 前走の取りこぼしが問題。過信はできず。 - -
12 オセアニアボス ダービー卿CT 2着 2桁着順続く。衰え出てきたようで... - -
7 13 サンカルロ 高松宮記念 2着 去年の勝ち馬。得意な条件だけに今年も。 -
14 スプリングサンダー CBC賞 2着 阪神芝1400mベストの条件も近走負けすぎで。 - -
15 ファイナルフォーム ラジオNIKKEI 1着 富士Sを再評価。まともなら勝ち負けに。
8 16 インプレスウィナー 京王杯SC 3着 良績東京に集中。阪神でどこまでやれる? - -
17 ブライトライン ファルコンS 1着 前走は休み明けの上に展開向かず。一変注意。
18 レオアクティブ 京成杯AH 1着 前走は度外視していい。巻き返し期待。

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第7回阪神カップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2012年版
第7回阪神カップの展望と予想とヨタ話

 有馬記念が終わってもまだこれが残っています。
 2012年の競馬を締めくくる(?)重賞、第7回阪神カップ。

 そんなこんなで、今年は変則3日間開催のため、有馬記念の翌日にも番組が組まれ、この阪神カップが2012年の中央競馬最後の重賞となってしまった訳ですが、なんでしょうかねぇ。無駄に豪華。 短距離路線の当面の目標となる高松宮記念はまだまだ先だったりするのだが、ここを使って一休み、そして一度ステップを使って本番へ...というローテーションを想定しているのか、GIクラスの馬がこの阪神カップに大挙して出走してくることに。

 という訳で、GI並みのメンバーが揃った阪神カップの予想を。芝1400mということもあって、スプリントから距離延長でここに出てきた馬、マイルから距離短縮でここに出てきた馬がここで鉢合わせする形に。 この微妙な条件変化、そして各路線のレベル差がこの阪神カップの行方を左右することになるのだが...今回はこれに加えもう一点考慮しないといけないのがマイルCS組。 そのマイルCS、勝負所でかなりゴチャついて能力を出し切れず敗北した馬が多数いただけに、着順を鵜呑みにするのは危険。逆に、そこでの大敗が原因で今回人気を落とすようなら馬券的には妙味あったりするんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、今回はマイルCS敗北からの巻き返し組を中心にして勝負してみましょう。ファイナルフォーム・レオアクティブ・マルセリーナは前走を度外視すれば、 勝ち負けになっていいだけの結果残していますからね。この辺りを軸にして、これにスワンS上位のテイエムオオタカ・アドマイヤセプターといった短距離路線組を追加するような形で勝負してみましょうか。

<第7回阪神カップ予想>

◎ファイナルフォーム
○ブライトライン
▲レオアクティブ
△アドマイヤセプター
△マルセリーナ
△テイエムオオタカ

 一発狙うなら、叩き2戦目で一変ありそうなブライトラインを。

結果

1着サンカルロ
2着ガルボ
3着ファイナルフォーム
4着オセアニアボス
5着クラレント

タイム:1分21秒0 3F:35.5秒
サンカルロ 牡6歳
騎手:吉田豊 厩舎:美浦・大久保洋厩舎
単勝:13番790円
複勝:13番300円、10番770円、15番280円
枠連:5-7 3000円 馬連:10-13 13120円
馬単:13-10 25580円
3連複:10-13-15 39050円
3連単:13-10-15 284680円
ワイド:10-13 3470円
    13-15 1460円 10-15 4190円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。これはちょっと厳しいですな。
 ファイナルフォームはそれなりに突っ込んできたんだがなぁ。

 でもって、阪神カップの結果。去年の勝ち馬サンカルロが今年も順当に勝利...といいたいところだが、順当かどうかは微妙なところ。 蓋を開けてみれば3番人気とそれなりに期待され、そしてこの結果だったのだが、去年はスワンS4着で復調気配を伺わせて勝ったのに対し、 今年は秋の成績がどれも今一つで微妙な状態のままここに出てきたことを考えるとねぇ。この人気は過剰人気という気もするんだが...

 まぁ、そんなことを言っていても、勝ったのはサンカルロに違いはない訳で。しかも、文句ナシの完勝ですからね。 道中は人気のファイナルフォームを追いかける形で中団よりやや後ろからの競馬。直線入ったところで馬群に包まれ行き場を失う場面もあったが、 なんとか外に持ち出し追い出すと抜群の伸びをみせ、早め先頭から押し切りを狙うガルボをあっさり捕らえ先頭、そしてそのまま突き抜け1・1/4馬身の差をつけ快勝。

 しかしなぁ、この快勝がこの後の競馬に繋がらないのがサンカルロ。この阪神芝1400mから条件が変わってしまうと、 妙に詰めが甘くなったり、大敗を喫したりしてしまいますからねぇ。今回の勝利で一変して軌道に乗ってくれればいいんだが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。