今週のメインdeパツイチ2013
第22回アーリントンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第22回 アーリントンカップ 阪神・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2013年2月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タガノエンブレム 500万下 1着 ムラ駆けタイプっぽく。嵌まればここでも。 -
2 2 レッドアリオン シンザン記念 5着 前走悪くなく。この相手ならそれなりに。 -
3 3 カオスモス 京王杯2歳S 3着 重賞好走評価。ここなら勝ち切れる。 -
4 4 ケイアイヴァーゲ 500万下 4着 昇級戦が今一つ。重賞ではさすがに... - -
5 5 カシノランナウェイ ひまわり賞 2着 500万下の大敗が問題。重賞では辛い。 - -
6 6 コパノリチャード 白梅賞 1着 楽に先手取れる。開幕週だし押し切りも。
7 7 ラブリーデイ 京王杯2歳S 2着 相手関係楽になる。あとは展開次第で。 -
8 レッドジャイヴ ベゴニア賞 4着 切れる脚なく。展開の助け欲しいところ。 -
8 9 メイショウヤマホコ 新馬 1着 前走展開嵌まった感有。ここでは辛い。 - -
10 テイエムイナズマ デ杯2歳S 1着 まともに走ればもう少しやれていい筈で。

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回アーリントンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第22回アーリントンカップの展望と予想とヨタ話

 ここを勝って皐月賞?それともNHKマイルC?
 各陣営の思惑が交錯する一戦、第22回アーリントンカップ。

 そんなこんなで、このアーリントンカップ。タニノギムレットみたいにここを使って皐月賞へ向かいクラシックで結果を出すというパターンもあるが、 距離がマイルということもあってNHKマイルカップへのステップと考えるのが妥当な一戦。まぁ、NHKマイルカップを使った後にダービーに向かい勝ってしまったディープスカイもいたりしましたが、まぁ、それは別の話ということで。

 ともかく。マイル戦ということもあってマイル戦らしいメンバーが揃うのがこのアーリントンカップ。 基本は、シンザン記念組や朝日杯FS・京王杯2歳S・デイリー杯2歳Sといったマイル近辺の2歳重賞組、 そして各種条件戦を勝ち上がった馬による争い。今年も、シンザン記念からはカオスモス・レッドアリオン、 2歳重賞からはテイエムイナズマ・ラブリーデイ、条件戦からはコパノリチャード・タガノエンブレムがそれぞれ参戦するという前述したようなメンバー構成に。

 で、予想もこれらの馬を中心にして勝負。...というか、頭数が少ないんで、これらから選ばざるを得ないといった方が正しいのかもしれませんが。 そんなこんなで、今回はこの馬をピックアップしてみました。2歳重賞組のラブリーデイ。京王杯2歳Sで後のシンザン記念馬エーシントップと3/4馬身差の2着があったりすることを考えれば、 シンザン記念4・5着という微妙な着順だったカオスモス・レッドアリオンよりも上に来ると考えられるんじゃないでしょうか。 あとは条件戦勝ち上がり馬との比較になるが...コパノリチャードは前々走の千両賞で前述したシンザン記念4着のカオスモスに敗れているだけにねぇ。 この条件戦勝ち上がり組は「シンザン記念組よりもちと劣る」という評価が妥当なんじゃないかと。

<第22回アーリントンカップ予想>

◎ラブリーデイ
○タガノエンブレム
▲カオスモス
△コパノリチャード
△テイエムイナズマ

 まぁ、展開云々で入れ替わってしまう程度の差かもしれませんが...

結果

1着コパノリチャード
2着カオスモス
3着レッドアリオン
4着メイショウヤマホコ
5着ラブリーデイ

タイム:1分34秒8 3F:34.1秒
コパノリチャード 牡3歳
騎手:W.ビュイック 厩舎:栗東・宮厩舎
単勝:6番220円
複勝:6番110円、3番110円、2番150円
枠連:3-6 340円 馬連:3-7 330円
馬単:6-3 600円
3連複:2-3-6 550円
3連単:6-3-2 1740円
ワイド:3-6 150円
    2-6 260円 2-3 270円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。しかし、この配当ではなぁ。
 しかも、軸馬が来なくて▲○での的中ですからねぇ。微妙。

 まぁ、それはともかく。アーリントンカップの結果。やはりというかなんというか...開幕週にありがちな前残りの競馬になってしまいましたな。 勝ったのはコパノリチャード。逃げたカシノランナウェイを見る形で2番手を追走し、4コーナーを回る段階で早々に先頭へ。 直線長い阪神外回りコースではあったが、前半3ハロン通過が35.9秒と比較的緩めの流れだった上に開幕週の馬場ということで、 最後までいい脚をきっちり使って後続を封じ、そのままゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはコパノリチャード。今回は重賞だったが、前述しているようにスローペース&開幕週の馬場がバッチリ嵌まったようで、ここもあっさり突破。 まぁ、こういう内容での勝利だっただけにどこまで評価していいのかは分からんが、順調に結果出し続けているのは評価していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。