今週のメインdeパツイチ2013
第47回共同通信杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 共同通信杯 東京・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2013年2月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラウンドワールド 札幌2歳S 2着 実績は認めるも京成杯遠征の影響出そうで... - -
2 2 マンボネフュー 寒竹賞 1着 朝日杯FS馬の2着有。この相手なら上位も。 -
3 3 ザラストロ 新潟2歳S 1着 末脚はそれなりに使っている。展開次第で。 -
4 4 マイネルストラーノ ホープフルS 2着 京成杯案外もいちょうSぐらい走れば出番ある。 -
5 5 マイネルマエストロ 京成杯 5着 粘れなかった前走不満だが楽に行ければ...
6 6 トウシンモンステラ 福寿草特別 7着 溜めればそれなりの末脚使える馬。3着なら。 -
7 7 ゴットフリート 朝日杯FS 3着 瞬発力勝負歓迎。ペース緩くても押し切れる。 -
8 メイケイペガスター 若駒S 3着 前走チグハグな走りだったが3着。能力高い。
8 9 クロスボウ 京成杯 4着 前走は展開向かず。東京で巻き返しを。 -
10 ケイアイチョウサン 京成杯 3着 東京1800m快勝有。前走フロック視できぬ。 -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回共同通信杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第47回共同通信杯の展望と予想とヨタ話

 去年はここの1・2着馬がクラシックを席捲。
 偉大な先人に続くことができる?第47回共同通信杯。

 という訳で、この共同通信杯。毎年それなりの馬をクラシック戦線に送り出すこともあって、それなりの注目を集めるのがこの共同通信杯だったりするのだが...去年は嵌まりすぎましたねぇ。 何せ、この共同通信杯を勝ったのが、その後、皐月賞・菊花賞・有馬記念を制することになるゴールドシップ、そして2着が日本ダービーを制することになるディープブリランテですからねぇ。 ここの1・2着が3歳牡馬クラシック三冠を独占するというフィーバーっぷり。

 まぁ、そんなこんながあったりしたもんで、今年もそういう流れを期待したいところだが...それはそれ、これはこれ。それなりにメンバーは揃っているだけに、 去年同様ここの上位馬がクラシックでも活躍!なんてこともあるかもしれないが、まぁ、その辺りは結果が出てから考えるとしましょう。

 そんなこんなで、とりあえず共同通信杯の予想を。頭数は10頭とイマイチ揃わなかったが、どの馬も、重賞・OPで好走があったり、500万下条件を快勝したりしているというかなり隙の無いメンバー構成。 こういうメンバー構成なら「どの馬が勝ってもおかしくはない」といってしまいたくなるところだが...実際はこの馬がやや抜けているんじゃないでしょうかねぇ。ゴットフリート。 前走の朝日杯FSは1・2着からやや差のある3着だったがきっちり差を詰めているし、今回末脚をフルに発揮できる東京に替わることだし、ここはアッサリ勝ってしまっても不思議ではないでしょう。

<第47回共同通信杯予想>

◎ゴットフリート
○マイネルマエストロ
▲メイケイペガスター
△クロスボウ
△マンボネフュー

 あと、楽に行ければマイネルマエストロの前残りあっていいかも。

結果

1着メイケイペガスター
2着ゴットフリート
3着マイネルストラーノ
4着ラウンドワールド
5着マンボネフュー

タイム:1分46秒0 3F:34.0秒
メイケイペガスター 牡3歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・木原厩舎
単勝:8番560円
複勝:8番200円、7番170円、4番750円
枠連:7-7 1140円 馬連:7-8 1140円
馬単:8-7 2370円
3連複:4-7-8 16010円
3連単:8-7-4 79330円
ワイド:7-8 480円
    4-8 3350円 4-7 2220円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。○◎がきっちり来ましたな。
 これなら3着まで当てたかったが...まぁ、これはねぇ。

 でもって、共同通信杯の結果。前日のクイーンカップもそうだったが、相変わらず差し・追込馬にとって厳しい競馬続くのが今の東京。 この共同通信杯も例外ではなく、好位から競馬しないと上位争いすらままならない状態。まぁ、レースの上がりが34.0秒だったりすることを考えると、こういう結果になってしまうのは仕方がないところですな。

 そんなこんなで、勝ったのは好位から競馬したメイケイペガスター。前走は折り合いが今一つでスタート直後行き脚がつかず後方から競馬することになったのだが、 今回はきちんと出て行って好位を確保。あとは比較的前に行った馬が止まらないことを考慮してか早め早めに進出し、残り400mを過ぎた辺りで先頭、 そしてそのまま後続馬に差を詰めさせずゴールへ。

 しかしなぁ、今回の上位陣。比較的妥当と言えば妥当な結果だが...前に行った馬が有利な傾向にある今の東京でその通りの競馬をして結果を出しているだけに、 この結果をそのまま鵜呑みにする訳にはいかんでしょうなぁ。もう少し差し・追い込みが通用する状態であったなら、4着のラウンドワールドも上位争いできていたんじゃないかと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。