今週のメインdeパツイチ2013
第29回フェアリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第29回 フェアリーステークス 中山・芝1600m  3歳牝オープン(GIII) 2013年1月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 モンサンスピカ カンナS 6着 自己条件に戻っても結果出せず。ここでは。 - -
2 モンシュシュ 新馬 1着 ダートだが新馬戦の快勝評価。芝こなせれば。 -
2 3 ウインプリメーラ アルテミスS 3着 前走上位とは離された3着。この差は埋まる? - -
4 エクスパーシヴ つわぶき賞 3着 徐々に復調するが重賞ではさすがに辛く。 - -
3 5 タプローム 500万下 1着 芝よりも距離が問題っぽく。ここでは。 - -
6 カスティエル 牝新馬 1着 先行力は一応警戒。好枠引ければ多少は。 -
4 7 イリュミナンス 牝新馬 1着 訳ありのレースだったが圧勝は素直に評価。 -
8 クラウンロゼ 新馬 1着 新馬戦楽勝も展開嵌まった感あるだけに。 - -
5 9 アガサ 百日草特別 10着 昇級戦が負けすぎ。展開嵌まらないと出番は。 - -
10 リメンバーメジロ 京王杯2歳S 14着 今回相手関係楽になるが巻き返しどこまで? - -
6 11 ウキヨノカゼ 牝新馬 1着 人気薄で穴あけるも内容は上々。ここでも。
12 ブリリアントアスク クローバー賞 4着 成績尻すぼみ。入着あれば上々っぽく。 - -
7 13 スマートルピナス くるみ賞 4着 切れる脚ないが今の中山なら通用しても。 -
14 サンブルエミューズ 芙蓉S 1着 相手関係楽になるここなら巻き返しある。 -
8 15 スズノネイロ つわぶき賞 1着 昇級戦も楽に突破。この勢いなら重賞でも。
16 スイートサルサ 牝未勝利 1着 かなりの末脚持っている。展開嵌まれば。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第29回フェアリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第29回フェアリーステークスの展望と予想とヨタ話

 来月のクイーンCほどではないが地味に活躍馬を輩出する重賞。
 ここを勝って悠々とクラシックへ。第29回フェアリーステークス。

 そんなこんなで、このフェアリーステークス。各種トライアルや来月のクイーンカップと比べると地味な一戦だが、 地味は地味なりにアイスフォーリス(オークス3着)とか、ピュアブリーゼ(オークス2着)、アプリコットフィズ(秋華賞3着)、 ジェルミナル(桜花賞・オークス3着)といった地味な馬を毎年牝馬クラシック戦線に送り込んでいたりするのがこのフェアリーステークス。

 で、今年のフェアリーステークス。この辺りで一度爆発してもらいところだが...この傾向は変わりそうにありませんなぁ。 駒自体は、芙蓉Sで後の朝日杯FS4着馬を破っているサンブルエミューズ、新馬・500万下と完勝しているスズノネイロ、そして新馬戦を楽勝したイリュミナンスとか悪くないメンバー構成なのだが... どうも「もう一押し」に欠けるのがねぇ。ここで結果を出して変わればいいんだが。

 まぁ、それはともかく。フェアリーステークスの予想を。前述しているように、どの馬も「もう一押し」を欠くだけに、軸馬を決めて...という形で予想するのはなかなか難しい一戦。 これまでのレースの内容を考慮すればサンブルエミューズ・スズノネイロ、この2頭でいいんだろうけど...ともに脚の使い所が問題。さらに今回、何かとクセのある中山芝1600mが舞台ですからねぇ。 枠順や展開次第で他の馬の台頭もあるんじゃないでしょうか。今回重賞だが新馬の勝ちっぷり評価できるイリュミナンスとか、好位から競馬して結果を出したスイートサルサとかさ。

<第29回フェアリーステークス予想>

◎スズノネイロ
○モンシュシュ
▲サンブルエミューズ
△イリュミナンス
△スイートサルサ
△ウキヨノカゼ

 あと、芝こなせればモンシュシュもアリかな。

結果

1着クラウンロゼ
2着ウキヨノカゼ
3着サンブルエミューズ
4着イリュミナンス
5着スイートサルサ

タイム:1分34秒7 3F:35.0秒
クラウンロゼ 牝3歳
騎手:三浦皇成 厩舎:美浦・天間厩舎
単勝:8番8330円
複勝:8番1660円、11番530円、14番160円
枠連:4-6 2310円 馬連:8-11 39140円
馬単:8-11 109860円
3連複:8-11-14 42370円
3連単:8-11-14 515610円
ワイド:8-11 8410円
    8-14 3420円 11-14 1240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。2着以下はマークしているんだが...
 クラウンロゼはさすがに厳しいですなぁ。うーん。

 でもって、フェアリーステークスの結果。先行馬が少ないこともあってうまく先手を取れた馬が上位に入ってくるのは、まぁ、予想していた通りなのだが... クラウンロゼがハナ奪って逃げてそのまま残っちゃうとはなぁ。枠順的には内にいたウインプリメーラ・カスティエル・イリュミナンスが出て行いきそうな雰囲気だったんだが、 結局、前述している通りクラウンロゼがハナへ。で、これを追いかける形で外枠のサンブルエミューズ・ウキヨノカゼが2番手を確保。

 で、結局、この前に行った3頭が残ってしまうことに。直線では逃げたクラウンロゼとサンブルエミューズの叩き合い。さすがに最後は止まってしまったのか、 この2頭での決着にはならなかったが...割って入ったのが3番手につけていたウキヨノカゼですからねぇ。まぁ、前残りの競馬といってしまっていい結果。

 しかし、こういう内容だっただけに、牝馬クラシックに結びつくかというと...微妙なところ。まぁ、人気所が負けたとはいえ上位に突っ込んできているのはそれなりに評価していいかもしれませんが。 イリュミナンスとかサンブルエミューズとかスイートサルサとかさ。この辺りは条件が変われば巻き返しあっていいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。