今週のメインdeパツイチ2013
第87回中山記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第87回 中山記念 中山・芝1800m  4歳上オープン(GII) 2013年2月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スノークラッシャー 大阪ハンC 4着 まるでダメではないが現状のままでは... - -
2 2 リアルインパクト 安田記念 1着 前走負けすぎ。一変あればいいのだが... -
3 カリバーン AR共和国杯 4着 ここ数戦いいところなく。出番なし。 - -
3 4 トーセンレーヴ エプソムC 1着 前走案外。一変あれば上位狙えるのだが... -
5 シンゲン オールカマー 1着 良化スロー。一変は望み薄っぽくて。 - -
4 6 ルールプロスパー 東京ジャンプ 4着 ここは叩き台っぽく。静観が妥当か。。 - -
7 スマイルジャック 京成杯AH 2着 一時期ほどの末脚なく。展開頼み。 - -
5 8 アンコイルド 白富士S 1着 連勝の勢い侮れぬ。この相手でも注意。 -
9 シルポート マイルCS 4着 去年は2着。マイペースなら今年も怖い。 -
6 10 ダイワファルコン 福島記念 1着 中山巧者。仕上がっていれば上位争いに。
11 トシザマキ ムーンライト 1着 前走がイマイチ。OPでは力不足か。 - -
7 12 ダノンバラード AJC杯 1着 前走完勝。この相手なら重賞連勝も。 -
13 ニシノメイゲツ 七夕賞 5着 そこそこの末脚あるが重賞ではさすがに。 - -
8 14 タッチミーノット 中山金杯 1着 前3走を素直に評価。ここなら勝ち負け。
15 ナカヤマナイト オールカマー 1着 今回得意の条件。前2走も内容悪くなく。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第87回中山記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2013年版
第87回中山記念の展望と予想とヨタ話

 直近のGIは天皇賞春だったりしますが...
 どちらかというとその後のGIへの一戦。第87回中山記念。

 というわけで、距離が距離なだけに、天皇賞春へのステップというより 「安田記念・宝塚記念に向けての一戦」と考えた方が良さそうなのがこの中山記念。 ここで始動し、もう一戦使ってから安田記念・宝塚記念へ...というのがお約束のパターン。

 そんなこんなで、今年もマイル〜中距離路線の有力馬がこの中山記念で多数始動...といいたかったが、 ほとんどの馬、もうどこか使っちゃってますな。中山金杯とかAJC杯とか東京新聞杯とか白富士Sとかさ。 ちょっと新鮮味に欠けるのがアレですが、まぁ、これはこれで不確定要素が少ない分、予想しやすいことだし良しとしましょうか。

 で、そんな中山記念の予想。ベタに勝負するならAJC杯勝ちのダノンバラードや中山金杯勝ちのタッチミーノットなのだが... ここはナカヤマナイトで勝負してみましょう。天皇賞秋・有馬記念は着順こそイマイチだったが、それなりの脚を使って差を詰めているのは、 まぁ、評価していいんじゃないでしょうか。相手関係楽になる上に良績ある中山なら休み明けでもいきなり勝ち負けになるんじゃないでしょうか。

<第87回中山記念予想>

◎ナカヤマナイト
○シルポート
▲タッチミーノット
△ダノンバラード
△ダイワファルコン
△アンコイルド

 あと、シルポートの逃げ切りにも注意必要かも。開幕週だし。

結果

1着ナカヤマナイト
2着ダイワファルコン
3着シルポート
4着タッチミーノット
5着トーセンレーヴ

タイム:1分47秒3 3F:37.3秒
ナカヤマナイト 牡5歳
騎手:柴田善臣 厩舎:美浦・二ノ宮厩舎
単勝:15番450円
複勝:15番190円、10番210円、9番390円
枠連:6-8 690円 馬連:10-15 1360円
馬単:15-10 2490円
3連複:9-10-15 6560円
3連単:15-10-9 28270円
ワイド:10-15 530円
    9-15 1370円 9-10 1290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。上々の結果でしたな。
 人気が割れたこともあって配当もなかなかに。

 でもって、中山記念の結果。人気は割れていたが、終わってみれば中山巧者が順当に上位を確保する結果に。 レース自体は、大方の予想通りシルポートの単騎逃げ。そして去年同様自分で速めのペースを作り後続を大きく引き離しての逃げに。 そんなこんなで、マイペースで競馬できたもんだから、このシルポート、なかなか止まりません。直線入った段階では、 去年ほどの差はなく後続もこれを捕らえられそうな感じではあったが...その差はなかなか詰まらず、坂を登り切るまではそのまま押し切るかの勢い。

 ただ、そのまま押し切れるほど甘くはなかったようで。坂を登ったところでさすがに脚色が鈍り、中団から徐々に押し上げてきたナカヤマナイトに交わされ終了。 さらに、離れた2番手から競馬していたダイワファルコンにも捕まりハナ差交わされ3着。

 そんなこんながあったが、勝ったのはナカヤマナイト。今回は有馬記念以来の出走だったが、十分力を出せる状態ではあったようで。 仕掛けるタイミングもピッタリで逃げ込みを計るシルポートをゴール手前で捕らえ2つめのGIIゲット。差はクビ差だったが、まぁ、完勝といっても差し支えない内容だったんじゃないでしょうか。

 あと、2着以下の馬もそれなりにはみどころあったんじゃないでしょうか。2着のダイワファルコンは中山巧者っぷりを遺憾なく発揮してこの結果、 3着のシルポートは最終的に差されはしたが、自分の競馬に持ち込めばまだまだやれることを証明したし、4着のタッチミーノットは出走馬中唯一の上がり34秒台を使って突っ込んできていることだしさ。 負けはしたが、これはこれで評価していいでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。