今週のメインdeパツイチ2013
第30回フェブラリーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第30回 フェブラリーステークス 東京・ダ1600m  4歳上オープン(GI) 2013年2月17日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マルカフリート 大和S 1着 武蔵野S・ペルセウスSが物足りず。GIでは。 - -
2 グレープブランデー JDダービー 1着 東海S快勝で復活アピール。ここでも。
2 3 セイクリムズン JBCスプ 2着 フェブラリーS2年連続で2桁着順では。 - -
4 ナムラタイタン 東京大賞典 4着 得意の条件。近走悪くないだけに一発も。 -
3 5 タイセイレジェンド JBCスプ 1着 距離よりも前走の大敗が気掛かりで。 - -
6 エスポワールシチー 南部杯 1着 前2走が物足りず。さらに今回同型が... - -
4 7 ガンジス 根岸S 2着 ベストの条件で差された前走に不満有。 - -
8 イジゲン 武蔵野S 1着 前走大敗も良績ある東京マイルなら。 -
5 9 ヤマニンキングリー シリウスS 2着 一叩きした効果見込めるがGIではさすがに... - -
10 ワンダーアキュート JBCクラ 1着 また詰め甘くなる。今年も去年の3着並み? -
6 11 カレンブラックヒル NHKマイルC 1着 初ダートが鍵も東京ならこなせそうで。
12 ダノンカモン フェブラリー 4着 去年の4着馬だが今年の成績今一つで。 -
7 13 エーシンウェズン カペラS 2着 マイルは微妙に長い様子。相手も手強く。 - -
14 テスタマッタ フェブラリー 1着 前走6着も内容濃く。一変あれば連覇も。
8 15 ガルボ ダービー卿CT 1着 ダートよりも前走の負け方が気掛かりで。 - -
16 シルクフォーチュン フェブラリS 2着 末脚は相変わらず。去年以上あっても。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第30回フェブラリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第30回フェブラリーステークスの展望と予想とヨタ話

 ここを勝ってダート界の頂点に...
 といきたいとこだが、さて?第30回フェブラリーS。

 という訳で、このフェブラリーステークス。前述している通り、ダート路線の頂点を決める一戦...なのだが、今年のフェブラリーステークスはちょっとねぇ。 JCダートを勝ち去年の最優秀ダートホースとなったニホンピロアワーズや、暮れの東京大賞典を勝ったローマンレジェンド、 そして今年最初のJpnIとなった川崎記念を勝ったハタノヴァンクールといったダート路線の主役がまるっと出走して来ず。

 そんなこんなで、直近のGI勝ち馬を欠くこととなった今年のフェブラリーステークス。主要なダートGI勝ち馬による頂上決戦、という構図にはならなかったが、 それでも、去年のフェブラリーS1〜5着のテスタマッタ・シルクフォーチュン・ワンダーアキュート・ダノンカモン・エスポワールシチーがまるっと出走してきたり、 前哨戦の東海Sを快勝し復活をアピールしたグレープブランデー、JCダートでは1番人気で大敗するも結果出している東京で巻き返しありそうなイジゲン、 今回初ダートながら芝での実績侮れぬカレンブラックヒルといった馬が出走してきたりするなど、それなりのメンバーは揃いました。

 でもって、そんなフェブラリーステークスの予想。直近のGI勝ち馬がいないこともあって混戦模様。この組み合わせならGI好走続きのワンダーアキュートが繰り上がりで浮上しそうなもんだが、 前哨戦を快勝してここに挑んできたグレープブランデー・シルクフォーチュンや、前走の根岸Sは休み明け&59kgを背負ったにも関わらず差を詰め僅差の6着に突っ込んできたテスタマッタがいたりするし、 嵌まる嵌まらないはあるが、嵌まるパターンならGIでも一発ありそうなイジゲン・カレンブラックヒルもいたりして、スンナリ決まりそうにない雰囲気。

 そんなこんなで、何かと厄介な今回のフェブラリーステークスですが...ここはカレンブラックヒルで一発狙ってみましょうか。 芝の成績考えれば能力的には通用していい筈。あとはダートをこなせるかどうかだが...父のダイワメジャーはダートで圧勝があるようにそれなりにこなせていた馬だけにねぇ。 この辺りがうまく遺伝していればいきなりでも勝負になるんじゃないでしょうか。まぁ、そこまでコテコテのダート馬でなくても東京のダートならスピードがあればなんとかなってしまうだけに、 あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが。

<第30回フェブラリーステークス予想>

◎カレンブラックヒル
○ナムラタイタン
▲グレープブランデー
△シルクフォーチュン
△テスタマッタ
△ワンダーアキュート

 あとは無難に実績馬を。イジゲンはオッズ次第かな。

結果

1着グレープブランデー
2着エスポワールシチー
3着ワンダーアキュート
4着セイクリムズン
5着シルクフォーチュン

タイム:1分35秒1 3F:36.5秒
グレープブランデー 牡5歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:2番670円
複勝:2番250円、6番600円、10番250円
枠連:1-3 6180円 馬連:2-6 10330円
馬単:2-6 17580円
3連複:2-6-10 16150円
3連単:2-6-10 111130円
ワイド:2-6 2990円
    2-10 760円 6-10 2000円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。エスポワールシチーはなぁ。
 実績考えれば十分買える馬ではあるんだが...

 でもって、フェブラリーステークスの結果。馬連万馬券、さらに3連単は11万馬券という波乱の決着になったりしたが... 復調したJDダート馬グレープブランデーが勝ち、かしわ記念・南部杯勝ちのエスポワールシチーが2着、JBCクラシックを勝ちJCダートでも2着に入ったワンダーアキュートが3着と、 よく見れば、ダートGIで結果を出している馬が上位を独占するという無難な結果。

 レース自体は、相変わらずゲートが悪いイジゲンが出遅れ最後方から。さらに、芝のスタートを生かして先頭に立つと目されていたカレンブラックヒルもスタートがイマイチで前に出て行けず。 そんなこんなで、3枠の2頭タイセイレジェンド・エスポワールシチーが逃げ、カレンブラックヒルはその後ろから。そして勝ったグレープブランデーはさらにその後ろの集団からの競馬。 直線に入ったところで、エスポワールシチーがタイセイレジェンドを交わし先頭に立ち、そしてそのまま後続を引き離して押し切る体勢に持ち込んだが... これに猛然と襲いかかったのがグレープブランデー。踏ん張るエスポワールシチーを力でねじ伏せ1着でゴールへ。

 という訳で、勝ったグレープブランデー。一時期スランプに陥っていたりもしたが...どうやら完全に復調していたようですな。 元々JDダービーを勝っているようにそれなりに能力は秘めていた馬。本来の走りが戻ればこれくらいはやれても不思議ではないでしょう。 ただ、問題は2着。エスポワールシチーがここまで変わるとはねぇ。かなりキツい流れになったJCダートは大目にみてもいいのだが、 前走の東京大賞典が案外だっただけに、ここでは厳しいと予想していたのだが...結果はこれですからね。今年で8歳になったが、まだまだやれそうですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。